くにさくロゴ
1953/07/31 第16回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第016回国会 水産委員会 第22号
姉妹サイト
 
1953/07/31 第16回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第016回国会 水産委員会 第22号

#1
第016回国会 水産委員会 第22号
昭和二十八年七月三十一日(金曜日)
    午後二時六分開議
 出席委員
   委員長 田口 長治郎君
   理事 川村善八郎君 理事 鈴木 善幸君
   理事 中村庸一郎君 理事 山中日露史君
   理事 小高 熹郎君
      中村  清君    夏堀源三郎君
      濱田 幸雄君    赤路 友藏君
      田中幾三郎君    中村 時雄君
      松田 鐵藏君    中村 英男君
 出席政府委員
        農 林 技 官
        (水産庁次長) 岡井 正男君
 委員外の出席者
        専  門  員 徳久 三種君
    ―――――――――――――
七月三十日
 委員椎熊三郎君及び勝間田清一君辞任につき、
 その補欠として河本敏夫君及び伊藤好道君が議
 長の指名で委員に選任された。
同月三十一日
 委員遠藤三郎君及び辻文雄君辞任につき、その
 補欠として池田勇人君及び中村時雄君が議長の
 指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律案起
 草に関する件
 農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律の施
 行に関する件
    ―――――――――――――
#2
○田口委員長 これより会議を開きます。
 農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律案起草に関する件について議事を進めます。本件について何か御発言があれば許します。
#3
○松田(鐵)委員 本件に対しましては、一昨日来委員長のまつたくの御努力によりまして、この問題に対しては、あの横暴きわまりない池田政調会長に対して、真実をこめ、しかして熱意を披瀝するにあたりまして、遂に承諾させたのであります。その委員長の御努力、御熱意に対しては、私はまつたくの敬意を表するものであります。
 しかして前委員会において赤路委員よりは、一項目、二項目については説明されておりますので、私は三項、四項、五項を追加いたしまして、その説明に当りたいと思うのであります。
 三、本法施行に伴う漁船建造融資については、本資金の性質及び中小漁業の現状に鑑み、償還の確実を期するため、中小漁業者の協力による受入態勢の整備に万全の措置を講ずべきである。
 四、本法施行に伴う漁船建造融資は、漁船損害保険制度と相俟つて将来長期に亘り確保できるよう措置を講ずべきである。
 五、本法施行に伴う漁船建造資金は、中小漁業金融に対する新しい活路を開いたことになり、これが活用には漁業信用基金協会の保証融資の普及利用と相俟つて急速なる措置を講ずべきである。
 この三項目を追加いたしまして、この法案の通過と同時に、すみやかに漁民の待望する資金の獲得、またその裏づけ、また償還に対する道を講じて行きたいと存ずるものでありまして、この点各位におかれまして御賛同あらんことを希望いたすものであります。
#4
○田口委員長 他に御意見ございませんか――他に御発言もありませんので、この際お諮りいたします。ただいま諸君のお手元に配付いたしております案を当委員会の成案として決定の上、これを当委員会提出の法律案として議院に提出したいと存じますが、これに御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○田口委員長 御異議なしと認め、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○田口委員長 次に農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律の施行に関する件についてお諮りいたします。
 ただいまお手元に配付してあります案文を当委員会の決議とし、これを政府に送付いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○田口委員長 御異議なしと認め、そのように決します。
 本日はこれにて散会いたします。
 次会は公報をもつて御通知申し上げます。
    午後二時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト