くにさくロゴ
1953/05/26 第16回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第016回国会 労働委員会 第1号
姉妹サイト
 
1953/05/26 第16回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第016回国会 労働委員会 第1号

#1
第016回国会 労働委員会 第1号
本委員は昭和二十八年五月二十二日
(金曜日)議長の指名で次の通り選任された。
      相川 勝六君    麻生太賀吉君
      池田  清君    犬養  健君
      倉石 忠雄君    鈴木 正文君
      丹羽喬四郎君    保利  茂君
      三浦寅之助君    持永 義夫君
      吉武 惠市君    荒木萬壽夫君
      川崎 秀二君    佐藤 芳男君
      高橋 禎一君    青野 武一君
      黒澤 幸一君    多賀谷真稔君
      山花 秀雄君    井堀 繁雄君
      熊本 虎三君    中澤 茂一君
      矢尾喜三郎君    中  助松君
      中原 健次君
同月二十五日
 委員倉石忠雄君及び青野武一君辞任につき、そ
 の補欠として橋本龍伍君及び赤松勇君が議長の
 指名で委員に選任された。
同月二十五日
 赤松勇君が委員長に選任された。
    ―――――――――――――
会 議
昭和二十八年五月二十六日(火曜日)
    午後一時四十九分開議
 出席委員
   委員長 赤松  勇君
      相川 勝六君    池田  清君
      倉石 忠雄君    丹羽喬四郎君
      持永 義夫君    荒木萬壽夫君
      川崎 秀二君    黒澤 幸一君
      多賀谷真稔君    山花 秀雄君
      中澤 茂一君    中  助松君
 委員外の出席者
       専  門  員 濱口 金一郎君
    ―――――――――――――
五月二十六日
 委員橋本龍伍君辞任につき、その補欠として倉
 石忠雄君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○赤松委員長 ただいまより労働委員会を開会いたします。
 この際ごあいさつを申上げます。今回はからずも労働委員長の重責をにないまして、私とうていその任に耐えざるところでございますが、本委員会には前労働大臣の御経験をお持ちになる諸君、あるいは労働委員長として多年非常な功績を残された方々もおられるのでございます。従いまして、この委員会の運営はまつたく民主的に運営されるという確信を私は持つことができると思うのでございます。ふなれな委員長でございまするが、これらのエキスパートの皆さんの御協力によりまして、民主的な委員会の運営ができますよう格段の御協力をお願いいたしまして、委員長就任のあいさつにかえたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
 これより理事の互選を行いたいと存じます。
#3
○持永委員 この際動議を提出いたします。理事の互選につきましては、この際選挙の手続を省略されまして、その数を七名として委員長においてしかるべく御指名願いたいと思います。
#4
○赤松委員長 ただいまの動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○赤松委員長 御異議なしと認めます。それでは委員長より理事を指名いたします。
   倉石 忠雄君   丹羽 喬四郎君
   持永 義夫君   高橋 禎一君
   山花 秀雄君   矢尾 喜三郎君
   中 助松君以上七名の方を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○赤松委員長 次に、国政調査承認要求の件につきましてお諮りいたします。委員会の国政調査に関しましては、衆議院規則第九十四条の規定によりまして、あらかじめ議長の承認を受けなければならないことと相なつております。つきましては当労働委員会といたしまして、次のごとく国政調査の承認要求をいたしたいと存じます。
 すなわち調査する事項としては一、失業対策に関する事項、二、労使関係に関する事項、三、労働基準に関する事項といたしまして、調査の目的は労働行政の適正を期するためとし、調査の方法といたしましては、関係各方面よりの意見の聴取及び資料の要求等ということにいたし、また調査の期間は本会期中といたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○赤松委員長 御異議なしと認めまして、さよう決定いたします。
 なお諸般の手続につきましては、委員長においてその手続をとることといたしますから、御了承を願います。
 それでは次会は公報をもつてお知らせいたします。
 本日はこの程度で散会いたします。
    午後一時五十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト