くにさくロゴ
1951/05/24 第13回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第013回国会 本会議 第45号
姉妹サイト
 
1951/05/24 第13回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第013回国会 本会議 第45号

#1
第013回国会 本会議 第45号
昭和二十七年五月二十四日(土曜日)
 議事日程 第四十四号
    午後一時開議
 第一 農産物検査法を改正する法律案(河野謙三君外二十三名提出)
    ―――――――――――――
●本日の会議に付した事件
 労働関係調整法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 労働基準法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 地方公営企業労働関係法案(内閣提出)
    午後九時四十分開議
#2
○議長(林讓治君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○福永健司君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、労働関係調整法等の一部を改正する法律案、労働基準法の一部を改正する法律案、地方公営企業労働関係法案、右三案を一括議題となし、労働委員長の報告を求め、ぞの一審議を進められんことを望みます。
#4
○議長(林讓治君) 福永君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○議長(林讓治君) 御異議なしと認めます。よつて日程は追加せられました。
 労働関係調整法等の一部を改正する法律案、労働基準法の一部を改正する法律案、地方公営企業労働関係法案、右三案を一括じて議題といたします。委員長の報告を求めます。労働委員長島田末信君。
    〔島田末信君登壇〕
#6
○島田末信君 ただいま議題となりました労働関係調整法等の一部を改正する法律案、地方公営企業労働関係法案及び労働基準法の一部を改正する法律案につきまして、労働委員会における審査の経過と結果を御報告いたします。
 終戰以後、わが国の労働立法は、労働組合法、労働関係調整法、労働基準法、公共企業体労働関係法等が順次に制定され、戰前に比すれば飛躍的な発展充実を遂げ、これらの労働立法によつて労働者の利益は擁護せられ、その福祉は増進し、またわが国の民主化の促進強化に大いに貢献したのであります。しかしながら、平和條約の効力が発生し、わが国の経済自立が特に緊要となつた今日においては、産業平和を維持し、労働生産性を高め、もつて日本経済の再建をするために、労働法規に再検討を加えることが必要であります。政府は、この点にかんがみまして、昨年秋、労働関係法令審議委員会及び労働基準審議会に対し、改正すべき諸点につき諮問し、それらの答申を検討の上、今次改正案を立案し、本国会に提出いたしたのであります。
 以下、法案の大要を申し上げたいのでありまするが、詳細は、時間の関係上、議長の許可を得て速記録に掲載することといたします。
 これら三個の法案は、五月十八日、本院に提出せられ、同日労働委員会に付託されたのであります。労働委員会は、十四日に政府より提案の理由について説明を聽取し、引続き連日八回にわたり審査を続けました。さらに、この間、十九、二十日の両日公聽会を開き、利害関係者及び学識経験者合せて十四名より意見を聞き、なおこれを補足するため、二十一日に二名の参考人より意見を聞くなど、愼重に審査をいたしたのであります。
 次に、委員会の審査の際に述べられました最も重要な問題数個につき、その質疑と政府の答弁について申し述べたいのでありますが、これまた詳細は議長の許可を得て速記録に掲載することといたします。
 かくて、五月二十三日質疑を終局いたしましたが、本二十四日、政府提出の三個の法案のおのおのに対し、改進党、日本社会党並びに社会党第二十三控室及び労働者農民党その他より、それぞれ一個、合計九個の修正案が提出されました。それらの修正案の内容は記録によつて御承知を願います。
 労働委員会は、以上各修正案の趣旨説明を、森山欽司君、前田種男君及び青野武一君より順次聽取の後、政府原案及び各修正案を一括して、これらに対する討論に入りましたところ、天野公義君は自由党を代表して政府原案に賛成、各修正案に反対の意を表しました。次いで石田一松君は、改進党の修正案の全部及び日本社会党の修正案の一部に賛成、政府原案に反対の意を表し、熊本虎三君は、政府原案に反対、日本社会党の修正案の全部及び他党の修正案の一部に賛成し、柄澤登志子君は、政府原案及び各修正案に対し反対の意を表しました。また青野武一君は、日本社会党第二十三控室外提出の修正案に賛成、政府原案に反対し、中原健次君は、政府原案並びに改進党及び日本社会党の修正案に反対、日本社会党第二十三控室外提出の修正案に賛成の意を表しました。
 かくて、討論を終局し、各修正案及び政府原案を採決に付しましたところ、各修正案は全部否決され、政府原案が多数をもつて可決されました。
 右御報告いたします。(拍手)
#7
○議長(林讓治君) 三案に対しては、森山欽司君、前田種男君及び青野武一君からそれぞれ成規により修正案が提出されております。この際順次修正案の趣旨弁明を許します。森山欽司君。
    〔森山欽司君登壇〕
#8
○森山欽司君 改進党を代表して、今回政府の提出いたしました労働法改正に対する修正案の趣旨弁明をいたします。(拍手)
 政府の今回の改正案は、今日の労働法における緊急の問題点に何ら触れることなく、これを根本的に解決する態度がまつたく見られないのであります。(拍手)特に、去る五月十六日、労働委員会の席上において、木村法務総裁は、ゼネス下禁止立法をでき得る限り今国会に提出するよう準備中であるという重大な言明を行つたのであります。しかも、今回の政府の労働三法に関する改正案の中には、緊急調整のごとき、争議権の実質的制限ないし禁止が課せられておることは、健全な労働運動の伸長を祈念する立場からは、とうていこれを容記することができないのであります。(拍手)また公共企業体労働関係法上、従来最も問題となつた仲裁裁定――今日までの国鉄裁定あるいは専売裁定の際に最も問題になりましたこの裁定の政府に対する拘束性等の問題についても何ら触れることがなかつたのであります。さらに労働基準法において、珪肺病のごとき特殊の職業病に対して配慮を求める労働者の声が熾烈をきわめておるにもかかわらず、これに一顧だも與えず、安易なる改正態度をもつて臨んだことは、とうていこれを看過することができないのであります。よつて、わが党はこれに対し、大要左のごとき修正を行わんとするものであります。もしこれが認められないときは、今回の労働法改正に反対せざるを得ないことを、はなはだ遺憾とするものであります。(拍手)以下、概略について申し上げますと、政府の意図する実質的ゼネスト禁止立法である緊急調整を全面的に削除し、現行の職権調停及び労働大臣等の調停請求制度を活用する労調法第十八條四号、五号をそのまま存置するのであります。この場合は、公益事業のみならず、それ以外の大規模争議についても、中央労働委員会の意見を聞いて、国民生活に重大な損害を與えると認められるものは冷却期間を設ける、すなわち労調法第三十七條第一項を改正するのであります。右のほか、公益事業における争議行為については、従来の冷却期間制度を廃し、労働大臣等への十五日間の予告制度をもつてかえる、すなわち労調法第三十七條第一項の改正であります。以上の緊急調整の全面削除、以下主要点おおむね六点、その他細部の点については、別にわれわれの修正案を十分御検討願いたいと思う次第であります。
 さて、現行の労働法は、労働法理論の上からはきわめて不備が多いのであります。なかんずく、占領下において加えられた制約は、新憲法下において公共の福祉を考慮いたしましても、純粋の労働法体系としては調和がとれておらないのであります。従つて、これは独立とともに根本的に再検討されなければならないのであります。しかしながら、われわれは国会において立法の作業をやつておるのであつて、学説の争いをやつておるのではありません。学問には妥協はないが、立法には妥協があると古人も言つておるのであります。
 さらに、今日の労働界の現状を見るならば、総評、労闘は、破防法反対を中心として第一波、第二波のストを実行し、今後労働法改正に反対をいたしまして、第三波のス下を計画しつつあるのであります。このストの是非はともかくといたしまして、これは一面から見るならば、総評左派の政治的偏向のもとに労働者の階級的結集を固めんとする行為となつていることは、いなめない事実であります。しかし、他の面には、健全なる労働運動に結集する労働者といえども、緊急調整の持つゼネスト禁止法的性格に対し、争議権を守るために正当にも闘わねばならぬ立場に立つておることは、見のがすことができないのであります。しかも、一方、政府與党に、この正当なる反対をも、強権をもつて、あえて多数を頼んで押えようという反動があることを、私どもは指摘せざるを得ないのであります。(拍手)
 このような現状において、われわれは、独立後のわが国自立経済の発展と、健全なる組合運動を中心とすべきわが国労働界の将来のために、このような衝突は好ましくないという立場において、何とかこれを回避せんとして、あえて最大の努力を傾けたものでありました。われわれは、この見地から與野党の労働委員の意向を打診し、意見の調整を試みたのであります。これに対し、社会党右派の諸君は、いろいろな難点はあつたのでありますけれども、自由党の諸君にして改進党修正案に対して十分なる考慮を拂うならば、われわれも考慮しようという態度をとり、また自由党の労働委員の諸君も、社会党にしてこの改進党の修正案に対して十分考慮するならば、われわれもこれに対して十分な考慮を拂うというようなことになつたのであります。これに対する折衝は、昨日並びに本日午前中かかつたのであります。この結果、本二十四日午前、自由、改進、社会右派の三党会談を開いて、わが党の修正案を中心として最終的な調整を試みたのであります。特に右派社会党においては、忍びがたき立場にあるのではありまするけれども、わが改進党の修正案に対しましてまさに同調せんといたしましたその一せつな、自由党はいかなる修正をも拒否するという、まことに意外なる態度に出ましたために、調整は遂に失敗に終つたのであります。(拍手)
 何ゆえわれわれの努力がこのように失敗に終つたか。これはあげて與党自由党の反動的な態度にあるのであります。(拍手)多数を頼んで弱肉強食的な放任政策を行つておるのであります。安本長官はパンにはみそをつけて食えと言い、池田大蔵大運は貧乏人は麦を食えと言い、中小企業者の二人や三入は死んでもかまわないと言つたのは、天下周知の事実であります。これは、社会における弱者に対する愛情の欠けた政治の現われであります。しかも、弱い者の正しい意見を取上げない
 のであります。金権万能であります。労働者なら何でも敵視するという頑迷な労働感覺であります。
 吉田総理は、かつて、一部の労働階級に対して不逞の徒という言葉を使つたのでありますが、私はむしろ不逞のやからたる自由党を糾弾せざるを得ないのであります。特に独立後の自立経済における労使関係の重要性にもかかわらず、労働法のみならずすべてにおいて労働政策がなつておらないのであります。一例をあげてみるならば、今日世界いずれの国においても見ることができるところの労働者住宅政策のごときは、今日の日本において、その一片すら発見することができないのであります。(拍手)
 このようにして、われわれの努力は遂に水泡に帰しました。しかも、なおかつわれわれがあえて本修正案を提出するゆえんのものは、もし時間の余裕があるならば、より一層詳細の点にわたつて改正も試みたいし、またわが党独自の立場においても、さちにこれに附加すべき点を提案したいにもかかわらず、自由党は本日この採決を強行しようとしつつあるのであります。運営委員会において、議員の出席が悪いということをあえて指摘せんとした與党の諸君は、定足数を欠いて、この本会議を開くにも、この時間までこの醜態を呈しているのであります。(拍手)よつて、われわれは今後の修正については参議院の同志に讓つて、とりあえずこのような大筋のみの修正を提案するということにとどめ、またそれが現在の事態においてきわめて緊要であると私は確信いたします。(拍手)
 すなわち、本修正案提案までの経過にかんがみるならば、総評、労闘といえども、あえて全面的にまつ正面からこれに反対の意向を表明し得なかつたのであります。われわれは、もし国会における政治家が、講和発効直後の重大なる段階と、国家の長き将来を思い、賢明なる態度をとり、超党派的な立場において事に処したならば、あえて改悪反対を唱えるところの労働者の支持をも受けたに違いなかつたと確信するのであります。(拍手)
 もちろん、これは本院においては、遺憾ながら少数をもつて否決されるでありましよう。しかしながら、労働法改正が参議院において難航することは、今や必至であります。すでに会期まさに終らんとしつつあります。これをかりに一箇月延長するも、おそらく自由党の原案をもつていたしましては、この法案が野たれ死にすることは、私があえて予言してはばからぬところであります。(拍手)また、万が一参議院において審議未了のうき目を免れ得たといたしましても、もし何らかのまとまりを見せるならば、それはおそらくわが党の修正案以上のきびしいものでありましよう。(拍手)少くともわが党の修正案を出るものではないであろうということは、ここにおられる満場の諸君が、與野党を問わず、ひとしく認めるところであります。(拍手)その意味において、この修正案は、衆議院の意思たらずとも、やがて国会の意思として表現されるに違いないことを私は明確に予言し、私の提案理由の説明を終るものであります。(拍手)
#9
○議長(林讓治君) 前田種男君。
    〔前田種男君登壇〕
    〔「案件の配付がなくて何を審議するか」と呼び、その他発言する者、離席する者多く、議場騒然〕
#10
○議長(林讓治君) 前田種男君の登壇を許しましたが、この際暫時休憩いたします。
    午後十時六分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩の後は会議を開くに至らなかつた〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト