くにさくロゴ
1947/05/31 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 決算委員会 第14号
姉妹サイト
 
1947/05/31 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 決算委員会 第14号

#1
第002回国会 決算委員会 第14号
昭和二十三年五月三十一日(月曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
 承諾を求める件(内閣送付)
○昭和二十一年度第一予備金支出総計
 算書
○昭和二十一年度特別会計第一予備金
 支出総計算書
○昭和二十一年度特別会計予備費支出
 総計算書
○昭和二十一年度経済安定費支出総調
 書
○昭和二十二年度予備費使用総調書
○昭和二十二年度特別会計予備費使用
 総調書
○決算の審査方針に関する件
  ―――――――――――――
   午後一時五十九分開会
#2
○委員長(下條康麿君) 只今から決算委員会を開きます。先ず最初に昭和二十一年度第一予備金支出、同特別会計第一予備金支出、昭和二十一年度特別会計予備費支出、同年度の経済安定費支出、昭和二十二年度予備費使用、同特別会計の予備費使用の事後承諾を求むる件、予備審査に掛かつておりますが、それを議題にいたしまして、政府の御説明を願いたいと思います。
#3
○政府委員(福田赳夫君) 只今議題となりました昭和二十一年度第一予備金支出の件外事後承諾を求むる件五件について、御説明をいたします。
 昭和二十一年度一般会計第一予備金の予算額は二億円でありまして、昭和二十一年勅令第四百四十号、即ち昭和二十一年度第一予備金及び経済安定費を以て補充することのできる費途に関する勅令の第一條の規定によりまして、右の第一号予備金を以て予算の不足を補充いたしました金額は、一億七千八百七十余万円であります。その補充いたしました主な費途は、刑政收容費、裁判及び登記諸費、傳染病予防檢疫諸費、徴用船員扶助費、國立癩療養所患者費、臨時定員外職員補給填金、臨時家族手当、血清類及び痘苗調製配送費等であります。
 次に、昭和二十一年度において、特別会計の第一予備金を以て予算の不足を補充いたしましたのは、印刷局、専賣局、大藏省預金部、原生保險、食糧管理、薪炭需給調節、農業家畜再保險及び漁船再保險の八特別会計であります。
 次に、昭和二十一年度において特別会計の予備費を支出いたしましたのは、帝國鉄道特別会計であります。
 次に、昭和二十一年度経済安定費の予算額は六十五億四千万円でありまして、右の中昭和二十一年勅令第四百四十号第二條の規定によりまして、支出いたしました金額は、経済安定に関する予算の不足を補つたものが五十八億九千九百十余万円、予算外に生じた経済安定に関する費用に充てたものが六億二千四十余万円、合計六十五億千九百六十余万円であります。その支弁いたしました事項は、河川、道路、港湾その他に関する土木事業費及び同補助、農業土木費及び同補助、営繕継続事業費、森林事業費及び同補助、戰災その他の災害復旧及び復興事業費並びに同補助、就業促進施設費補助及び臨時物資需給調整費であります。
 次に、昭和二十二年度一般会計予備費の予算額は二十億円でありまして、財政法第三十五條の規定によりまして、昭和二十二年五月十六日から同二十二年十二月二十六日までの間において、十五億四千九百十余万円を使用いたしました。その使用いたしました主な事項は、地方経済安定局設置に必要な経費、経済監視官設置に必要な経費、新制教育研究費國庫補助に必要な経費、臨時農業実態調査に必要な経費、本邦炭田開発調査に必要な経費、船舶運営会補助に必要な経費、協栄生命保險株式会社に対する損失金補償に必要な経費等であります。
 次に、昭和二十二年度において予備費を使用いたしました特別会計は、造幣局、専賣局、國有鉄道事業、通信事業及び労働者災害補償保險の五特別会計でありまして、その使用いたしました主な事項は、葉煙草購入に必要な経費、建設改良に必要な経費、保險金支拂に必要な経費等であります。
 以上を以ちまして、昭和二十一年度第一予備金支出の件外事後承諾を求むる件五件の説明といたします。何卒御審議の上、御承認下さることをお願いいたします。
#4
○委員長(下條康麿君) ご質問がありますれば、この際どうぞ願いたいと思います。……別に御質問もないようでありまするから、この内容はいずれあとで又詳細御審議を煩わしたいと思います。
 先に説明が済んでおります昭和二十一年度の決算につきまして、内容に入つて御審議を願いたいと思います。それでは昭和二十一年度決算につきまして、具体的審議を始めたいと思います。お諮りいたしたいと思うのでありまするが、從來決算は分科に分けて審議をいたしておりまするが、第一回國会においていたしました経驗に徴しまして、時間も今日ありませんし、別に分科に付託しないで、この総会において審議をいたしたらどうかと思つておりますが、如何でございましようか、別に御意見もなければ、さように取計らいたいと思います。
 それでは各省別に先ず内務省と大藏省の審議に入る筈でありますけれども、政府の御都合があるようでありまするから、次回にいたしまして、次回は内務省、大藏省を審議することにいたします。本日はこれにて散会いたします。
   午後二時九分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     下條 康麿君
   理事
           西山 龜七君
           山下 義信君
   委員
           岩崎正三郎君
           吉川末次郎君
           北村 一男君
           平野善治郎君
           深川タマヱ君
           小野  哲君
           鈴木 憲一君
           伊達源一郎君
           千田  正君
           西田 天香君
  政府委員
   大藏事務官
   (主計局長)  福田 赳夫君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト