くにさくロゴ
1951/06/16 第13回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第013回国会 農林委員会 第46号
姉妹サイト
 
1951/06/16 第13回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第013回国会 農林委員会 第46号

#1
第013回国会 農林委員会 第46号
昭和二十七年六月十六日(月曜日)
    午後二時二十二分開議
 出席委員
   委員長代理理事 平野 三郎君
   理事 遠藤 三郎君 理事 河野 謙三君
   理事 小林 運美君 理事 井上 良二君
      宇野秀次郎君   小笠原八十美君
      越智  茂君    小淵 光平君
      川西  清君    坂本  實君
      中馬 辰猪君    原田 雪松君
      高倉 定助君    竹村奈良一君
      足鹿  覺君
 出席政府委員
        林野庁長官   横川 信夫君
 委員外の出席者
        專  門  員 難波 理平君
        專  門  員 岩隈  博君
        專  門  員 藤井  信君
六月十六日
 委員原田雪松君及び上林與市郎君辞任につき、
 その補欠として小西英雄君及び足鹿覺君が議長
 の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
六月十四日
 農作物の凍霜害対策確立に関する請願(關内正
 一君外三名紹介)(第三六六二号)
 山形県下の土地改良事業費国庫補助増額等に関
 する請願(志田義信君紹介)(第三六六三号)
 桑園凍霜害対策確立に関する請願(關内正一君
 外三君紹介)(第三七四八号)
 農業倉庫建設資金融通に関する請願(松本善壽
 君紹介)(第三七七一号)
の審査を本委員会に付託された。
六月十日
 治山事業関係災害応急復旧事業費国庫補助の特
 例設定に関する陳情書(福岡県知事杉本勝次)
 (第二三四一号)
同月十四日
 農業団体再編成問題等に関する陳情書(佐賀県
 農業協同組合大会長坂井靖弘外一名)(第二四
 〇九号)
 農業委員会法改正等に関する陳情書(神奈川県
 農業委員協議会会長富田泰)(第二四一〇号)
 台風災害地帶農林水産業振興法制定に関する陳
 情書(和歌山県議会議長坂久五郎)(第二四一
 一号)
 東北開拓の振興に関する陳情書(開拓者連盟東
 北協議会長福田一外一名)(第二四一二号)
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 森林の虫害防除に関する件
    ―――――――――――――
#2
○平野委員長代理 これより農林委員会を開会いたします。
 この際井上良二君より森林の虫害の問題について質疑をいたしたいとの申出があります。これを許します。井上良二君。
#3
○井上(良)委員 森林虫害防除法が施行されまして、さしあたりこの政令で松食虫に対するいろいろの予防対策が講ぜられておりますが、最近本州の中央以西の各府県にわたりまして、くりたまばちと称する虫害が発生をいたしまして、非常な問題になつておるのであります。くりたまばちはたしか昭和二十年ごろから発生をしたのではないかと言われておりますが、爾来これが主として山口、広島、鳥取、島根、兵庫、大阪、京都、滋賀、奈良、岐阜、三重、和歌山、さらに最近では静岡から山梨、関東の地帯まで広がりまして、その被害面積は十数万町歩に及んでおり、被害本数は少くとも一億に上りはせぬかという状態になつておる。これが急激に蔓延を始めまして、しかも最近はまた非常に繁殖が旺盛で、せつかく利用樹に達しましたくりの木が、あるものは枯死し、またあるものはその病害のためにまつたくその成育を阻害され、くり樹の栽培によります山村民の収入の重要部分が、このために非常な損害を受けております。また山村民は御存じの通り、くりの実をとりまして、さらに鉄道のまくら木用材としてくりを使用されております関係もあり、さらにまた建築用材、あるいはまた他のいろいろの重要な用途に使われておりまする関係もあつて、これが山村の経済に及ぼす影響がきわめて重大でありまするが、何分にも交通不便な所であり、かつまた非常に民家が散在しております関係で、これら深刻な影響が中央の政治に反映する機会が少かつた関係で、今日までこれが放任されておりました。ただ部分的には、各県とも地元のこれら被害地帶の農村民を救済する立場から、また重要な木材資源を確保するという見地から、県の補助や指導によりまして、さしあたり被害を受けておりますくりの木の枝や葉を切つてしまう、あるいは被害が非常に深刻な樹木は切り倒してしまう、あるいは害虫を芟除する。そういう姑息的、部分的な対策しかできておりませんために、逆に被害がどんどん拡大をしておる、こういうことであります。
 そこで政府の方においても、これらの害虫被害に対していろいろ調査研究を遂げているらしいのですけれども、何分にも的確なる防除対策がまだ十分確立していないようにも承つております。しかしこれをこのまま防除せずに放任しておくということは非常な大問題を生んで参りますので、この際政府は経済的に非常に惠まれない山村の農民の経済的打撃を、できるだけ救済すると言いますか、さらにまたくりの実をとり、かつ鉄道のまくら木とし、建築用材とし、その他の重要ないろいろな用途に使われますくりの木を確保する見地から、このくりたまばちの防除に対して、せつかくできております森林病虫害の防除法の適用のうちに、このくりたまばちを取上げるというように、政令をこの際改正しまして、ただちに被害防除対策に関して必要な処置をとつてもらいたいと考えます。先般来被害地の各県の代表者が、それぞれ政府の方にもいろいろ陳情をされておるというお話も承つておりますので、この際政府はこのくりたまばちの防除対策について、いかなる処置をおとりになろうとするか。また具体的にどういう対策を進められておりますか、この際承つておきたいと思います。
#4
○横川政府委員 このくりたまばちの被害は、第二の松食虫の被害というように言われておりまして、ただいまお話の御趣旨にもございましたように、南は大分、福岡、九州地区から、現在では東京、神奈川まで蔓延をして参つているのであります。被害の材石にいたしまして一千万石を越えるような実情でございまして、今後このまま放置をいたしておきますれば、漸次その範囲を広め、かつ被害の程度もひどくなつて参るのではないかと、私どもは苦慮をいたしているのであります。昨年の予算編成にあたりましても、この被害防除の財政投資ということにつきまして、大蔵省とも数次にわたつて折衝を重ねたのでありますが、松食虫の駆除方法と同じように、この駆除の方法がきわめて原始的にならざるを得ない。お話もございましたように、山地にきわめて点々と生立いたしておりますくりの木でありますので、それに対して一々薬をかけて歩くというようなこともきわめて困難な実情であるのでございます。この被害は昭和二十年ごろから少しく猖獗をきわめかかつて参つたのでありますが、明治三十八年ごろにもこの被害が兵庫県地方に発生をいたしたことがあるのであります。当時土地の方々は勝ちぐりと称して、むしろ戰勝のお祝にこういうものが出たとさえ申して喜んでいたというような話もあるくらいであります。爾来そう山には発生を見なかつたのでありますが、最近に至りまして先ほど申し上げましたように猖獗をきわめて参つているのであります。このくりたまばちの成虫は二ミリ半くらいのきわめて小さなはち類でありまして、その飛びます区域もそう広くはない。大体風に乗りますと一キロくらい移動できるのではないかというふうに推測されているのでありますが、そう広くない区域にだんだん蔓延して参つたわけなのであります。薬をかけますと駆除ができるのでありますが、先ほど来の説明で御了解願つたのでありますが、なかなかそれも困難であります。やはり虫瘤のつきました枝を切りまして、それを焼き捨てるという方法よりほかに、的確な、かつ実質的な駆除方法がないのであります。現在でも府県によりましては県單独で補助金を出しまして虫瘤を集めた者に支払うというような措置を講じているのであります。私どもといたしましては、できるだけ近い機会にこれを予算化いたしまして、国庫の補助の裏づけをいたして参りたいと考えているのであります。また駆除をいたしますと同時に、幸いにこの虫に強い品種がございます。たとえばぎんよせというような品種がございますが、このぎんよせというような品種をこの虫のついた木を切つてそこに継ぎ木をするというようなこともあわせて行つて参りたいと考えているのであります。もちろん補助金を出します際には、当然政令を改正いたしまして支出をするようにいたして参りたいと考えております。
#5
○井上(良)委員 いろいろ詳しい御答弁をいただいたのですが、たとえば具体的に予算化をいたします場合に、大体どのくらいの予算を必要とする見込みでありますか。たとえばそういう被害木を切り捨てるといいますか、あるいはまた虫瘤にかかつております枝葉を取除くといいますか、そういうことの処置をいたしますための予算化の具体的な方法、それから政府で考えております予算の額はおよそどのくらいを見積つておりますか。それからその予算化されますのは、次期の国会に補正予算として出す予定でございますか。それらの点をひとつ承つておきたいと思います。ごらんの通り單に野生で森林内部にありますくりの木の場合には、さほど農民も真劍には考えませんが、実はくりの実を採取することを目的としたり、あるいはまたまくら木等にとりますためにいろいろ利用しております地帯にとりましては、この虫害のために農家が非常な大きな経済的打撃をこうむつておりますから、そういうくりの木を培栽をしまして、くりの実をとつて、農家経済をそれによつて相当補つておる地帶に対しましては、特に集中的に対策を講じていただくようにしていただきませんと、せつかくの政府の政策が効果が薄くなるようになりますから、そういう点についても十分御考慮を願いたいと思いますので、今申した点について御説明をいただきたいと思います。
#6
○横川政府委員 一応各府県から出て参りました資料を集計いたしますと、現在被害を受けております材石が一千五十八万二千石となつております。もつとも先ほど来申し上げましたように、そのうちの山奧に転々としてありますもので駆除のでき得ないものもあるかと考えますので、その七割を駆除するという見通しを立てております。七百四十万七千石、大体その程度を駆除する考えでおるのであります。單価といたしまして国費は一石当り四十円という見込みであります。それに大体防除の事務費を加えまして、三億一千百万円程度の国庫補助を必要とするのではないかというふうに考えております。先ほど申し上げましたように、この予算的措置はできるだけ早い機会に考えております。補正予算の機会がありますれば、ぜひその際に支出ができ得ますように、大蔵省とただいま折衝を続けておるところであります。
#7
○井上(良)委員 もう一点伺います。ただいま非常に詳しく予算化の点についての御説明をいただきましたが、この駆除は松食虫と一緒で、相当根強く年次計画を立てまして、防除対策をいたしませんと、ほんとうに絶滅をすることがむずかしいのじやないかと思います。大体来年からそういうぐあいで予算が認められまして、政府の指導のもとに積極的にこれが実施に当るにつきまして、少くとも継続的に実行して行かなければならぬのではないかと考えますから、それらの点についても、十分対策を立てていただくように希望しておきたいと思います。なおこれらのことについて、実際各県ともに地帶が地帶であるだけに、また非常に山間部であるということから見まして、実際の調査、指導というものが非常に不活発になる危険がございますから、それらの点についても十分ひとつ御考慮を願いまして、せつかく政府が力を入れてやるのですから、実効が上るようにお願いをいたしておきたいと思います。
#8
○横川政府委員 ただいまのお話のように、この害虫を駆除いたしまするのには、一年や二年ではとうてい完全には参らぬと考えておるのでありまして、お話のように継続的に絶滅ができ得まするまで、続けて参りたいと考えております。なお先ほどの御質問のうちにございました、栽培しておるものを優先的に取上げて早く駆除しろというお話がございましたが、私どももさようなつもりで取扱うつもりでございます。
#9
○小笠原委員 こんなりつぱな本を出されるというのには、相当な時間がかかつたと思います。こんなけしからぬ虫は一体いつ生れて、いつ発見したのですか。
#10
○横川政府委員 昭和二十年ごろに兵庫県に出たのでありますが、その後蔓延いたして参つておるのであります。古くは明治三十八年にも発生いたしたことがあるのでありますが、これはまもなく終熄をいたしたという記録がございます。これもできるだけ早く終熄をさせたいと努力いたしておるところでございます。
#11
○小笠原委員 これくらい恐しいものであつたならば、これに対する予算なんか前に大蔵省と折衝があつたのじやないですか。あつたとしても、大蔵省がらちが明かぬで今までひつぱつて来たというのですか、その内容はどんなものですか。
#12
○横川政府委員 昨年も折衝を重ねたのでありますが、松食虫の駆除と同じように、なかなか適当なきめ手がないのであります。やはりきわめて原始的な虫瘤をとつて焼き捨てるような方法であります。もう少し科学的な駆除方法がないかと思つて検討いたしております間に、かような事態になつてしまつたのでございまして、できるだけ早く駆除を完成いたしたいと考えております。
#13
○小笠原委員 ちよつと焼き捨てるということの駆除の方法ですが、木のまま焼き捨てるのですか。木のまま焼いてしまうというと、枕木なども一つもできなくなつてしまう。こういうものは枝葉を部分的に焼き捨てるということはできないものでしようか。
#14
○横川政府委員 この虫は、枝についております次の年の葉の芽で、腋芽といいますが、これにつくのでありまして、木を切るのではないので、虫のついている枝だけ切るのであります。
#15
○平野委員長代理 他に御発言はございませんか――別段御発言もないようでありますから、暫時休憩いたします。
    午後二時四十五分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は開会に至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト