くにさくロゴ
1947/06/05 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 運輸及び交通委員会 第10号
姉妹サイト
 
1947/06/05 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 運輸及び交通委員会 第10号

#1
第002回国会 運輸及び交通委員会 第10号
昭和二十三年六月五日(土曜日)
    午後一時二十分開議
 出席委員
   委員長 川野 芳滿君
   理事 前田  郁君 理事 高瀬  傳君
      大澤嘉平治君   小笠原八十美君
     岡村利右衞門君    増田甲子七君
      井谷 正吉君    佐々木更三君
      重井 鹿治君    島上善五郎君
      島田 晋作君    館  俊三君
      原   彪君    飯田 義茂君
      堀江 實藏君
 出席國務大臣
        運 輸 大 臣 岡田 勢一君
 委員外の出席者
        專門調査員   岩村  勝君
        專門調査員   堤  正威君
六月四日委員前田正男君及び高橋英吉君辞任につ
き、その補欠として松本一郎君及び尾崎末吉君が
議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
六月三日
 尾岐村高橋、会津若松駅間村営バス事業許可の
 請願(山口六郎次君紹介)(第一二五〇号)
 多度津濱駅に旅客取扱開始の請願(福田繁芳君
 紹介)(第一二五一八号)
 和寒駅、福原間國営自動車運輸開始の請願(佐
 々木秀世君紹介)(第一二六一号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 公聽会開会に関する件
 國有鉄道運賃法案(内閣提出)(第七七号)
    ―――――――――――――
#2
○川野委員長 会議を開きます。
 これより國有鉄道運賃法案を議題といたします。右案の審査のため、昨四日議長に対して公聽会開会承認要求書を提出いたしたのでありまするが、本日議長より承認をいただきました。つきましては本日は正式に公聽会を開くことを議決いたすことと相なつておりまするが、これにつきましては公聽会開会の日時を決定いたさねばなりません。この日時の決定に関しましては、公聽会に対する申出、公述人の選定、公述人への通知及び公述人の出頭等の時間的余裕を考慮いたしますとともに、本案の審査の進行状況とにらみ合わせて決定することが妥当でありまして、各派においてもいろいろ御意見もあることと存じまするが、諸般の情勢によりまして、來る六月十二日土曜午前十時よりいたしたいと思いますが、いかがでしようか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○川野委員長 それでは衆議院規則第七十九條によりまして、公聽会を開く議案を、國有鉄道運賃法案とし、意見を聽く問題を「鉄道運賃値上げの可否、もし可とする場合は、その値上率について」として、昭和二十三年六月十二日午前十時より公聽会を開くに御異議はありませんか。
    「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○川野委員長 それではさよう決しました。それでは公聽会報告書を議長に提出するとともに、それを公示するように諸般の手続をいたすことにいたします。なお公述人の選定は委員長及び理事に御一任願いたいと存じますが、いかがでしようか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○堀江委員 異議はありませんが、なるべく廣く――廣くと言いましても、利用者を対象にするところの公述が聽きたい。かりに考えれば、石炭業者とか、あるいは木材業者であれば、運賃は上つても構わぬ、公定價格が七割なら七割上るからということで納得すると思いますが、問題はいわゆる一般大衆にあると思いますので、委員長がその公述人を選択されるにあたつては、一般利用階級の團体を対象にしていただきたいということを希望したいのであります。
#6
○川野委員長 それでは次体は公報をもつて御通知申し上げることにいたしまして、本日はこれにて散会いたします。
    午後一時二十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト