くにさくロゴ
1951/06/16 第13回国会 参議院 参議院会議録情報 第013回国会 郵政委員会 第9号
姉妹サイト
 
1951/06/16 第13回国会 参議院

参議院会議録情報 第013回国会 郵政委員会 第9号

#1
第013回国会 郵政委員会 第9号
昭和二十七年六月十六日(月曜日)
   午前十一時二十一分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
六月六日委員駒井藤平君辞任につき、
その補欠として鈴木強平君を議長にお
いて指名した。
六月十六日委員鈴木強平君辞任につ
き、その補欠として駒井藤平君を議長
において指名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     岩崎正三郎君
   理事
           城  義臣君
           柏木 庫治君
   委員      駒井 藤平君
  国務大臣
   郵 政 大 臣
   電気通信大臣  佐藤 榮作君
  政府委員
   郵政政務次官  寺本  齋君
   郵政省簡易保険
   局長      白根 玉喜君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       生田 武文君
   常任委員会専門
   員       勝矢 和三君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○理事の補欠選任の件
○簡易生命保険および郵政年金の積立
 金の運用に関する法律案(内閣提
 出、衆議院送付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(岩崎正三郎君) それでは本日の会議を開きます。
 先ず今郵政委員会の理事の中川幸平君が郵政委員を辞任されましたので当委員会において理事が一名欠員になつております。やはり中川君の所属しておりました自由党から城君を当委員会の理事にお願いしたいとかように思いますが御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(岩崎正三郎君) それではそれを認めまして城君を郵政委員会の理事に指名いたします。
  ―――――――――――――
#4
○委員長(岩崎正三郎君) 次に、衆議院から送付されました簡易生命保険及び郵政年金の積立金の運用に関する法律案について御審議を願います。
 すでに一応御説明をし、又質問も数回に亙つてやつたのでありますけれどもなお又御質問がございましたならば御質問をお願いいたします。
#5
○駒井藤平君 施行期日ですね、あれが来年の四月一日になつておりますが、あれをもつと短縮できないのか、できればもう少し早く短縮してやれると、予備期間を置く必要はなかろうと思うが、一日も早くこれを施行するということが私は望ましいが、理事者においてそういう振合いに参りませんでしようか。
#6
○国務大臣(佐藤榮作君) 至極く御尤もな御意見だと考えまするが、御承知のようにこの運用の問題は、実際に当りまして錯誤なり、過誤等があつては、折角の目的を達しないことになるのではないか。御承知のように暫く郵政省といたしましては運用の問題から遠ざかつておりますので、この際暫くの準備期間を与えてもらいたい、かように特に考えておるのであります。御承知のように参議院におかれましては、速かに復元すべしという御決議も頂いておるのでありますので、その御趣旨等を尊重いたしますれば、もつと短縮されるということは当然考えられるのでありますが、只今申上げたような次第でございますので、この点御了承を賜りたいと思います。
#7
○駒井藤平君 只今大臣の御説明によりますと、やはり準備期間を要すると、こうおつしやいますけれども、すでに両院でこの運用の方法を早く還元するということは、すでにあれが決行される当時からの問題で而も当時の大蔵大臣は即刻返還するという言質を与えておる。そういたしますれば両院とも一致したこの復元方を要望しておる。而も決議案を盛つておるということになつておれば、当郵政大臣としてはその心がまえがありとすれば、これはもつと早く施行できるものである。こう思われるのですが、暫くの間よそへ預けたので、そのあとを引受けるのに準備期間が要るということは、余りに熱意がないとこう私は考えますが、もう少し短縮することはでき得ないのですか、如何でしようか。
#8
○国務大臣(佐藤榮作君) 只今申上げた通りでございます。
#9
○駒井藤平君 それでは短縮するということは私から主張せんことにいたします。
#10
○委員長(岩崎正三郎君) 他に御質疑はございませんか。(「質問なし」と呼ぶ者あり)……長い間質問もやつたわけですし、本日はこの程度でよろしうございますか……。
 それでは本日はこれで質疑がないと認めまして討論に入りますが、御意見のおありのかたはそれぞれ賛否の意見を明らかにしまして討論をお願いいたします。
#11
○柏木庫治君 この問題は両院においてすでに何回も決議案が出ておりますし、参議院におきましては全員決議案に賛成をいたしたのが漸くここに実を結んだのであります。私は駒井委員の説に賛成なのであります。若しこれに修正をいたしますならば、二十八年四月一日を二十七年八月一日と修正いたしたいのでありますが只今の郵政大臣の御説明によりましてかく施行期日をいたしたことのやむを得ざるを認めまして本案全部に賛成をいたすものであります。
#12
○城義臣君 自由党といたしましてもこれは単なる与党というような意識でなしに本案には賛成をいたすものであります。理由はいろいろございまするが、もうすでに十分質疑の間におきましても論述された通りでありまして、この際賛成の理由等はもう省略いたしますが、気持といたしましては先ほど駒井委員並びに只今柏木委員からのお話のように我々も早くこれが実施されることを実は希望いたしておりますが、只今はその意見を述べる程度で本案に賛成をいたすものであります。
#13
○駒井藤平君 私もこの案は従来から念願しておることが漸く本日ここに至つたのでありますから無論賛成でありまするが、先だつて柏木委員の申されました、現在私は大蔵省のほうでやつておる返還金、これなどはそのまま向うへずるずると流用されるようなことがあつては困る。と申しますのはそういうことは万ないこととは信じまするけれども、そういうことの瑕瑾のないように是非ともそれを全部還元するということに御努力を願いたい。
 それだけ申上げましてこれは皆さん賛成でございますので、私どものほうの同志もこれは挙つて一日も早く実現することを要望しておつたのでありまして、賛成でありますから、賛成の意を表します。
#14
○委員長(岩崎正三郎君) ほかに御発言もないようでございますので討論はこれで終結したものと認めて異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(岩崎正三郎君) 御異議ないと認めます。それではこれより採決に入ります。簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律案について採決いたします。本案を原案通り可決することに賛成の諸君の挙手をお願いいたします。
   〔賛成者挙手〕
#16
○委員長(岩崎正三郎君) 全員賛成でございます。よつて簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律案は原案通り可決すべきものと決定いたしました。
 なお、本会議における委員長の口頭報告の内容等につきましては慣例によりまして委員長に御一任願います。
 それから本案を可決せられました皆さん方の御署名を願います。
  多数意見者署名
    城  義臣  柏木 庫治
    駒井 藤平
#17
○委員長(岩崎正三郎君) 署名洩れはございませんか……。署名洩れはないものと認めます。
 本日はこれで散会をいたします。
   午前十一時三十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト