くにさくロゴ
1953/06/29 第16回国会 参議院 参議院会議録情報 第016回国会 水産委員会 第8号
姉妹サイト
 
1953/06/29 第16回国会 参議院

参議院会議録情報 第016回国会 水産委員会 第8号

#1
第016回国会 水産委員会 第8号
昭和二十八年六月二十九日(月曜日)
   午後一時四十九分開会
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     森崎  隆君
   理事
           秋山俊一郎君
           千田  正君
   委員
           青山 正一君
           野田 俊作君
  国務大臣
   農 林 大 臣 保利  茂君
  政府委員
   水産庁長官   清井  正君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       岡  尊信君
   常任委員会専門
   員       林  達磨君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○以西機船底びき網漁業及び遠洋かつ
 お・まぐろ漁業の許可等についての
 漁業法の臨時特例に関する法律案
 (内閣送付)
○参考人の出頭に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(森崎隆君) それでは只今から委員会を開会いたします。
 議題の第一は、以西機船底びき網漁業及び遠洋かつお・まぐろ漁業の許可等についての漁業法の臨時特例に関する法律案、予備審査でございます。丁度保利農林大臣がおられますので、提案理由の御説明を願いたいと思います。御発言をお願いいたします。
#3
○国務大臣(保利茂君) 先般私が突然農林大臣の職務を引受けまして、微力を捧げております我が国水産業の現状からいたしまして、水産行政に対しましては、当委員会各位の権威ある御意見等にお力を頂きまして、万全を期して参りたい所存でございますから、何とぞよろしくお願いを申上げる次第であります。
 只今議題となりました以西機船底びき網漁業及び遠洋かつお・まぐろ漁業の許可等についての漁業法の臨時特例に関する法律案につきまして、提案理由の概略を御説明をいたしたいと存じます。
 以西機船底曳網漁業及び遠洋「かつお」「まぐろ」漁業につきましては、講和成立後の漁場の拡大に応じまして資源の開発に努めなければならないのは勿論でありますが、他方、資源の保護並びに国際的な関連をも十分に考慮いたしますことが必要であり、又沿岸漁業と漁場関係を調整し、遠洋漁船としての装備の改善、近代化、適正船型への大型化を図り、以て漁業の合理化、経営の安定を促進いたしますことが、これらの漁業の健全な発展を期するために肝要であろうと存ずるのであります。
 このため、先ず曾て以西底曳網漁船でありまして、マツカーサー・ラインの設定に伴う減船整理の際、東経百三十度以西、東経百二十七度三十分以東の海域に操業を制限せられました総トン数五十トン未満の中型底曳網漁船並びにマ・ラインによる漁場制限があつたため、多数集中しております総トン数七十トン以上百トン未満の中型「かつを」、「まぐろ」漁船のうち、希望するものに対しまして、拡大された漁場に適合した船型への移行を認め、その装備の改善、近代化を図ることが妥当な措置であろうと存ずるのであります。その際、底曳網漁船が五十トン以上となり、又「かつお」、「まぐろ」漁船が百トン以上になりますためには、指定遠洋漁業としての以西機船底曳網漁業又は遠洋「かつお」、「まぐろ」漁業の新規の許可を必要といたしますので、漁業法第五十八条に規定する抽籤の制によらなければならないわけでありますが、これらの漁船につきましては、いずれも優先的に許可を行うことが妥当と考えられますので、臨時に二年間を限りまして、抽籤の制度によらずに許可ができるよう法的措置を講じたいと存ずるのであります。
 以上が本案の提案理由の大要でございますが、何とぞ慎重御審議の上、速かに御可決あらんことをお願いいたします。
#4
○委員長(森崎隆君) 引続きまして、本提案の内容につきましての御説明を清井水産庁長官からお願いいたします。
#5
○政府委員(清井正君) それでは私から只今大臣より御説明申上げました本法案の内容につきまして、いささか御説明を申上げたいと思うのであります。
 初めに以西の底曳網漁業につきましては、沿岸漁業と漁場関係を分離いたしまして、国際的な関連及び漁場資源に立脚いたしました適切な施策が実施できる純粋な海洋漁業として育成することが必要であると存ずるのでありますが、そのためには操業漁船の改善及び近代化を推進いたしまして、本漁業の健全な発展を図る必要があると考えるのであります。このために先ず曾つて以西底曳網漁船でありまして、マツカーサー・ラインの設定に伴う減船整理の際に、東経百三十度以西、東経百二十七度三十分以東のいわゆる中間漁区のみに操業を制限され、中型機船底曳網漁業取締規則による許可に切替えられたもの百八隻のうち、その希望するものにつきましては、その操業区域を東経百二十八度三十分以西に変更することを認めると共に、更に漁場に適合した適正船型への移行を認めることが必要であると考えるのであります。その際総トン数五十トン以上になることは、指定遠洋漁業といたしまして以西底曳網漁業の新規許可となりますために、只今の漁業法第五十八条に規定するところの抽籤の制度によることとなるのでございますが、只今申上げましたような経緯からいたしますと、これらの漁船はいずれも優先的に以西底曳網漁業の許可を与えることが適当であると考えられまするので、特に期間を限りまして、抽籤の制度によらずに新規許可ができるように法的措置を講じたいと考えておるのであります。
 その次に「かつお」、「まぐろ」漁業につきましては、現在までのところ資源的には余裕があり、船型の大型化等によりますところの漁場の開発利用の余地があるのでございますが、その漁場が南部太平洋及びインド洋の一部にまで拡がり、生産物のうち相当量が海外市場に依存するために、その操業が国際的に摩擦を生じないよう、又操業力の急激な増強によつて、需給の不均衡又は経営の混乱、不安定をも生じないように考える必要があり、そのため事情に応じまして順を追うて隻数の増加、大型化を行うことが肝要であると考えるのであります。現在の中型及び遠洋「かつお」、「まぐろ」漁船のトン数別隻数を見ると、総トン数二十トンから三百トンを超える大型船にまで広く及んでいるのでございますが、マツカーサー・ラインによる漁場制限がありましたため、七十トン以上百トン未満までの中型漁船が多数を占めまして、マツカーサー・ライン撤廃後の漁場事情に適合せず、これを合理的に利用し得ない状況にあるのであります。そこでこの七十トン以上百トンまでの間にあるところの中型「かつお」、「まぐろ」漁船のうち、大型化を希望するものが漸次百トンを超える船型に移行する途を開き、その装備の改善、近代化による経営の合理化を図ることが漁場の合理的利用と本漁場の健全な発展のため差当り必要な措置であると考えるのであります。その際船型が百下ン以上になることは、漁業法に基く指定遠洋漁業として、遠洋「かつお」、「まぐろ」漁業の新規許可となりますため、漁業法の第五十八条に規定する抽籤の制度によることとなるのでありますが、特に前に述べましたような措置をとるため、期間を限りまして、抽籤の制度によらず、遠洋「かつお」、「まぐろ」漁業の新規許可ができるように法的措置を講じようとするものであります。以上が本法案の内容でございます。
#6
○委員長(森崎隆君) 本法案につきまして、委員各位から御質疑があろうかと思いまするが、時間の都合もございますので次回にお願い申上げたいと思います。
  ━━━━━━━━━━━━━
#7
○委員長(森崎隆君) この際一つ御報告を申上げたいのは、来月初旬に内灘試射場の問題につきまして、地元から代表者を招致いたしまする件につきましては、青山委員の御意向をお聞きいたしました結果、紫野石川県知事、中山内灘村村長、出島内灘試射場接収反対実行委員長のほかに西田与作氏を加えることにいたします。西田氏は河北潟の漁業協同組合連合会長であり、河北潟干拓委員会の委員長でございます。この御一名を加えることといたします。(「それはいつやる意向ですか」と呼ぶ者あり)予定は七月の三日のつもりで、すでに委員長名を以て招請状を発しております。
  ━━━━━━━━━━━━━
#8
○委員長(森崎隆君) ちよつとお諮りいたします。今日は東京大学教授の森高次郎君が来られておりまして、陳情があるのでございまするが、本会議が開会になりますると委員会のほうは休憩ということになつておりますので、若し開く場合には議長の許可をとるということになつておりますのですが、如何いたしましようか。少し向うが遅れる意味で……。(「五分ぐらい」と呼ぶ者あり)森君の陳情だそうでございますが。(「簡単に趣旨だけ」と呼ぶ者あり)それでは東京大学教授森高次郎君が陳情に来られておりますので、陳情の御趣旨を簡明に一つお願いいたしたいのでございますが、速記をとめて。
   〔速記中止〕
#9
○委員長(森崎隆君) 速記を始めて。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト