くにさくロゴ
1953/12/08 第18回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第018回国会 議院運営委員会 第6号
姉妹サイト
 
1953/12/08 第18回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第018回国会 議院運営委員会 第6号

#1
第018回国会 議院運営委員会 第6号
昭和二十八年十二月八日(火曜日)
    午後零時八分開議
 出席委員
   委員長 菅家 喜六君
   理事 荒舩清十郎君 理事 坪川 信三君
   理事 渡邊 良夫君 理事 椎熊 三郎君
   理事 正木  清君 理事 土井 直作君
      生田 宏一君    江藤 夏雄君
      助川 良平君    田渕 光一君
      三和 精一君    山中 貞則君
      山本 友一君    園田  直君
      淡谷 悠藏君    井手 以誠君
      島上善五郎君    山本 幸一君
      池田 禎治君    中村 英男君
 委員外の出席者
        副  議  長 原   彪君
        議     員 山下 榮一君
        事 務 総 長 大池  真君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 閉会中審査に関する件
 本会議の議事の件
    ―――――――――――――
#2
○菅家委員長 それではこれから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、閉会中審査の件について御協議願います。
#3
○大池事務総長 閉会中審査の件は、今各委員会でどういうものを継続審査にしようかということを御研究のようであります。従つて、それが出ましたら、本日の本会議で開会中の継続審査の議案を御決定願いたい。閉会中と申しましても、明日一日のことでございますので、一般の国政調査については、おそらく各委員会では継続審査はなかろうと思います。ただ手持ちの法律案等がある委員会がございますので、これについては継続審査にしないと不成立ということで、再提出の関係等が出て来るだろうと思います。たくさんはないと考えておりますが、決定次第各委員会から出ました分については、御了承願いたいと考えております。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ―――――――――――――
#4
○菅家委員長 次に、本日の議事について事務総長より御説明申し上げます。
#5
○大池事務総長 本日の議事は、昨日緊急上程の予定でありましたものが延びておりました裁判官の報酬等に関する法律の一部改正と、検察官の俸給等に関する法律の一部改正で、法務委員会では全会一致で修正して上つた議案でございます。これは法務委員長が報告いたすことになつております。
#6
○園田委員 これは改進党は反対です。
#7
○大池事務総長 御欠席のようでありまして、あとから御反対ということで……。
#8
○池田(禎)委員 反対討論をやりますか。
#9
○園田委員 やりません。
#10
○大池事務総長 従つて、これは起立採決であります。日程の三、四、五は決算委員長が報告されます。これは別に各派とも御異議なく了承されておる案であります。
 なお、本日上つて来る予定のものに、地方行政委員会の町村合併促進法の一部を改正する法律案、参議院提出、それから大蔵委員会の租税特別措置法の一部を改正する法律案、参議院提出、この二案が上るだろうということでありますから、もし上りますれば緊急上程をお願いいたします。
#11
○菅家委員長 御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○菅家委員長 では、さよう決定いたします。
#13
○大池事務総長 いま一つ、昨日御決定願いました議員の秘書の俸給の問題につきましては、当院で御決定順いまして参議院と打合せいたしましたところ、参議院もこれでよろしいということで、法律案は緊急上程を願いました。それに関連しまして、国会職員の給与等に関する規程の改正でございますが、この規程の改正は、本会議の議題になりませんで、両院の連合審査会において御決定を願つて、両院議長で御決定になるものでありまして、両院の合同審査会の手続はいつも省略いたしまして、こちらの申入れを向うで了承してくれれば、それでよろしいということになつております。そこで昨日御報告申し上げました常任委員会の専門員の俸給でございますが、専門員の俸給は、ただいまは六万四千円になつておりますものが、こちらで原案をつくりましたのは六万八千円として、四千円のベース・アップをいたしたわけであります。なぜ四千円のベース・アップをしたかということにつきましては、給料の新旧対照表によりまして政府職員で六万四千円の方は六万八千円になりますので、そのままの形をとつたのであります。その予算措置は、先日の補肥予算についております。従つて、一般政府職員並のべス・アップをいたしてお願いをいたしたらどうかということで、仮決定を願いまして参議院の方へ出し出たところ、参議院では、議長、副議長等の秘書などについては下級者であるからよろしいが、専門員は現在のところ上げる必要はない、六万四千円を上げることに反対であるという回答であります。つきましては、向うのそういう考え方に対しまして当院はどうされますか、それを御決定を願いませんと、この規程の改正ができませんので、お願いをいたしたいと思います。
#14
○椎熊委員 関連して聞いておきますが、事務当局の方は、事務総長以下どうなつておりますか。
#15
○大池事務総長 事務当局の方は、先日も申し上げました通り、一般の職員は、政府職員並に一月一日から上ることになつておりますが、法制局長、事務総長というのは特別職で、この切りかえ表にも載つていない程度の俸給でありますので、現行のままであります。
#16
○椎熊委員 法制局長は、議長の下に事務総長と並ぶような形で考えられておつた。それには別の意見はあつたけれども、そういうふうに現在はなつておると思う。現在事務総長と法制局長との旅給の開きはよほどありますか。
#17
○大池事務総長 現在法制局長が七万八千円、事務総長が八万二千円で、四千円の開きがあります。
#18
○椎熊委員 事務次長と法制局長はどういうふうになつておりますか。
#19
○大池事務総長 事務次長は十五級職になつておりまして、現在十五級の二号俸になつております。従つて事務次長は、今今度上りまして、六万九百円ということになります。従いまして今のところばけつこうでございますが、将来十五級職の方は、何年かたてば一号上るという内規がありますので、一定の時期後に三号俸に上ります場合は、俸給の面では六万六千三百円ということになりまして、その他の法律による手当等がつきます関係で、場合によつては法制局長をオーバーするという面が出て来るのではないかと考えております。従つてその際、それを上げるわけに行かないというので押える、いわゆる頭打ちのような結果になるのか、あるいは法制局長の俸給等を上げていただかねばならぬという面に到達することがあり得ると考えます。
#20
○椎熊委員 事務次長は、当然そういう規定があれば上げて行つたらいいど思う。同時に、法制局長がそれ以下になることも不均衡だと思う。身分土、上の人だつたから……。そこを何とか調整をとつて上げて行く方法はありませんか。
#21
○大池事務総長 それはどうしても、ただいまの俸給を上げていただく以外はありません。現在のものを上げていただかなければ、どうしても頭打ちになります。ただ、ただいま御報告申し上げました裁判官の報酬、検察官の俸給等もずいぶん上ることでありまして従来の俸給のつり合いから見れば、ずつと従来のものの上に行くことになります。これはもちろん特別職でありますから、特にその関係で上つたと思いますが、今の東京高等検察庁の検事長などは、衆議院の法制局長あるいは、内閣の法制局長官と同クラスでしたが、それが今度三千円上りますので、それを追い越して七万八千円が八万一千円になります。
#22
○椎熊委員 それでは議員より上ですね。
#23
○大池事務総長 もちろん議員より上になります。これは一般職でないから、国会法の三十五条による一般官吏でない、特別職だということで、その上に載つておるわけであります。
#24
○菅家委員長 それでは本日の議事日程は、今事務総長御説明の通りでございますが、一応これらが議了いたしましたとき、本日は最終日でございますので、一旦休憩して……。
#25
○大池事務総長 ただいまの専門員の件を御決定願つておきたいと思います。参議院では上げる必要なしというのですが、どうしても上げたいという御意向であるならば、もう一度参議院側と、理事会等で合同審査をしていただかなければなりません。
#26
○土井委員 参議院の方で上げるわけに行かぬと言つて来たら、こちらで承認すればいい。
#27
○山本(幸)委員 土井さんの発言の通りでけつこうです。
#28
○菅家委員長 専門員の件は、参議院の意見をこちらで認めることに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○菅家委員長 それでは、さよう決定いたします。
#30
○田渕委員 日程の一、二の裁判官の報酬に関する法律の一部改正と、検察官の俸給等に関する法律の一部改正は、昨日緊急上程してくれというのを、疑義があるのでとめておいたのですが、これは三千円上げると国会議員より多くなる。そこで、国会法の三十五条との関係はどうなるか、ひとつ承つておきたい。われわれは国会法の三十五条を堅持して行くのか、それとも、こういうふうに高等検察庁の検事、高等裁判所の裁判長というものが議員より以上の俸給をとることを認めていいか。司法は独立しておりますけれども、国会法の三十五条との関連をどうするか。
#31
○菅家委員長 向うの建前は、一般職でないから三十五条とは抵触しないという解釈をとつて、委員会では、それで修正したようであります。
#32
○田渕委員 国会法の三十五条は、すべてのということになつておると思う。裁判官、検察官といえども官吏に間違いはない。
#33
○菅家委員長 特別職になつておるからというのだが、そこのところに多少の疑問はあります。ちよつと速記をとめてください。
    〔速記中止〕
#34
○菅家委員長 それでは速記を始めてください。大体本日の協議事項はこれで終りました。本会議は一時半に開会いたします。なお、本日で臨時国会は終りまして、明後十日は通常国会の召集日ですから、形式的ではあるが、理事会、運営委員会を開かなければなりません。
#35
○大池事務総長 もう一つ、専門員の俸給が六万四千円にすえ置きになりますので、附則の方で少しばかり字句が入ります。それだけ御了承願つておきます。
#36
○菅家委員長 それでは十日は午前十時理事会、十一時に議運を開きます。本日はこれで散会いたします。
    午後零時四十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト