くにさくロゴ
1947/04/08 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 司法委員会 第11号
姉妹サイト
 
1947/04/08 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 司法委員会 第11号

#1
第002回国会 司法委員会 第11号
昭和二十三年四月八日(木曜日)
    午後二時十一分開議
 出席委員
   委員長 松永 義雄君
   理事 鍛冶 良作君 理事 石川金次郎君
      角田 幸吉君    花村 四郎君
      明禮輝三郎君    山口 好一君
      池谷 信一君    石井 繁丸君
      榊原 千代君    山中日露史君
      中村 又一君    佐竹 晴記君
 出席政府委員
        訟 務 長 官 奧野 健一君
 委員外の出席者
        專門調査員   村  教三君
        專門調査員   小木 貞一君
四月六日
委員安田幹太君、荊木一久君、山下春江君及び小
西寅松君辞任につき、その補欠として佐藤通吉君、
角田幸吉君、松木宏君及び佐竹晴記君が議長の指
名で委員に選任された。
四月六日
荊木一久君が理事を辞任した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 行政代執行法案(内閣提出)(第三一号)
 行政事件訴訟特例法案(内閣提出)(第三四
 号)
    ―――――――――――――
#2
○松永委員長 会議を開きます。
 行政代執行法案及び行政事件訴訟特例法案を一括議題とし、審査を進めます。両案を討論に付します。山中日露史君。
#3
○山中委員 社会党を代表いたしまして、行政事件訴訟特例法、並びに行政代執行法の両案に対して、原案通り賛成をいたします。
#4
○松永委員長 山口好一君。
#5
○山口(好)委員 民主自由党を代表いたしまして、上程されました両案について賛成の意見を表明いたします。但し行政代執行法案は、もし濫用せられた場合には、由々しい問題を生じますがゆえに、第二條におきまする條件、第三條の條件などは、嚴格にこれを守つて、そうしていやしくも人権蹂躙の弊害を生ずるようなことのないように、嚴にこの法律の運営に当つては注意をいたしてもらわなければならないということを附言いたしまして、賛成をいたすものであります。
#6
○松永委員長 佐竹晴記君。
#7
○佐竹(晴)委員 社会革新党を代表いたしまして、両案に対して賛成いたします。
#8
○松永委員長 討論は終局いたしました。
 これより採決いたします。両案について原案に賛成の諸君の御起立を願います。
    〔総員起立〕
#9
○松永委員長 起立総員。よつてこの両案はいずれも全会一致をもつて原案通り可決させられました。
 なお両案の委員会報告書の作成方は、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○松永委員長 それではそのようにいたします。暫時休憩いたします。
    午後二時十五分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は開会に至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト