くにさくロゴ
1953/07/27 第16回国会 参議院 参議院会議録情報 第016回国会 議院運営委員会 第26号
姉妹サイト
 
1953/07/27 第16回国会 参議院

参議院会議録情報 第016回国会 議院運営委員会 第26号

#1
第016回国会 議院運営委員会 第26号
昭和二十八年七月二十七日(月曜日)
   午前九時五十二分開会
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     草葉 隆圓君
   理事
           寺尾  豊君
           杉山 昌作君
          小笠原二三男君
           相馬 助治君
           松浦 定義君
   委員
           加藤 武徳君
           劔木 亨弘君
           榊原  亨君
           高野 一夫君
           松岡 平市君
           赤木 正雄君
           加賀山之雄君
           千田  正君
  ―――――――――――――
   議     長 河井 彌八君
  ―――――――――――――
  事務局側
   事 務 総 長 芥川  治君
   参     事
   (事務次長)  河野 義克君
   参     事
   (記録部長)  小野寺五一君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
   参     事
   (庶務部長)  佐藤 忠雄君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○委員の辞任及び補欠選任の件
○国家公安委員任命につき本院の同意
 を求めるの件
○旧軍港市国有財産処理審議会委員任
 命につき本院の同意を求めるの件
○離島振興対策審議会委員の指名に関
 する件
○中央青年問題協議会委員の指名に関
 する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(草葉隆圓君) 開会いたします。
 常任委員の辞任及び補欠に関する件をお諮りいたします。
#3
○参事(河野義克君) 自由党から、法務委員の青木一男君、人事委員の中川幸平君がそれぞれ辞任せられて、法務委員に中川幸平君、人事委員に青木一男君を後任として指名せられたいというお申し出が出ております。それから日本社会党第四控室から、大蔵委員の野溝勝君、農林委員の河合義一君、通産委員藤田進君、労働委員阿具根登君が、それぞれ辞任せられて、後任として大蔵委員に河合義一君・農林委員に野溝勝君、通産委員に阿具根登君、労働委員に藤田進君を、後任として指名せられたいという申出が出ております。日本社会党第二控室から、法務委員の小林亦治君、農林委員の赤松常子君がそれぞれ辞任せられて、法務委員に赤松常子君、農林委員に小林亦治君を後任として指名せられたいという申出が出ております。緑風会から、電気通信委員の小林武治君、地方行政委員の石黒忠篤君がそれぞれ辞任せられて、電気通信委員に石黒忠篤君、地方行政委員に小林武治君を後任として指名せられたいという申出が出ております。
#4
○委員長(草葉隆圓君) 只今申出の通りに決定することに御異議はございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(草葉隆圓君) 異議ないものと認めます。さよう決定いたします。
#6
○委員長(草葉隆圓君) 次に、国家公安委員任命につき本院の同意を求むるの件並びに旧軍港市国有財産処理審議会委員任命につき本院の同意を求むるの件についてお諮りいたします。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(草葉隆圓君) 前会に保留になつて、次会に決定するという順序にいたして参つたのでございますが、本日これを承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○小笠原二三男君 国家公安委員につきましては、過般の官房長官の今後の処置に対する見解を了として異議ございません。
#9
○委員長(草葉隆圓君) それでは両案とも、御異議ないものと認めまして、承認することに決定いたします。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
  ―――――――――――――
#10
○委員長(草葉隆圓君) 次に、離島振興対策審議会委員の指名に関する件並びに中央青少年問題協議会委員の指名に関する件、両案を一括して議題といたします。
#11
○参事(河野義克君) 離島振興法は、去る七月二十二日に公布せられまして、それから青少年問題協議会設置法は、去る七月二十五日公布せられまして、いずれも公布の日から施行せられております。それで離島振興法によりますと、離島振興対策審議会が設置せられまして、審議会の委員に参議院議員のうちから参議院が指名する者四人か委員になられます。それから青少年問題協議会設置法によります中央協議会というものが設置せられまして、中央協議会委員のうち、参議院議員のうちから参議院が指名する者二人が委員になるわけであります。これはいずれも各種委員として、従来お取扱を願つていたものでありまして、この六名を同時に割当てましても、或いは四名割当てて、あと二名割当てましても同じでありますが、その割当をどうするかということをお諮り願いたいのでありよす。
#12
○小笠原二三男君 本日ここできめましても、各会派に持ち帰つて、指名等り決定をも要しまするから、結局は本日の本会議の討議にはならんと思いまするので、理事会において相談するように……。
#13
○委員長(草葉隆圓君) 両案は理事会において検討いたしまして、理事会の結果をこの委員会で承認するということで御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(草葉隆圓君) 異議ないものと認めます。
 暫時休憩をいたします。
   午前九時五十七分休憩
   〔休憩後開会に至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト