くにさくロゴ
1951/03/11 第13回国会 参議院 参議院会議録情報 第013回国会 議院運営委員会 第24号
姉妹サイト
 
1951/03/11 第13回国会 参議院

参議院会議録情報 第013回国会 議院運営委員会 第24号

#1
第013回国会 議院運営委員会 第24号
昭和二十七年三月十一日(火曜日)
   午前十時二十七分開会
  ―――――――――――――
  委員の異動
本日委員安井謙君辞任につき、その補
欠として松平勇雄君を議長において指
名した。
  ―――――――――――――
 出席者は左の通り。
   委員長     川村 松助君
   理事
           加藤 武徳君
           木村 守江君
           赤木 正雄君
   委員
           草葉 隆圓君
           團  伊能君
           松平 勇雄君
           小宮山常吉君
           菊川 孝夫君
           相馬 助治君
           中村 正雄君
           大隈 信幸君
           三好  始君
           矢嶋 三義君
           堀  眞琴君
           兼岩 傳一君
  ―――――――――――――
   副議長     三木 治朗君
  ―――――――――――――
   内閣官房副長官 菅野 義丸君
  事務局側
   事 務 総 長 近藤 英明君
   参     事
   (事務次長)  芥川  治君
   参     事
   (議事部長)  河野 義克君
   参     事
   (委員部長)  宮坂 完孝君
  法制局側
   法 制 局 長 奧野 健一君
   参     事
   (第二部長)  岸田  實君
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○委員の辞任及び補欠選任の件
○理事の補欠選任の件
○議院運営小委員の補欠選任の件
○経済安定本部顧問任命につき本院の
 議員派遣に関する件
○本委員会の運営に関する件
  ―――――――――――――
#2
○委員長(川村松助君) 会議を開きます。
 常任委員の辞任及び補欠に関する件。
#3
○参事(河野義克君) 自由党から予算委員の長島銀藏君、議院運営委員の安井謙君がそれぞれ辞任されて、予算委員に宮本邦彦君、議院運営委員に松平勇雄君を後任として指名せられたいというお申出を受けました。
#4
○委員長(川村松助君) 只今議事部長から報告いたしましたことにつきまして承認することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(川村松助君) 御異議がなければ、さよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#6
○委員長(川村松助君) 理事の補欠互選に関する件と議院運営小委員の補欠選任に関する件を一括してお諮りいたします。
#7
○参事(宮坂完孝君) 自由党から加藤武徳君が再び本委員会の委員に復帰いたしましたにつきまして、理事並びに議院運営小委員に推薦されております。
 又民主クラブから境野清雄君が再び本委員会の委員に就任されまして、理事に推薦されております。
#8
○委員長(川村松助君) 委員部長から御報告いたしましたように、理事の補欠互選に関する件と、議院運営小委員補欠選任に関する件、御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(川村松助君) 御異議がなければ、承認されたものと決定いたします。
  ―――――――――――――
#10
○委員長(川村松助君) 次に、経済安定本部顧問任命についての本院の議決を求めるの件につきましてお諮りいたします。
#11
○政府委員(菅野義丸君) 今回衆議院議員根本龍太郎君を経済安定本部顧問に任命いたしたく、国会法第三十九條但書の規定によりまして、国会の議決を求めるため本件を提出いたします。
 経済安定本部顧問は、経済の安定の基本的施策の企画立案を責務といたします。同本部におきまして、経済安定本部総務長官に対して有益なる意見を申述べることをその任務といたしております。根本君は大学卒業後、満洲国官吏を十数年に亘つて歴任いたしまして、終戰後に衆議院議員に当選今日に至り、昭和二十六年七月より十二月までの間は農林大臣として枢機に参画して来たものであります。今回特に政府において同君に経済安定本部顧問を命じ、生活物資、特に食糧に関する基本的施策の企画立案について有益な意見を求めんとするものであります。何とぞ愼重御審議の上速かに議決せられるようお願いいたします。
#12
○相馬助治君 只今の承認を求める件についての理由が述べられましたが、その理由ですべてが盡きておるのですか、それとも率直に補足的な説明を何が加える余地があるものですか。あるとするならば、議運が紛糾してからでなく、私は聞かせて頂いたほうがよろしいのではないかと思うのであります。
#13
○政府委員(菅野義丸君) 只今の議案に対する説明は以上を以て十分であると考えております。別にその蔭に、ほかに附すべきことを持つておりませんであります。ただいろいろ新聞等に出ておりますが、それは後のことでありまして、それとは別に顧問に就任さしたい、こういう意味で以て本件を提案いたした次第であります。
#14
○委員長(川村松助君) 速記をとめて下さい。
   午前十時三十二分速記中止
   ―――――・―――――
   午前十一時十二分速記開始
#15
○委員長(川村松助君) 速記を始めて……。
#16
○相馬助治君 只今議決を求める理由を聞いたのですが、どうも肯定する満足な十分な理由として我々は聞き取れないのです。併しまあこの懇談会中にやや明らかになつた特殊な事情もあるようですから、ここでこれ以上議論せずに、各会派に持帰つて態度をきめて、次の議運においてこれを決定する、こういうことに処理して行くほうが適当じやないかと思います。(「賛成」と呼ぶ者あり)
#17
○中村正雄君 それについて一応……。これは先ほど議事部からもお話がありましたが、顧問にする理由というのは別な関係であれば別ですけれども参議院としてはこの議員が各省の顧問になるということにつきましては、これは野党、与党を問わず一応の、この前松岡さんの顧問就任のときに結論を出しておるわけなんですから、その点も一応各会派で御留意願つて御返答願いたいと思います。(「同感」と呼ぶ者あり)
#18
○菊川孝夫君 この結論を出す際に、特に私はほかに十三名の顧問があるというお話でしたが、安本長官からこの顧問の運用、運用と言つてはいけないかも知れませんが、一般の顧問と根本君の今回任命する顧問とは、僕らが考えて、多少違つたやり方をしようと思つているように考えられる。従つて率直にこの点は私は説明されて、そうして了解を求めるなら求める、この点がいいならいいで話してもらいたい、今のような、副長官としてはどうも言いにくいというか、言えない点もあるようで、奥歯に物の挾まつたような答弁をおつしやつては、満足できない点が私は多々あると思いますので、この点も一つ御配慮願いたいと思います。
#19
○兼岩傳一君 一つだけ注文しておきますが、これについて各会派が態度をきめられるときに、もう一遍政府は恐らく来られるでしようが、そのときに明日でも明後日でも回答願いたいと思うのです。外務省と一つ連絡をとつて、モスクワ行について治安その他について非常に御心配の外務省が、ビルマの治安状態についてどういうふうに考えておられるか、一つこの次の機会に外務省と連絡をとつて至急御回答願いたいと思います。
#20
○委員長(川村松助君) それでは相馬君の動議に対して御賛成のかたもあるようでありますから、各会派に持帰つて、一つ改めて御協議願うことに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○委員長(川村松助君) それではさよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#22
○委員長(川村松助君) 只今常任委員の辞任及び補欠に関する件の追加が参りました。お諮りいたします。
#23
○参事(河野義克君) 日本社会党第四控室から、予算委員の佐多忠隆君が辞任せられて、補欠として中田吉雄君を指名せられたいという申出がありました。
#24
○委員長(川村松助君) 只今御報告のありましたように承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○委員長(川村松助君) 御異議がなければ、さよう決定いたします。
  ―――――――――――――
#26
○事務総長(近藤英明君) 昨日の理事会の結果につきまして、便宜この機会に御報告申上げておきます。
 昨日の理事会におきましては、各常任委員会から要求を出されます議員派遣に関する派遣の基準についての問題と、緊急質問を許可することについての基準の問題、この二点についての一応の申合せができましたので、その結果について一応御報告いたします。
#27
○中村正雄君 ちよつと……。緊急質問の件は、全部片付いてから報告すると、こういうことになつておるので、必要の件だけの報告を伺いたいと思います。
#28
○事務総長(近藤英明君) それでは派遣に関する問題のきまつた点だけを申上げます。
 開会中の議員派遣の件につきましては、常任委員会みずからが派遣調整の原則並びに本会議運営の状況等を勘案して、自律的にこれを決定し、議院運営委員会はその各委員会間の調整に当る、かようなお申合せであつたと了承いたします。
#29
○委員長(川村松助君) 只今事務総長から御報告しましたことにつきまして御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#30
○委員長(川村松助君) 御承認のものと決定いたします。
  ―――――――――――――
#31
○委員長(川村松助君) 予算委員会のほうの関係を調整したいと思いますが……。先ほど岡崎国務大臣が来ておりましたけれども、二、三十分待つても集まらなかつたので、その間向うのほうから再三の迎えで一応帰りました。そこで一応休憩しておりまして、向うのほうから来てもらうように努力して、それから再開したいと思いますが、如何でございますか。
#32
○中村正雄君 それしか方法がないと思いますが、私非常に予算委員会のほうも関係あることと思いますが、やはり岡崎さんでなくてはいけないというわけではないんで、国務大臣の誰かに来てもらつてもいいわけです。ただ内閣のほうで岡崎君が一番適任であるという意味で派遣になつているのだろうと思うのです。これは内閣の御都合なんですから、予算委員会も運営委員会もそれぞれやつぱり重要な委員会だということに優劣はないと思います。それで二十分も待つておつても集まらないから帰つたとおつしやいますが、今まで運営委員会にしたつて、大臣の来る時間が二十分や一時間遅れることはいつもあつたことで、そういう、待つたんだけれども云々というのは困るわけです。併し予算委員会の都合上止むを得ないとすれば、次に一時なら一時に再開するということをきめて、是非とも国務大臣に出席を求めるように、委員長において御連絡願いたいと思います。
#33
○委員長(川村松助君) 承知しました。そういうふうにいたします。それでは一応休憩いたします。午後は一時から再開します。
   午前十一時十九分休憩
   〔休憩後開会に至らず〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト