くにさくロゴ
1947/05/05 第2回国会 参議院 参議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第32号
姉妹サイト
 
1947/05/05 第2回国会 参議院

参議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第32号

#1
第002回国会 議院運営委員会 第32号
昭和二十三年五月五日(水曜日)
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○國会の会期に関する件
  ―――――――――――――
   午前十一時二分開会
#2
○委員長(木内四郎君) 只今より会議を開きます。末期國会の会期の問題についてお諮りいたしたいと思います。本日議院運営委員と、常任委員長の懇談会の席上におきまして、政府当局から、法案の提出状況、法案及び予算の提出見込等について説明がありまして、各種委員長ともいろいろ懇談したのでありますが、尚これに関連しまして、政府の方から会期を又延長して貰いたいという申出が議長に対してありましたのでありますが、その点について、今後如何にすべきか、皆さんの御意見を伺いたいと思います。
#3
○左藤義詮君 先程も懇談会で、政府としては昨日になりまして、もう会期が僅か二日に迫つて延長の希望を申出でた。而もこの前のこの運営委員会では、本予算は十五日までに、それに伴う法律は十日までに出すように、はつきり言明ひながら、それが又ずるずると延びそうなことになつておる。私は國会の会期が、百五十日と決められている建前から申しましても、一應ここで打切つて、そうして政府が準備を整えて、第三回の國会を召集し、審議するのが最も能率的だと思うのであります。只今官房長官の話を聞きましても、成るべくは二十日までには出したいけれども、併し渉外関係でどうなるか分らんと、責任がある答弁をなさらないのでありますが、七日までに本予算が出ておりますならば、これは延長して、これを審議することもありましようけれども、本予算の見込みが立つていない。それずるずると又延ばして、出席が悪いとかいうお叱りを受けたり、不体裁ないことをいたしませんように、この際は、はつきり筋を通して、明後日で打切つて、六月分暫定予算を若し出すならば、三月の末に召集するような、本予算の準備ができたら、その見通しをつけて、政府が國会に召集の要求をされるということが、私は当然だと思うのであります。この際、一應國会法の規定通り、百五十日に打切られることを私は主張いたします。
#4
○門屋盛一君 私も、形の上に現われておる、政府の提出議案の遅れておるということは認める者でありますけれども、それには、いろいろの事情り、前回以来、総理大臣その他官房長官あたりの説明で、十分了承できると思うのであります。ただこの國会に、予算案だけの審議でなく、政府の提出議案も遅れておりますが、現在すでに、この國会に付託されておるところの、例えば請願書の問題にしましても、これは相当に民意を尊重して、國会自身が十分に審議して、採択か否かを決めなければならんものが、まだこの第二國会としては、相当数残されておる。そういう点を考えますと、この第二國会を打切りにせずに、やはり延長をしまして、國民の輿望に答えまして審議して行くものが、各委員会とも相当あると思います。私はやはり会期を延長しまして、政府法案の出ます間に、國会として、それらのものを十分に審議を進めますと同時に、現在付託になつしおりますところの、政治資金の規正法とか、いろいろやらなければならん法案が大分あると思うのでありますが、会期延長をした方がよろしい、殊に六二院制度でやつておりますところの衆議院が、すでに会期延長に決まつたらしいのでございますから、いろいろの議論もありましようがこの際同調しまして、衆議院と同じ期日まで延長することを主張いたします。
#5
○委員長(木内四郎君) ちよつと速記を止めて下さい。
   午前十一時六分速記中止
   ―――――・―――――
   午前十一時三十一分速記開始
#6
○委員長(木内四郎君) それでは速記を始めて。それでは会期延長の問題につきましては、更に各会派において諸般の情勢を慎重に考慮されて態度を御状決定の上、改めて決定いたしたいと思います。
#7
○竹下豐次君 緑風会といたしましては、今日の空氣を帰りまして又緑風会に傳えまして、更に皆の意見を聞いて見たいと思つております。
#8
○委員長(木内四郎君) それでは本日はこの程度において散会いたします。
   午前十一時三十二分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     木内 四郎君
   理事
           藤井 新一君
           河井 彌八君
           竹下 豐次君
   委員
           天田 勝正君
           松本治一郎君
           黒川 武雄君
           左藤 義詮君
           平沼彌太郎君
           門屋 盛一君
           堀越 儀郎君
           板野 勝次君
           佐々木良作君
  委員外議員
   商業委員長   一松 政二君
  衆議院議員
   議院運営委員長 淺沼稻次郎君
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト