くにさくロゴ
1951/05/06 第13回国会 参議院 参議院会議録情報 第013回国会 人事委員会 第17号
姉妹サイト
 
1951/05/06 第13回国会 参議院

参議院会議録情報 第013回国会 人事委員会 第17号

#1
第013回国会 人事委員会 第17号
昭和二十七年五月六日(火曜日)
   午前十一時九分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
本日委員森崎隆君及び平井太郎君辞任
につき、その補欠として岡田宗司君及
び岡田信次君を議長において指名し
た。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     カニエ邦彦君
   理事
           宮田 重文君
           千葉  信君
   委員
           岡田 信次君
           溝口 三郎君
           岡田 宗司君
           木下 源吾君
           紅露 みつ君
  事務局側
   常任委員会専門
   員       川島 孝彦君
   常任委員会専門
   員       熊埜御堂定君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○一般職の職員の給与に関する法律の
 一部を改正する法律案(内閣提出、
 衆議院送付)
  ―――――――――――――
#2
○委員長(カニエ邦彦君) 只今より人事委員会を開会いたします。
 一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。本議案につきましては、三月十一日衆議院から送付になりまして、本委員会におきましては相当な日時を費し、検討の上に検討を重ねられまして、そうして漸く前回の委員会において一つの結論が見出だされたわけであります。従つてこれに対するところの質疑は各委員ともないものと委員長は考えるのでありますが、なお御質疑のあるかたがあれば御発言を願いたいと思います。なお質疑がなければ、質疑を打切り、討論に入りたいと思います。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(カニエ邦彦君) 只今質疑の必要がない、異議ないという御発言でありますから、さよう決定いたします。
 それでは質疑は終了したものと認めて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(カニエ邦彦君) 異議ないものと認めます。よつてそれでは本法律案に対して討論を願います。本法律案について御意見のあるかたは賛否を明らかにしてお述べをお願いいたします。
 なお委員長より、前回の委員会において御承認を頂いております修正案を提案いたしたいと思います。内容につきましては、お手許に配付してありますので省略させて頂きたいと存じます。それでは討論を願います。
#5
○木下源吾君 私は修正案に賛成のものであります。ただ私はこの修正に当りまして独自の案を以て皆さんに御相談申上げたのでありますが、即ち当時の第一案並びに第二案でございますが、然るに本委員会においては殆んど各委員の熱心なる御検討の結果、現状においてはいわゆる本修正案が妥当であるという結論が生れましたので、私は第一案並びに第二案を固執するものではありませんけれども、これは皆さんも御了承願えると思うのであるが、いずれかの日にはこの第一案、第二案というような案が本委員会において実現するものという考えを持つております。従いまていろいろ客観情勢の制約もありますので、この際は本修正案が最も妥当なものと、こう考えまして、いわゆる同意をする意味で賛成をするものであります。
#6
○千葉信君 私は本修正案に対して賛成いたします。勿論私どもこの修正案が完璧なものだとは考えておりませんけれども、併しながら現状においては、特にその調査対象が全国に跨るという点、従つて又その調査に相当な機構が確立充実されなければならんにかかわらず、その点についての機構の確立等が容易に行えないという現状であります。又私どもが修正するに当つての時間的な制約もございましたので、私どもこの問題のよりよい完全な修正のために、将来もつともつと努力するという前提の上に立つて一応本案に対してこの際賛成をいたします。以上です。
#7
○宮田重文君 私もこの修正案に対して賛成をするものであります。本修正案は、三月以来各党の共同の努力によつて進められたものでありますし、その間、先ほど木下委員からもお話のように、第一案、第二案なるものが出たのでありますが、これらに対しましても、我々はその案の作成等については十分慎重な検討を加えられながら、又努力をされながら作られた案として一応の敬意は表したのでありますけれども、先ほど木下委員も仰せられるように、各党一致した意見の下に本修正案が進められ、最近における現地のいろいろな要望その他も十分取上げて、私どもはそういう実情に即したものを作るという考えの下に、この修正案を努力をしたわけでありますから、現状においては本修正案は一番現状に即するような形において進められたもの、こう考えてよろしいのではないかと思うのであります。但しいろいろな過程におきましても、一応この本修正案といえども仔細に検討しまする場合に、なお私どもは全国的には相当な均衡を果して得ておるかどうかというような点については疑いなきを得ない面もなきにしもあらずでありますけれども、私どもの少くとも知つてる範囲内においては、一番正しい皆様方の御意見によつてできたものであるから、現在当委員会としましては最も妥当な線が出ている。併し更に人事院が勧告の際にいろいろと検討を進められた、それらの面等も或いは考え合わせ、更に全国的な面について相当考慮を払う場合には、本修正案といえども、或いは多少完全を期し得ないような面があるのではないかということも半面憂えざるを得ないのでありますが、そういう面と、それから本修正案が相当な予算を伴うことが必然でありますから、そういう面から考えますれば、現在我々が決定いたしております二十七年度の予算において、どの程度これを処理できるかということについても相当な考慮が払われなければならない、こういうふうに考えるのでありますけれども、時間的にもそれらの検討を仔細に加える時間もなく、多少の不十分さは私どもも考えつつも、目下の状況においては本修正案をできるだけ各党修正案として通過に努力するようなことが一番適切な方法である、かように考えますので、本修正案に対し実現可能なような本委員会としてもお取進め方をするようにいたしたい、かような意味におきまして、修正案に対して賛成をするものであります。
#8
○紅露みつ君 私も本修正案に賛成をするものでございます。二月人事院の勧告がなされましてから、引続いて各委員とも熱心に修正案を練つて参つたのでございますが、何分三月の十一日には衆議院を通過しておりますので、時間の関係で完璧が期せなかつたということは、これは大変に残念だと思います。現に今朝も各地から修正案に対する希望の陳情書が参つておりまして、これをここへ取入れることのできないということを大変残念に存じます。何分全国の地域に跨つておりますので、可能なあらゆる資料を集めた案でございますけれども、これがいよいよ決定いたしますというと、相当全国的には又アンバランスも指摘されるであろうと思いますので、将来において、こうしたところはなお合理的に立派なものにして行かなければならないと、かように存じます。取りあえず時間の関係等もありまして、本案に賛成をいたす次第であります。
#9
○溝口三郎君 私は本修正案に対して賛成をいたします。政府の今回提案いたしました一般職の職員の給与に関する法律の改正案は、新たに三百六十四市町村について勤務地手当の支給地域追加指定と、地域給の格上を行わんとするものでありまして、その所要経費の約七億は既定の一般及び特別会計のうちで賄うことができるとされておるのでございます。現行の地域給は昨年の十月一日から実施されているのでありますが、人事院はその後の物価、生計費等の推移に鑑み、本年の二月十二日に本案と同様な改正意見を申出まして、政府がこれを改正意見通り改正案として提案したものでありまして、この本案については全面的に私は賛成するものであります。然るに、本改正によりまして、その線に漏れました未指定地域はなお一八%もあり、又地域給の格上げを必要とするものも多数ありまして、人事院もそれらの事情を認めているものもあるけれども、財源の都合もあつて一応政府案のところで線が引かれているようにも思えるのでございますが、これを実行いたしますと、線に漏れたものとの間には非常に大きなアンバランスを生ずることになるので、本案の審議が非常に困難になつて本委員会も二カ月に亘つて審議をされておるのでございます。
 公務員は国家公務員法におきまして身分の保障等特別の保護が受けられてはおりますが、同時に個々の根本基準に従いまして誠実に職務に専念すべき義務を課せられておりますし、殊に団体交渉権、団体行動権等も制限されておりまして、当然支給されていい給与も政府の都合等で公平に支給されないならば、安心して安んじて職務に専念することはできないのみならず、そのまま不満不平を抱いて泣寝入りをしなければならないようなやり方は、これらの公務員に対して救済の措置をとつてやらねばならないことは当然であります。本委員会は、そのために二カ月に亘りまして、アンバランスをできるだけ是正することに努めたのでございますが、政府は七億以上に財源があるかどうか、更に追加指定を増加することにすれば、その経費は賄い得るかどうかということについては今日まで明確に説明をしていないのでございます。修正案を本委員会では第一案、第二案というものを決議いたしまして政府と交渉いたしたのでございますが、それらについても未だ回答は得ていないのでございます。止むを得ず本委員会においては、最終案として各党、各委員等の持寄つた七百地区のうちで厳選したものを、この修正案として修正することにいたしたのでございますが、これは最小限度の必要なものであるのでございます。政府は速かにこの経費の支出の方法を講じて、本修正案に基いて公務員に対して公平な給与を支出して、安んじて職務に専念さしてもらいたいということを希望するのでございます。財源を捻出するためには、不公正不当に支出していられる費用も相当な額に上つていることは、会計検査、行政監査等の結果判然しているのでございます。それらの費用を節約してこの修正に要する経費等に振向けてもらうように努力をしてもらいたいのでございます。なお近く行政機構改革に当りましては、徹底した行政整理も併せて行なつて、できるだけ不用不急の人員は整理して適材適所の人員配置を行い、余裕のできた経費を以て公務員の待遇を改善して、能率向上を目標として、これらの措置を講じて頂きたいのでございます。本修正案は率直に見ますれば、なお研究する余地のあることもあるのでございまして、万全のものとは言えないのでありますが、個々のものにつきましては、なお批判もあろうと思いますが、緊急止むを得ないもののみを計上したものでありますから、人事院は引続いて官署指定、僻地手当等でそれらのアンバランスの是正をも考究しており、又給与ベースの改訂をも行わんとしているようでございますが、至急にそれらの措置を講ずる必要があるのでございますが、その際においても、その地域給の均衡については特に検討を加えられたいのでございます。なお地域給、寒冷地手当、僻地手当に官署指定等を含めた給与体系については、今まで相当な無理が積重なつていて多くの問題を残しているのでございますが、これらの給与体系については振出しに戻つて、根本的に検討を加えてもつらいたいのでございます。
 以上の理由を以ちまして、修正案に賛成をいたすものであります。
#10
○委員長(カニエ邦彦君) それでは討論は全部終結したものと認めて御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(カニエ邦彦君) それでは一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案について採決をいたします。
 先ず委員長提案の修正案を議題に供します。本修正案に賛成のかたの挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#12
○委員長(カニエ邦彦君) 全会一致でございます。よつて本修正案は可決されました。
 次に修正にかかる部分を除いて、衆議院送付の法律案全部を問題に供します。修正部分を除いた原案に賛成のかたの挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#13
○委員長(カニエ邦彦君) 全会一致でございます。よつて一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案は全会一致を以て修正可決されました。
 それでは御賛成になられたかたの御署名を願います。
  多数意見者署名
    宮田 重文  千葉  信
    岡田 信次  木下 源吾
    溝口 三郎  紅露 みつ
#14
○委員長(カニエ邦彦君) なお委員長の口頭報告の内容は、先例によりまして委員長に御一任願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(カニエ邦彦君) それではさよう決定いたします。(拍手)
 それでは御署名漏れはございませんか……。御署名漏れはないものと認めます。それでは本日の委員会はこれにて散会いたします。
   午前十一時三十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト