くにさくロゴ
1953/05/27 第16回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第016回国会 地方行政委員会 第1号
姉妹サイト
 
1953/05/27 第16回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第016回国会 地方行政委員会 第1号

#1
第016回国会 地方行政委員会 第1号
本委員は昭和二十八年五月二十二日(金曜日)
議長の指名で次の通り選任された。
      青柳 一郎君    加藤 精三君
      河原田稼吉君    佐藤 親弘君
      田中伊三次君    富田 健治君
      中井 一夫君    前尾繁三郎君
      山本 友一君    吉田 重延君
      渡邊 良夫君    鈴木 幹雄君
      床次 徳二君    橋本 清吉君
      藤田 義光君    赤松  勇君
      北山 愛郎君    滝井 義高君
      西村 力弥君    伊瀬幸太郎君
      大石ヨシエ君    大矢 省三君
      門司  亮君    山村新治郎君
      山本 勝市君
同月二十五日
 中井一夫君が委員長に選任された。
    ―――――――――――――
会 議
昭和二十八年五月二十七日(水曜日)
    午前十一時四十二分開議
 出席委員
   委員長 中井 一夫君
      青柳 一郎君    加藤 精三君
      田中伊三次君    山本 友一君
      吉田 重延君    床次 徳二君
      藤岡 義光君    北山 愛郎君
      滝井 義高君    西村 力弥君
      横路 節雄君    伊瀬幸太郎君
      大石ヨシエ君    大矢 省三君
      門司  亮君    山本 勝市君
    ―――――――――――――
五月二十五日
 委員赤松勇君辞任につき、その補欠として横路
 節雄君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十六日
 委員渡邊良夫君辞任につき、その補欠として橋
 本龍伍君が議長の指名で委員に選任された。
同月二十七日
 委員山本勝市君辞任につき、その補欠として三
 木武吉君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○中井委員長 これより地方行政委員会を開会いたします。
 理事の互選に先だちまして、この際簡単に私よりごあいさつを申し上げたいと存じます。
 私はからずも今回本委員会の委員長に選任せられることになりました。まことに微力、不行届でありまして、本委員会の重責にかんがみ、その職責を尽し得るやいなや心配をいたしておる場次第であります。幸いにして練達、堪能の皆さんの御支援を得て大過なきを期したいと存じます。何とぞ皆さんの御指導と御後援をひとえにお願いをいたします。(拍手)
 これより理事の互選を行うことにいたします。
#3
○床次委員 この際動議を提出いたしたいと存じます。
 理事はその数を七各とし、投票の手続を省略して、委員長において指名せられんことを望みます。
#4
○中井委員長 ただいまの床次委員の御動議に御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○中井委員長 御異議なしと認めます。よつて委員長より指名をいたします。
   青柳 一郎君  加藤 精三君
   富田 健治君  床次 徳二君
   西村 力弥君  門司  亮君
   山村新治郎君
 以上七名を本委員会の理事に指名をいたします。
    ―――――――――――――
#6
○中井委員長 次に国政調査承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 すなわち本委員会の重要なる使命にかんがみまして、本委員会の所管に属する事項につき、国政に対する調査を行いたいと存じます。しかしてこれは衆議院規則第九十四条によりまして、議長の承認を得ることになつております。よつてまず調査する事項としては、地方自治、地方財政、警察、消防及び選挙に関する事項といたし、調査の目的としましては、地方行政の実情を調査し、その健全なる発達に資するための対策樹立といたし、調査の方法としましては、関係当局より説明の聴取並びに参考資料の要求及び小委員会の設置等といたし、調査の期間は本会期中として、国政調査の承認を議長に求めることといたしたいと存じますが、御異議はございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○中井委員長 御異議なしと認めます。よつてさように決定いたし、委員長より諸般の手続をとることといたします。
#8
○門司委員 この機会に委員長にお願いをしておきたいと思います。今の国政調査の事項については、もちろん異議はございませんが、問題になりますのは今地方の自治体で非常にやかましく言われております財政の問題ですが、これについての最も重要なる調査事項として、現在都道府県並びに市町村が持つております赤字の調査であります。このことについては特にひとつ委員長からその重要性を認めていただきまして、この際は徹底的に調査をいたしたいと考えているのであります。これは単に本委員会だけではございませんで、一方においては地方制度調査会があつて、やはり地方の財政その他のあり方については検討がいたされておりますので、従つてこの際地方の自治体の完全なる発達を望むについては、やはり財政上の問題を明瞭にしておく必要があると思います。この赤字の問題についてはひとつ詳細なる資料を提出していただくように委員長から御要請を願いたいと思います。今日までわれわれの手元にあります資料は、たとえば都道府県知事会における資料、あるいは市町村長会その他から出されております資料、大蔵省が調査いたしました資料、あるいは自治庁が総合的に勘案いたしました資料等でありますが、おのおのその数字が違つているのみならず、さらに調査の方法等においても、多少異なるように見受けられますので、こういうまちまちな間違つた方法でなくして、現実にどれだけの赤字で、財政がどうなつているかということを、われわれはぜひ知りたいと考えておりますので、この点については特に委員長が意を用いてくださいまして、ひとつ出さしていただきたいと思います。
 なおもう一つ希望しておきたいと思いますことは、今日の地方予算の内容を見ますと、予算面に現われた赤字以外に当然赤字であるべきものが相当あるはずでありまして、それは補助金その他で仕事をやつて行かなければならないが、実質上の問題として仕事が遅延したり、あるいは物価の値上りその他等で、予定の仕事ができておらない。従つて予算面その他からすれば、別段これは赤字になつていないので、あるが、実際的にはこれが赤字になる性質を多分に持つておる。従つて終局はこれが大きな赤字になつて現われて来るということがたくさん各地に見られておりますので、これらの問題も一応時日を切つて、たとえば本年四月の三十日あるいは三月の末日において、実際上の赤字が一体どのくらいあるかということを、この際詳細に知る必要があると思いますので、この点は委員長に特に留意していただきたいということを、この機会にお願いをいたします。
#9
○中井委員長 お答えをいたします。門司君の御意見につきましては、委員長のみならず、委員の各位も御同感であると存じます。御趣旨の通りとりはからいます。
#10
○藤田委員 私もこの機会に要望を兼ねて委員長に質問いたしたいと思います。現在日本の民主主義の基礎であります地方自治体の現状は、まことに憂慮すべき状態でありまして、私たちはこの際地方自治体の現状を解剖いたしまして、独立しました国家として徹底的に再建すべきであるということを確信する一人でございます。現在自治庁におきましては本年度起債の査定中でありますが、地方自治体なかんずく府県におきまして、当面の積極財政方策の一つとして、電源開発等が非常に重要な問題となつております。この起債査定の現状に関しましても、私たち一応政府当局の忌憚のない意向を聞いて、今後の審議の参考に資したいと考えておることを、この際委員長にお含みを願いたいと思います。
 それから予算委員会において論議されておりますが、当委員会に付議さるべき法案の見通しが全然われわれにはかつておりません。総理大臣の答弁によれば、警察法を提出するというようなこともありますし、閣議のあとの懇談会におきましては、提出を見合せたというようなことも言われておりまして、真相把握にわれわれは困つておりますが、来月早々に予定されまする自然休会中に、十分当委員会としては勉強したいと思いますので、委員長におきましては自然休会前に当委員会に、本国会中に提出されるであろう法案、子算等につきまして、ひとつ政府当局と十分御懇談願いまして当委員会に御報告願いたい。もし本日、ただいま委員長の手元にそういう資料が政府から届いておれば、どういう法案が付議されようとしておるかをこの際ひとつお答え願いたい、かように考えております。
#11
○中井委員長 お答えをいたします。本議会に政府から提出される法案の問題につきましては、いまだ何らの通告もございません。政府といたしましては目下しきりに協議決定を急いでおると信じます。ただ、ただいまの藤田さんの御意見につきましては、その御趣旨に沿うて本委員会を進めたいと存じます。
 なお本委員会の進行につきましては、理事の皆さんによく御協議をいただいて、円滑なる進行をはかりたいと存じておりますから、本委員会が終りましたら、さつそく御協議をくださることをお願いをいたします。
 なおこの機会に本委員会の関係の職員につきまして御紹介申し上げたいと存じます。
 まず調査の関係の方面から御紹介をいたします。有松専門員を御紹介いたします。長橋専門員を御紹介いたします。丸山調査員を御紹介いたします。曽根調査員を御紹介いたします。
 次には本委員会の運営に関係いたします。方面の方を御紹介いたします。星野参事を御紹介いたします。長崎主事を御紹介いたします。以上であります。
 何か承わることはございませんか。別に御発議もございませんから、本日はこの程度で散会をいたします。なお次回の委員会は公報をもつてお知らせいたすことにいたします。
    午前十一時五十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト