くにさくロゴ
1953/07/20 第16回国会 参議院 参議院会議録情報 第016回国会 図書館運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1953/07/20 第16回国会 参議院

参議院会議録情報 第016回国会 図書館運営委員会 第5号

#1
第016回国会 図書館運営委員会 第5号
昭和二十八年七月二十日(月曜日)
   午後二時二十分開会
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     高橋 道男君
   理事
           岡田 信次君
           野本 品吉君
   委員
           藤野 繁雄君
           安部キミ子君
           八木 秀次君
  国立国会図書館側
   館     長 金森徳次郎君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○国立国会図書館建築協議会規程案
  ―――――――――――――
#2
○委員長(高橋道男君) 只今から図書館運営委員会を開きます。
 本日は国立国会図書館建築協議会規程案を土堤いたし、これを議題といたします。先づ図書館長から御説明をお願いいたします。
#3
○国立国会図書館長(金森徳次郎君) 只今お手許にお廻ししてある書類について御説明を申上げます。
 国立国会図書館の建築も漸次その緒につきまして、予算が確定いたしますればだんだんと実行の段階に移ることができようと思つております。ところで国会図書館を新営いたしますることは非常なあちらこちらに影響するものでありまして、実行の上におきましては両院の事務局とも、事務的に申しますれば両院の事務局と或いは国内の建築に関係を持つておる部局、それから日本における建築の専門家という面或いは財務関係のところにも関係がございまするし、それから又この議会の図書館であるという意味から、両議院図書館運営委員会とも深い関係を持つておりますので、これらの委員会の人々と図書館の若干の人々が会議を開きまして実質上図書館を作ります上に必要な事項を協議いたしましていろいろな意見を取入れつつなだらかに進めて行きたいと思つております。そこで国立国会図書館の新営に関しましてそれらの事項を協議いたしまするために、図書館に国立国会図書館建築協議会を設けるという案を立てまして、この規程案の御承認を仰ごうとするのであります。
 その組織といたしましては、第二条に書いてありまするように会長と委員二十人以内で組織するということにいたしました。第三条にありまするように会長は図書館長がこれに当る。第四条におきまして、委員は次に掲ぐる者について或いは委嘱し、或いは命じ得ることになつておりまするが、この委員たるべき者の組立は、ここに一から五までの部分に書いてある通りでございます。そのうちの三のところにありまする「関係国家機関」という言葉は、主として国会の事務局の職員と建設省の職員、若しできるならば大蔵省の職員ということを考えております。「学識経験ある者」というのは、図書館のことについての学識経験ある人々、かような建築についての学識経験ある人を包含するつもりであります。それから第五条に、この協議会に専門委員を置くことができるという規定が設けてございまするが、これは一般の建築とはやや違つて専門的な部面、例えば空気の問題、温度の問題、電気の問題とかいうような専門の事項について必要があるときにこの規定を活用しようという趣旨でございます。それから六条以下幹事の規定がございまするが、大体かような方法によりまして、各方面の理解と協力に訴えましてその事項を円満に進めたいという考えからこの案を作つたわけでございまするが、何とぞ御審議をお願いいたしたいと思います。
#4
○委員長(高橋道男君) 只今の図書館長の御説明に対しまして御質問のある方、或いは御意見のある方は御発言を願います。
#5
○藤野繁雄君 これについて予算は何か計画しておられますか。
#6
○国立国会図書館長(金森徳次郎君) これは今回国会の御承認を求めておりまする建築費、表面的にはこの前一億をお願いいたしましてそれが諸般の事情によつて削減せられておりまするけれどもそこの中からこの経費若干を支弁しようという考えでございます。これは大体職務を、国の公職を持つておられる方々が主なのでありまするから、そうして経費を必要とすることはなく、ほんの僅かの事務的な費用にとどまるものと考えております。
#7
○岡田信次君 第四条の第四号の学識経験ある者の委員と、第五条のこの専門委員、学識経験ある者の専門委員との関係はどうなんですか。
#8
○国立国会図書館長(金森徳次郎君) 第四条のほうの委員は、委員会全体についての委員の規定でありまするために、一般的な事項を議することを目的としております。従つて四号のところでお出になる方は、もとより今後の問題ではありまするけれども、日本の図書館一般の中におきまして、特に図書館事務に精通しておる人とか或いは建築家の中で図書館の一般的に建築を専門にし得るような方を考えておりまするので、この第五条の専門委員とは考え方が違うのであります。第五条の専門委員は、先ず技術的な面に主眼点を置いておりまして、図書館がこれから建築されて行きまするときには各種の専門的な技術、例えば空気の問題、熱の問題或いは光の問題とか音響のような問題とか、これらのことにつきましての専門技術家を特に予想しておりまして、その局部的なことだけを特殊な委員が御研究下さると、こういう考えでございます。
#9
○岡田信次君 そういたしますと、この第四条の四号の学識経験ある者の委員というのは何人ぐらいをお考えになつておりますか。
#10
○国立国会図書館長(金森徳次郎君) 全体でこう考えておりまして委員二十人以内と、こういうふうにしておりまするが、そういう中で何か特別な公務を持つておる人、こういう人を除いて行きましてあとに学識経験の委員として予想しておりまするのは、大体今のところ六人を技術的な方として予想しております。それから技術を離れまして、一般の図書館事務という見地から一人を予想しております。こういう七人を予想しておりまするが、これは予想だけで相手方のいろいろのこともございましようから、そうはつきりしていないわけでございます。
#11
○岡田信次君 これはその図書館の建築の協議会なんでございますから、従つてこの第四条の四号に選ばれる学識経験者も図書館の建築に関しての学識経験者だと考えるのが妥当だと思いますがこの数は六人くらいだとそういたしますと、この五条の専門委員とダブるような気がいたしますが、如何でございましようか。
#12
○国立国会図書館長(金森徳次郎君) この技術的なことになりますと、私どもそうはつきりしたことは申上げかねますが、この今の一般的な専門家として考えまするのは、そう特殊な電気とかエア・コンディシヨンとかいうことの局部的なことに精通せられるとは限らないではないかという気がしております。だからこちらのほうで一般的な委員をきめまして、若しどうしても特殊な問題が起つて専門家でなければ困るというようなときにそいう方を、そういうことの専門家をお願いしよう、こういうのでありますから、事実は重なることはさまでないと思つておりまするし、若し本当に重なることがありますれば、わざわざ専門委員を作らなくてもいいと、こういうことになろうと思います。
#13
○委員長(高橋道男君) 他に御質問がございませんか。御質問がなければ採決に入りたいと思いまするが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(高橋道男君) では国立国会図書館建築協議会規程案につきまして承認を与えることに御賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#15
○委員長(高橋道男君) 全員の挙手でございます。よつて本委員会は全会一致を以て国立国会図書館建築協議会規程案に承認を与えることに決しました。
 それでは本日の委員会はこれを以て散会いたします。
   午後二時三十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト