くにさくロゴ
1953/04/17 第19回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第019回国会 議院運営委員会 第47号
姉妹サイト
 
1953/04/17 第19回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第019回国会 議院運営委員会 第47号

#1
第019回国会 議院運営委員会 第47号
昭和二十九年四月十七日(土曜日)
    午後零時十四分開議
 出席委員
   委員長 菅家 喜六君
   理事 荒舩清十郎君 理事 今村 忠助君
   理事 坪川 信三君 理事 椎熊 三郎君
   理事 土井 直作君
      江藤 夏雄君    鍛冶 良作君
      助川 良平君    田渕 光一君
      山中 貞則君    山本 友一君
      小泉 純也君    園田  直君
      長谷川四郎君    青野 武一君
      山本 幸一君    池田 禎治君
      松井 政吉君    中村 英男君
 出席国務大臣
        法 務 大 臣 犬養  健君
 出席政府委員
        法務政務次官  三浦寅之助君
        検     事
        (刑事局長)  井本 台吉君
 委員外の出席者
        副  議  長 原   彪君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
四月十六日
 委員青野武一君辞任につき、その補欠として神
 近市子君が議長の指名で委員に選任された。
同 日
 委員神近市子君辞任につき、その補欠として青
 野武一君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
四月十六日
 議員荒木萬壽夫君の逮捕について許諾を求める
 の件
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 議員荒木萬壽夫君の逮捕について許諾を求める
 の件
 回付案の取扱いの件
 決議案の取扱いの件
 本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○菅家委員長 これより委員会を開会いたします。
 議員荒木萬壽夫君逮捕について許諾を求めて参つております。本日議長より本委員会にこの案件が付託されました。ただいま法務大臣並びに井本刑事局長を招集いたしております。
 まず回付案の取扱いをお諮りいたします。事務総長より一応御説明いたします。
#3
○大池事務総長 回付案は二件参議院から参つております。一件は清掃法案に対する修正であります。清掃法案の中に、市町村及び市町村長が云々と書いてありますが、特別区の存しておる区域では都が市町村にあたり、市町村長が知事にあたるかどうかということは法律的に疑問があるので、それをはつきり、特別区においては市町村というところを都とし、市町村長というところを都知事というふうに加えております。第六条並びに第七条にそれを加えてはつきりさせたいという点であります。なお、汚物を処理する処分命令を受けた者に異議の申立ての機会を与えたというのが、第七条と第八条の修正であります。あとは、その異議の申立て期間経過後、命令違反の起つた場合に、その異議申立ての期間はそれに入りませんが、その期間後に計算をするというのが、第二十三条の修正であります。すなわち清掃法案の修正の中心点は、市町村、市町村長というものを都、都知事というものとはつきりそこに区別した点と、異議の申立ての機会を与えた点が修正のおもな点になります。
 それから、あへん法案に対する修正が参りました。これは施行期日が四月一日になつておりますので、それを五月一日に改めたことであります。あと字句の修正をして来ただけでございます。
#4
○菅家委員長 各党の態度はすでにおきまりだと思いますが、自由党はいかがですか。
#5
○今村委員 参議院修正に異議ありません。
#6
○椎熊委員 私の方ものみます。
#7
○山本(幸)委員 私の方も異議ありません。
#8
○土井委員 私の方も異議ありません。
#9
○菅家委員長 それでは両法案に対しては、参議院回付案に同調するということに決定いたします。
    ―――――――――――――
#10
○菅家委員長 次に、決議案の取扱いでありますが、決議案は二件出ております。これは本日のところは留保して、次の委員会において審議したいと思います。すなわち綱紀粛正に関する決議案と、国際映画大会でグラン・プリ受賞者表彰に関する決議案、この二つの決議案は、次会の委員会で取扱いを御協議願うことにいたします。
    ―――――――――――――
#11
○菅家委員長 法務大臣がお見えになりました。昨十六日内閣より要求のあつた議員荒木萬壽夫君逮捕について許諾を求めるの件が本委員会に付託されております。その御報告を申し上げると同時に、本件を議題にいたします。
 本件は議員の身上に関することでありますので、従前の例の通り秘密会とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○菅家委員長 御異議なしと認めます。よつて秘密会といたします。議員及び委員会の事務に当る職員以外の方は御退席を願います。
     ――――◇―――――
    〔午後零時二十分秘密会に入る〕
    〔午後零時四十九分秘密会を終る〕
     ――――◇―――――
#13
○菅家委員長 それでは秘密会を終りまして、公開いたします。
#14
○園田委員 ただいま配付になりました可燃性織物法に関する決議案でございますが、これは通産委員会で話が出まして、社会党右派の方に御異見がございました。そこで私の方から国会対策委員長に申し入れまして、すでに御承諾を得ました。これはアメリカの国会に対する影響等もございますから、本日の会議に上程するようお願いをいたします。
#15
○菅家委員長 ただいま園田君より、可燃性織物法に関する決議案を本日上程するようにという御意見がございましたが、これを本日上程するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○菅家委員長 各党一致で御異議がないようでありますから、本日これを上程することに決定いたします。
    ―――――――――――――
#17
○菅家委員長 次に、本日の議事日程について事務総長より一応御説明申し上げます。
#18
○大池事務総長 それでは本日の議事日程について御協議願いたいと思います。ただいま御決定になりました決議案は、各派一致の決議案のようでございますから、一番最初にお上げ願つた方がいいかと考えております。従いまして、決議案の趣旨弁明並びに討論がございますれば、その点は後刻御申出を願いたいと思います。
 次に、先ほど申し上げました回付案二件を上程願いたいと思います。これも各派御異存がないようでございますから、議長発議で参議院の修正に同意をすることに御決定を願つて、次に日程に入つていただきます。
 日程第一は、建設委員長久野忠治君が御報告になりまして、これには右派が反対のようでございます。従いまして起立採決にお願いいたします。
 日程第二は、運輸委員長關内正一君が御説明になりまして、これは全会一致でございます。
 日程第三は、農林委員長井出一太郎君が御説明になりまして、これまた全会一致でございます。
 なお、農林委員会から保安林整備臨時措置法案がすでに上つて参りましたので、これの緊急上程をお願いいたしたいと思います。これにつきましては、日程第三と一括して緊急上程を願いまして、あわせて御説明を願い、御決定をお願いしたいと思います。
#19
○園田委員 ただいま申し上げました劈頭に上程いたします決議案の趣旨弁明並びに討論でございますが、これは各派一致の問題ですけれども、いろいろないきさつがございまして、すでに御承知のごとく、社会党左派及びわが党から緊急質問が出た関係等もありますので、特例ではございますが、趣旨弁明をわが党が各党各派を代表していたし、左派から賛成討論をやりたいという強い要求がございます。この要求通りにぜひやれるようにごしんしやくをお願いいたします。
#20
○菅家委員長 改進党の趣旨弁明はどなたですか。
#21
○園田委員 五十嵐吉藏君です。
#22
○山本(幸)委員 私の方がやらしていただければ、齋木重一君です。
#23
○土井委員 やることになれば、各党やるわけですね。
#24
○菅家委員長 今まで満場一致の決議案は、各党でやらないということになつておりまして、一人が各党を代表してやることはないのです。各党一致の場合は趣旨弁明だけです。
#25
○長谷川(四)委員 齋木さんのは、一応緊急質問が一番最初に出ておつたから……。
#26
○山本(幸)委員 改進党が了解してくれたので三…。
#27
○山中(貞)委員 これは趣旨弁明だけ一人にまとめるということにお話を願いたい。
#28
○土井委員 やるとなれば、各党がやるわけですね。
#29
○菅家委員長 それは各党がやるということになると思います。しかし今までの例では、各党で賛成討論をしたことはないわけです。もし各党でやるということにすれば、時間のことは制限して、その点場内で交渉したいと思います。
#30
○土井委員 それでは各党がやるということならば、場内で交渉してやらせるようにしてもらいたい。
#31
○菅家委員長 各党がやるということにきめて、なお場内で交渉することにいたします。
#32
○土井委員 時間は十分ですね。
#33
○菅家委員長 十分です。趣旨弁明はどのくらいですか。
#34
○長谷川(四)委員 私の方は十五分くらいです。
#35
○土井委員 趣旨弁明は制限しない方がいい。
#36
○菅家委員長 念のために予定を伺つたわけです。
 それでは、本会議は午後一時半から開会いたしたいと思います。
 次会は、来週火曜日の定例日に開くことにいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後零時五十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト