くにさくロゴ
1953/06/29 第16回国会 参議院 参議院会議録情報 第016回国会 厚生委員会 第6号
姉妹サイト
 
1953/06/29 第16回国会 参議院

参議院会議録情報 第016回国会 厚生委員会 第6号

#1
第016回国会 厚生委員会 第6号
昭和二十八年六月二十九日(月曜日)
   午後五時開会
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     堂森 芳夫君
   理事
           大谷 瑩潤君
           藤原 道子君
   委員
           榊原  亨君
           西岡 ハル君
           横山 フク君
           林   了君
           有馬 英二君
  政府委員
   厚生省公衆衛生
   局長      山口 正義君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       草間 弘司君
   常任委員会専門
   員       多田 仁己君
  説明員
   厚生省社会局施
   設課長     鶴田  寛君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○社会保障制度に関する調査の件
 (九州地方の水害状況に関する件)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(堂森芳夫君) それでは只今から厚生委員会を開きます。社会保障制度に関する調査を議題といたします。この際厚生省予算の質疑は次回に廻し、九州地方の水害状況について、厚生省当局から説明を聴取したいと思いますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(堂森芳夫君) 御異議ないものと認めます。では厚生省当局から説明を願います。
#4
○説明員(鶴田寛君) 御報告申上げます。実は社会局長が現地へ参つておりますので、私施設課長でございますが、代つて御報告いたします。
 今回の九州西北部を中心にいたしまして豪雨が襲来したのでございますが、先ず主なる川の決潰の状況を申上げますと、筑後川、それから遠賀川、嘉瀬川、矢部川、松浦川、菊池川、大分川、白川、これらの河川が主なるものでございまするが、二十五日、二十六日のこの両日に亘りまして、最も強く降り続けたのでございます。今回のこの降雨はまさに六十五年来の大降雨だということを聞いております。先ほど申上げました河川の決壊のために耕地の浸水が非常に甚大でございまして、現在におきましてもまだ増加の一途を辿つておるのでございます。只今までの判明いたしました状況はお手許にお配りしました資料の通りでございまして、それの数字は省略さして頂きたいと思います。厚生省として先ずとりました対策を申上げますと、先ず災害の報告を受けまして社会局長を直ちに現地に派遣いたしました。それからこれらの情報の蒐集に二十六日以来徹夜を続けまして、関係方面にこれらの情報を配付いたしておるのでございますが、現地におきまするところの情報は福岡県におきましては比較的通信網も確保されておるのでございますが、佐賀、長崎、熊本この三県につきましては通信がなかなか完全に保たれておりませんので、現地の実情の把握に非常に困難を来たしておる次第でございます。それから罹災地におきまして伝染病の発生が憂慮されましたので、取りあえず係官を現地に派遣いたしました。この伝染病に関してあとで公衆衛生局長から詳しい御説明があるはずでございますが、現在のところではまだそう多数の発見者はみてもいないようでございますが、今後非常にこれが殖える虞れがあるということになつておる次第でございます。
 それから私どもが扱つておる仕事は先ず応急救助でありますが、この応急救助の中でも一番現地で困つておることは衣料でございまして、現地でなかなかこれらの調達がうまくいかない、何とか政府においても協力してもらいたいというような連絡がございますので、私どもあらゆる手を尽しまして、この要望に応えたいと思つてやつておりまするが、昨日二十八日も十時半に、或る程度の救援物資を送付いたしたのでございます。それを申上げますと、福岡県に対しましては五千五百人分、それから佐賀県に対しまして千八百人分、熊本県に三千五百人分、それから大分に二千四百人分、長崎に二百人分、合わせまして一万三千四百人分となりますが、差当りこれだけを発送いたしたのでございます。それから日赤に連絡をいたしまして、日赤の本部から救護班を四班派遣いたしました。これは福岡県に二班、佐賀県に一班、熊本県に一班、この四班を派遣いたしたのでございます。なお日赤の本部からケア物資を送つたのでございますが、それは二十七日にベビー・フツド佐賀県に四箱、大分県に十六箱、福岡県に八箱。パンツ……。
#5
○委員長(堂森芳夫君) もう一遍言つて下さい。
#6
○説明員(鶴田寛君) ベビー・フツドを佐賀県に四箱、大分に十六箱、福岡に八箱、それから次はパンツでございますが、佐賀県に百七十枚、大分に六百枚、福岡に二百枚、それから更に二十八日にベビー・フツドを佐賀県に四箱、それからパンツを百枚、熊本に同じ二十八日にベビー・フツドを更に四箱、パンツを百二十枚、以上を日赤の本部から発送いたしたのでございます。それからタイの大使館から米を一トン寄贈いたしたいというような連絡が外務省を通じまして参りましたが、これは日航の協力によりまして、これを無料で九州各県に分配するように発送いたしたのでございます。なおその後の計画といたしましては、今私のほうでいろいろ数字的な算定をやつておりまするが、以前からございましたラ・ラ物資の残品が多少ございましたので、これをこの際全部放出をする。更に舞鶴の援護局にありますところの引揚用の物資を私のほうにもらいまして、これを現地に送る。更に公衆衛生局の所管でありまするところの検疫所に毛布が若干ございまするので、これも私のほうでもらつて現地に送る。なお更にアメリカのケア団体から今回の災害に対してできるだけの協力をいたしたいという連絡がございましたので、実は今日私ども向うのかたといろいろ折衝したのでございますが、数量その他品目なんかを私のほうに知らしてもらいたいというような話がございましたので、これもまだ決定をみないのでございまするが、私のほうの案が決定になります次第、向うに連絡いたしてこれも直ちに現地に発送いたしたいと思つておるのでございます。
 以上が私どものほうで扱つておりまするところの応急救助の対策としてとつたのでございますが、ただ申上げておきたいのは、非常に今度の災害が広範囲に亘つて小さな町村まで被害を受けておりますために、県庁におきましても末端の情報の確保が非常に困難である。従いまして私どものほうでも総体的な数字がつかみにくいという現状でございます。幸いにいたしまして福岡との電話が非常に調子がよろしうございまするので、この点助かつておるという状況でございます。以上私どものほうの関係を御説明申上げました。
#7
○政府委員(山口正義君) 水害地におきます伝染病関係の状況について御報告申上げます。伝染病の発生状況はまだ報告が十分に参つておりませんので、詳細な点は判明いたしませんが、現在までに私どものほうに入つております報告によりますと、福岡県の朝倉郡大福村というところにございます避難所の炊出し場所に赤痢患者が二名発生いたしました。場所の関係上非常に重大でございますので、直ちにその炊出し場所をほかへ変更いたしました。その後発生状況はまだ入電ございません。同じく福岡県の糟屋郡久原村というところに赤痢患者が四名発生いたしております。そのほか今期の新聞にも出てございましたが、三井郡の宮ノ陣の農業倉庫に約二千名の避難民がございまして、その中から約四十名の赤痢疑似患者が発生したという報告が一時ございましたが、その後県の衛生当局が参りまして調査いたしましたところ、それは誤りで赤痢ではないということになりました。只今まで私どものほうに報告の来ております赤痢患者の数は六名でございます。併しまだ未報告のものもあることも考えられます。従いまして私どものほうといたしましては、赤痢を疑うような病状を呈した者は直ちにクロロマイセチンその他の抗生物質を服用させて早く治療するようにというような指示をいたしております。それから防疫用の資材に関しまして、福岡県から晒粉を百トン、熊本県から同じく晒粉を百トン昨日の朝本省に手配を頼むという要望がございました。その後の電話連絡によりまして、これは現地調達ができるということになりました。併し又重ねて要求があるかも知れないということを予想いたしまして、私どものほうで今各方面を手配中でございます。それから一番問題になりまする飲料水の点につきましては、差当り濾水車が福岡県福岡に現在二台ございますので、それが現在活動しております。なお保安隊から十七台借りることになつておりまして、そのうち一部がすでに現地に到着しておるという報告を受けております。そのほかにこういう水害に備えて各府県に小型の濾水機を相当配置してございますので、それを災害罹災地に廻すということを現在手配いたしております。それから伝染病関係のために、防疫関係のために、本省から昨日の朝係官を一人派遣いたしました。更に災害の範囲が広うございますので、本日の午後の飛行機で又もう一人防疫担当官を現地に出張いたさせました。なお福岡県に対しましては、岡山県から五名、佐賀県に対しましては広島県から五名、熊本県に対しましては鹿児島県から防疫職員を応援に出すということを手配をいたして、それぞれの県に指令をしたのでございます。その後福岡県からの連絡でまだ水が十分ひいておりませんので防疫活動が十分できない、従いまして福岡県自体の防疫班も十分に活動できないような状態であるので、岡山県の応援班は暫時岡山で待機しておいてほしいという連絡がございましたので、そのように措置をいたしております。なお水がひきましたあとの井戸の消毒、或いは浸水家屋の消毒、床下の消毒というようなことにつきましても、先般先月の上旬に各府県から防疫の担当官を集めまして、災害地の防疫につきまして改めて講習をし、指示をしてございますので、それに従つて措置をすることと存じます。私どものほうでもそういうふうに指示をいたしたいと存じますが、それに必要な薬剤、資材等について現在準備をいたしております。大体以上のような状況でございます。
#8
○林了君 糟屋郡の四名というのは何という村ですか。
#9
○政府委員(山口正義君) 久原村です。
#10
○林了君 その場合もう一つは朝倉郡の大福村ですか。
#11
○政府委員(山口正義君) 大福村です。
#12
○林了君 ちよつと施設課長に先ほどベビー・フツドとパンツのやはり合計と、各県に幾ら行つておりますか。
#13
○説明員(鶴田寛君) この箱数と枚数の関係でございますか。
#14
○林了君 合計して二回送られたわけですが、それは両方でどのくらい行つておりますか。大体で結構です。
#15
○説明員(鶴田寛君) ベビー・フツドが二十六箱に、それからパンツが千百九十枚。
#16
○林了君 千百九十枚ですか、有難うございました。
#17
○藤原道子君 誠に今回の災害は余りも被害が甚大なのでお互いに心を傷めるばかりでございますが、災害救助法によつていろいろ物資の調達等の状況は現在どのようになされているか、どのくらいなものが用意されていたか、今のような状態では誠に心許ないように聞けるのでございますが、その点についての御用意のほどをお伺いいたしたい。
#18
○説明員(鶴田寛君) お答えいたします。実は応急救助につきましては、御承知のごとく災害救助法で府県知事の責任において調達なり備蓄をいたすということに相成つておるのでございます。併しながら今日の府県の財政難からいたしまして、更に、それと今回のような大災害を予想しないために備蓄が十分に行われていないのが現状でございます。でございまするから、厚生省といたしましては、府県知事がいろいろ調達し、或いは備蓄のものを放出し、それらの経費に対して国が補助金を支出するということが本当の法の建前からの仕事だと存じておるのでございます。併し今回のごとき予測できないような大きな災害がありましたので、そういうな一切のあれを捨てまして、私たちはできるだけの方法を講じてやつておるのでございます。それからちよつと附加えて、先ほど落しましたのですが、申上げたいと思うのであります。今回の災害には保安隊が非常に活動しておりまするのと、駐留軍の全面的な協力をして頂いておるのでございます。御報告申上げたいと思います。
#19
○藤原道子君 それは各県で備蓄云々ということは私も承知しているのですけれども、今度のようなときには、県全体がやられているのですから、そんな理窟だけで行けないと思いますから、それをお伺いしたわけで、それで我々のほうとしては、問題は水がひいたあとの問題ですね。防疫の問題ですね。それから現在の傷病者ですか、怪我したり相当の負傷者が出ているだろろうと思う。これらに対しての手当等は迅速に行われているような状態でございましようか、それを一つお伺いしてみたい。それに対する対策等は水がひけば急速に必要になると思うのですが、それらに対しての準備は十分手が打たれているかどうか。それから今二名派遣したという話ですが、何県ですか。無論これは交通等のあれが回復すれば、もつと派遣されるように用意はしておいでになるのですか。
#20
○政府委員(山口正義君) 水がひきましたあとの防疫につきましては、先ほど申上げましたように、井戸の消毒にクロール・カルク、或いは家屋内で床上の浸水部分につきましてはクレゾール、或いは石炭酸等による消毒或いは床下に対しましては生石灰を撒く、或いはDDTの撒布をするというようなことをやらなければならないのでございますが、現在までいろいろ各県から報告をとつております。只今又新らしい報告が入つて参りましたが、これらの点につきまして大体現地で調達できる見込みだという報告が参つております。なお一、二県、特に佐賀県は不足しておるものもございますので、それはこちらで送るようにいたしたい、そういうふうに考えております。なお本省から二名参りましたが、これは主として連絡調整に当ります係官でございます。又或いは現地において指揮をする係官でございます。各県で編成いたします防疫班に対しまして、不足するというような場合には、伝染病の「第十九條の三」によりまして厚生大臣がほかの県から応援防疫職員を派遣することができることになつておりまして、その一部として岡山県から福岡県へ、広島県から佐賀県へ、鹿児島県から熊本県へ応援を出せという指令を出したのでございますが、なおそれでも不足の場合にはほかの県からも出し得るような態勢を整えております。そういう建前からいたしまして全国に五百八十二名、これは全額国庫負担の防疫職員が配置してございますので、必要に応じて応援を出すということにいたしております。傷病者の救護につきましては日赤の救護班、これは医務局関係なのでございますが、現地の国立病院などに応援を出して救護に当つておる状況でございます。なお先ほど申上げましたほかに、伝染病が大分県の臼杵市で一名、それから熊本県、これは場所がちよつと不明なのでございますが、収容所の中で赤痢患者が五名発生しておるという状況でございます。熊本県でも防疫用の薬品が当分の間間に合うけれども、将来不足する見込があるから手配をしてくれということが来ておりますので、そのように手配いたしたいと存じております。先ほど申上げましたけれども、濾水機は米軍から十八台輸送され、間もなく使用可能になる見込というふうに連絡が参つております。そのほかこういう災害のときによく発生いたします破傷風或いはワイル氏病というのがありまして、ワクチン或いは血清を準備いたしまして、ワイル氏病用のワクチンは東京に準備してございます。それから破傷風の血清は大阪から送る予定にいたしております。
#21
○榊原亨君 今大体わかつたのでありますが、医務局関係のほうは今日はおいでにならぬのでございますか。又医務局関係はどんなふうなこれに対してお考えを持つておられるのでしようか、厚生省のほうはおわかりになりませんか。
#22
○政府委員(山口正義君) 医務局からは現地の国立病院に対しまして罹災者の応急救護にできるだけ援助するようにというような指令を発したと承知いたしております。詳細は私よく存じておりません。
#23
○榊原亨君 所管が違うから追及はいたしませんが、罹災後長期に亘る疾病の予防並びに治療ということになつて来ますと、どうしても医療機関がどのくらいやられたかということが大きな問題になつて来ると思う。これに対する調査とか、御報告というものは今日ここに医務局が来られてされるのが当然なのに顔も出さないということは、これは一つ委員長から次回に御報告になるように、又その対策をどうしておられるかということをはつきりおつしやつて頂きたい。
#24
○委員長(堂森芳夫君) 承知いたしました。
#25
○榊原亨君 それからもう一つ承りたいのは、日赤は濾過機或いは医療品の備蓄というものがないのでございましようか。
#26
○説明員(鶴田寛君) 日赤は濾水機はございますが、全府県に渡るほどは備えてないのでございます。それからその他の備蓄に関しましては、極く少量持つておりますが、その内容については数学的にちよつとわかりかねます。
#27
○榊原亨君 災害救助法が議会で議論されましたときに、日赤にこの方面を負担させるということについて我々は大いに反対したのであります。ところが、その場合の政府の御答弁といたしましては、これはもう十分備蓄させることができるのだ、そこで日赤にこれを任すということであの災害救助法が通過しておるのであります。その当時の速記録をお調べになればわかるのでありますが、その法律案が通りまして数年を経ている今日におきまして、なおこの事態において殆んど日赤に備蓄がないというようなことについては、非常に遺憾とするところでございますが、その点についてどんなふうにお考えがあるのでありましようか。
#28
○説明員(鶴田寛君) お答えいたします。日赤法は昨年制定されたのでございますが、実は二十八年度におきまして国庫補助が四百万円計上されたわけでございます。まあ御承知のようにその四百万円も暫定予算で現在二百万円だけを認められておるのでございまして、まだ日赤で購入して備えるというところまで至つていないのが実情でございます。
#29
○榊原亨君 これはこの次の御答弁で結構でありますが、私の記憶ではこの災害救助法の中に日赤の活動の部門が入つておると私は思うのでありますが、その後法律が変りましたのですか。
#30
○説明員(鶴田寛君) 災害救助法の中には、日赤の協力という点につきましては、これは義務付けでございます。ただ財政的には何も国は補助は今までいたしておりません。そこで今度の新らしい日赤法によりまして国が非常災害につきまして日赤に事業を委託する、委託した場合は国がこれを補助することができるという規定がございますので、二十八年度初めて暫定予算を二百万円だけ認められた次第でございます。
#31
○委員長(堂森芳夫君) 速記をとめて。
   〔速記中止〕
#32
○委員長(堂森芳夫君) 速記を始めて。
#33
○説明員(鶴田寛君) 医務局関係の内容は私も存じませんが、恐らく医務局でも具体的な数字は掴んでいないと存じております。そこで明日整備課長を飛行機で現地に派遣して、こういう調査をいたさせるということに相成つております。
#34
○榊原亨君 医務局としては明日御出張になるのが初めてですか。
#35
○説明員(鶴田寛君) この災害につきましては、本省からは初めてだと思つております。
#36
○榊原亨君 この点についても十分我々は追及する必要があると思うのです。議会方面からも、もうとつくに今朝出てしまつている。それから先ほどお話になるように各局におきましては相当早く手配して行つているにもかかわらず、医務局だけが明日出るということじや何をしているのかわからない。
#37
○政府委員(山口正義君) 私の所管ではございませんので、或いは当つていないかと存じますが、医務局は福岡に医務局の出張所がございますので、そちらで代表していろいろな情報を取りまとめてこちらに連絡しているのだ、そういうふうに私は推察いたします。
#38
○委員長(堂森芳夫君) 速記をとめて。
   〔速記中止〕
#39
○委員長(堂森芳夫君) 速記を始めて下さい。
#40
○藤原道子君 非常に今度の水害の傾向を見ましても急速にやつて来ているんですね、そうすると、まだ雨季でしよう、いつもの危険期間ですね、殊に雨で各所が弛んで来ていると思うのです。従つていつどこで不時の災害が起らんとも保証しがたいと思いますので、やはり当局におきましてもこういうときに遅滞なく救護の手が延べられるような態勢は一つ進めておいてほしいと思うのです。非常に危険だと思うのです。殊に中国、あつちの方面も大分やられかけているときでございますので、その点特に要望しておきます。
#41
○委員長(堂森芳夫君) それではこれを以て委員会を閉会いたします。
   午後五時四十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト