くにさくロゴ
2021/11/10 第206回国会 参議院 第206回国会 参議院 議院運営委員会 第1号 令和3年11月10日
姉妹サイト
 
2021/11/10 第206回国会 参議院

第206回国会 参議院 議院運営委員会 第1号 令和3年11月10日

#1
令和三年十一月十日(水曜日)
   午前九時四十分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         水落 敏栄君
    理 事         高橋 克法君
    理 事         長谷川 岳君
    理 事         山下 雄平君
    理 事         森本 真治君
    理 事         吉川 沙織君
    理 事         竹谷とし子君
    理 事         浜野 喜史君
    理 事         東   徹君
    理 事         倉林 明子君
                朝日健太郎君
                小野田紀美君
                佐藤  啓君
                清水 真人君
                本田 顕子君
                松川 るい君
                元榮太一郎君
                森 まさこ君
                木戸口英司君
                鉢呂 吉雄君
                横沢 高徳君
                高橋 光男君
                安江 伸夫君
                田村 まみ君
                石井  章君
    ─────────────
   委員の異動
 十一月十日
    辞任         補欠選任
     木戸口英司君     宮口 治子君
     鉢呂 吉雄君     長浜 博行君
     森本 真治君     野田 国義君
     竹谷とし子君     河野 義博君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         水落 敏栄君
    理 事
                高橋 克法君
                長谷川 岳君
                山下 雄平君
                野田 国義君
                森本 真治君
                吉川 沙織君
                河野 義博君
                竹谷とし子君
                浜野 喜史君
                東   徹君
                倉林 明子君
    委 員
                朝日健太郎君
                小野田紀美君
                佐藤  啓君
                清水 真人君
                本田 顕子君
                松川 るい君
                元榮太一郎君
                森 まさこ君
                長浜 博行君
                宮口 治子君
                横沢 高徳君
                高橋 光男君
                安江 伸夫君
                田村 まみ君
                石井  章君
        ─────
       議長       山東 昭子君
       副議長      小川 敏夫君
        ─────
   事務局側
       事務総長     岡村 隆司君
       事務次長     小林 史武君
       議事部長     金子 真実君
       委員部長     大蔵  誠君
       記録部長     中内 康夫君
       警務部長     八鍬 敬嗣君
       庶務部長    加賀谷ちひろ君
       管理部長     伊藤 文靖君
       国際部長     三澤  康君
       企画調整室長   金澤 真志君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○内閣総辞職に関する報告
○元議員故橋本敦君に対する弔詞に関する件
○常任委員長の辞任及び補欠選任の件
○特別委員会に関する件
○本日の本会議の議事に関する件
○理事補欠選任の件
○小委員会に関する件
○今期国会の会期に関する件
○本日の再開後の本会議の議事に関する件
    ─────────────

#2
○委員長(水落敏栄君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、事務総長から内閣総辞職に関する報告がございます。

#3
○事務総長(岡村隆司君) 本日午前九時十九分、岸田内閣総理大臣から本院議長宛て、内閣は本日総辞職することに決定した旨の通知書を受領いたしました。
 以上、御報告申し上げます。
    ─────────────

#4
○委員長(水落敏栄君) 次に、元議員故橋本敦君に対する弔詞に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。

#5
○事務総長(岡村隆司君) 橋本敦元参議院議員には、去る八月二十九日、逝去されました。謹んで御報告いたします。
 本委員会の理事会におきましては、協議の結果、お手元にお配りしてございます案文の弔詞をささげることに決定いたした次第でございます。

#6
○委員長(水落敏栄君) 本件につきましては、ただいまの事務総長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#7
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#8
○委員長(水落敏栄君) 次に、常任委員長の辞任及び補欠選任の件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。

#9
○事務総長(岡村隆司君) 御報告申し上げます。
 お手元の資料のとおり、本日、経済産業委員長外四委員長から、それぞれ委員長辞任の申出がございました。
 各委員長の後任につきましては、立憲民主・社民及び国民民主党・新緑風会から、それぞれお手元の資料のとおり推薦されております。
 以上でございます。

#10
○委員長(水落敏栄君) ただいまの事務総長報告のとおり、委員長の辞任を許可し、その補欠の選任を行うこととし、その選挙は手続を省略して議長において指名することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#11
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#12
○委員長(水落敏栄君) 次に、特別委員会に関する件を議題といたします。
 災害対策特別委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会、政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、政府開発援助等に関する特別委員会並びに東日本大震災復興特別委員会の設置についてお諮りいたします。
 本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり特別委員会を設置することに意見が一致いたしました。
 理事会申合せのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#13
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
 次に、地方創生及び消費者問題に関する特別委員会の設置についてお諮りいたします。
 本件につきましては、お手元の資料のとおり特別委員会を設置することに賛成の諸君の起立を願います。
   〔賛成者起立〕

#14
○委員長(水落敏栄君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ─────────────

#15
○委員長(水落敏栄君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#16
○事務総長(岡村隆司君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、日程第一 議席の指定でございます。議長は、仮議席のとおり議席を指定されます。
 次に、新議員の紹介でございます。議長は、新たに議席に着かれました比例代表選出議員比嘉奈津美君、選挙区選出議員山口県選出北村経夫君、選挙区選出議員静岡県選出山崎真之輔君、比例代表選出議員竹内功君を紹介されます。
 次に、元議員橋本敦君逝去につき哀悼の件でございます。弔詞をささげることにつきまして異議の有無をもってお諮りいたしました後、議長は弔詞を朗読されます。その際、一同御起立をお願いいたします。
 次に、常任委員長辞任の件でございます。お手元の資料のとおり各常任委員長申出の委員長辞任を許可することを異議の有無をもってお諮りいたします。辞任が許可されますと、常任委員長の選挙を行います。まず、選挙はその手続を省略し議長において指名することを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、議長は、お手元の資料のとおり各常任委員長を指名されます。
 次に、特別委員会設置の件でございます。災害対策特別委員会外六特別委員会の設置についてお諮りいたします。採決は二回に分けて行います。まず、災害対策特別委員会外五特別委員会の設置について異議の有無をもってお諮りし、次いで、地方創生及び消費者問題に関する特別委員会の設置について起立採決をもってお諮りいたします。特別委員会を設置することに決しますと、議長は、議席に配付いたしました氏名表のとおり特別委員を指名されます。
 以上をもちまして一旦休憩いたします。休憩前の所要時間は約十分の見込みでございます。

#17
○委員長(水落敏栄君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#18
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
 なお、予鈴は午前九時五十五分、本鈴は午前十時でございます。
 暫時休憩します。
   午前九時四十五分休憩
     ─────・─────
   午前十一時二十八分開会

#19
○委員長(水落敏栄君) ただいまから議院運営委員会を再開いたします。
 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い理事が二名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。
 割当て会派推薦のとおり、野田国義君及び河野義博君を理事に選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#20
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
    ─────────────

#21
○委員長(水落敏栄君) 次に、小委員会に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、お手元の資料のとおり庶務関係小委員会及び図書館運営小委員会を設置することに意見が一致いたしました。
 理事会申合せのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#22
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
 次に、小委員といたしまして、割当て会派からお手元の資料のとおり推薦がございました。
 割当て会派推薦のとおり小委員を選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#23
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
 次に、両小委員会の小委員長の選任を行います。
 選任は、これを委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#24
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認めます。
 それでは、庶務関係小委員長に森まさこさんを、また、図書館運営小委員長に長浜博行君を、それぞれ指名いたします。
 なお、今後の小委員の辞任の許可及び補欠選任の取扱いにつきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#25
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
    ─────────────

#26
○委員長(水落敏栄君) 次に、今期国会の会期に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。

#27
○事務総長(岡村隆司君) 本日午前十一時十一分、衆議院から本院議長に対しまして、今期国会の会期を十一月十二日までの三日間とすることについて協議がございました。
 議長におかれましては、先ほど、常任委員長懇談会を招集され、会期の件を諮られましたところ、各委員長、調査会長及び憲法審査会会長とも会期を三日間とすることに御異論がなかった次第でございます。
 以上、御報告申し上げます。

#28
○委員長(水落敏栄君) この際、お諮りいたします。
 今期国会の会期を十一月十二日までの三日間とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#29
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
    ─────────────

#30
○委員長(水落敏栄君) 次に、本日の再開後の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#31
○事務総長(岡村隆司君) 御説明申し上げます。
 再開後の議事は、最初に、日程第二 会期の件でございます。議長から、今期国会の会期を三日間とすることについて、起立採決をもってお諮りいたします。
 次に、日程第三 内閣総理大臣の指名でございます。本指名は記名投票をもって行います。投票の過半数を得た者が内閣総理大臣に指名された者となります。投票の過半数を得た者がないときは、投票の多数を得た者二人について決選投票を行います。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。再開後の所要時間は、投票が一回の場合は約三十分の見込みでございます。

#32
○委員長(水落敏栄君) ただいまの事務総長説明のとおり再開後の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#33
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
 なお、予鈴は午後二時四十分、本鈴は午後二時四十五分でございます。
 また、ベル調整の可能性がありますので、あらかじめ御承知おきいただきたいと思います。
 暫時休憩いたします。
   午前十一時三十二分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト