くにさくロゴ
1952/08/27 第14回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第014回国会 地方行政委員会 第1号
姉妹サイト
 
1952/08/27 第14回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第014回国会 地方行政委員会 第1号

#1
第014回国会 地方行政委員会 第1号
昭和二十七年八月二十七日(水曜日)
    午後二時五十五分開議
 出席委員
   委員長 金光 義邦君
   理事 河原伊三郎君 理事 野村專太郎君
   理事 床次 徳二君 理事 門司  亮君
      大泉 寛三君    川本 末治君
      小玉 治行君    前尾繁三郎君
      鈴木 幹雄君    藤田 義光君
      大矢 省三君    立花 敏男君
      大石ヨシエ君
 委員外の出席者
        專  門  員 有松  昇君
        專  門  員 長橋 茂男君
    ―――――――――――――
八月二十六日
 地方財政法の一部を改正する法律案(鈴木仙八
 君外十一名提出、第十三回国会衆法第七一号)
の審査を本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 国政調査承認要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○金光委員長 これより会議を開きます。
 国政調査承認要求の件についてお諮りいたします。
 民主主義遂行の重大なる使命にかんがみまして、本委員会は前国会と同様調査する事項といたしまして、地方自治、地方財政、警察及び消防に関する事項とし、調査する目的といたしましては、地方行政の実情を調査し、その健全なる発展に資するための対策樹立とし、調査の方法といたしましては、関係当局より説明聴取並びに参考資料の要求及び小委員会の設置とし、調査の期間は本会期中として、国政調査承認要求書を議長に提出いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○金光委員長 御異議がないようでありますから、さよう決定いたします。委員長よりただちに手続をすることにいたします。
 この際一言、ごあいさつを申し上げます。実は前国会の最後の委員会の席上で、ごあいさつを申し上げたいと思つておりましたところ、機会を失しましたので、この際申し上げるわけでございます。
 前国会は、昨年十二月召集以来、二百三十五日というかつてない長期の国会となり、独立日本の諸法制を生んで、去る七月三十一日閉会となつたわけでございますが、その間当地方行政委員会といたしましては、地方自治、地方税財政、警察、消防、選挙等各般にわたり、国政調査を行い、またこれらのすべてに関する幾多の重要法律案が、当委員会に付託されまして、御審議を煩わしたのでありますが、これらの法律案中には、日本の独立を迎えて、画期的意味を有するものがあり、地方自治法や、地方税法の一部改正のごとく、内閣提出案に対して、多大の修正を加えたもの、警察、消防関係法案のごとく、議員立法になるものもあり、さらに特別市制に関するものなどがありまして、審議に当られた委員各位の御労苦は、並々ならぬものであつたのであります。
 幸いに皆様の長期かつ熱心な御勉強によりまして、委員会を開くこと七十八回という記録をもつて、二十数件に及ぶこれらの法律案の審議並びに処理をおおよそ完了し、その大部分の成立を見ました次第であります。
 この間私は委員長の重責を汚したのでありますが、何分にも不行届きでありまして、委員各位に多大の御迷惑をかけたことと、衷心申訳なく思つております。
 当委員会に幾多重要法案が付託されました際に、ふなれな私がたまたま委員長を命ぜられましたことは、皆様にはたいへん御迷惑であつたとは存じますが、私といたしましては、長期の国会を、大過なくとは申せないかもしれませんが、ともかく終了することができたことを喜んでおるのであります。これはまつたく委員の皆様方の好意ある御支援と御協力のたまものでありまして、私の感激にたえぬところでございます。私はあらためてここに、前国会中の皆様方の私に対する御好意と御支援とに対し、衷心から厚く御礼を申し上げるとともに、私の不行届きにつきまして、おわびを申し上げる次第でございます。
 なお委員会のために常時働いておられる專門員室、委員部、法制局の職員各位にも、同様謝意を表したいと思います。
 第十四国会となりましたので、私の職もあるいは交迭のことと考えておりましたが、いまだその命に接しませんので、この際一応ごあいさつ申し上げる次第であります。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後三時散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト