くにさくロゴ
2021/06/04 第204回国会 参議院 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第34号 令和3年6月4日
姉妹サイト
 
2021/06/04 第204回国会 参議院

第204回国会 参議院 議院運営委員会 第34号 令和3年6月4日

#1
令和三年六月四日(金曜日)
   午前九時四十分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         水落 敏栄君
    理 事
                高橋 克法君
                長谷川 岳君
                山下 雄平君
                森本 真治君
                吉川 沙織君
                竹谷とし子君
                東   徹君
                浜野 喜史君
                倉林 明子君
    委 員
                岩本 剛人君
                加田 裕之君
                清水 真人君
                本田 顕子君
                三浦  靖君
                宮崎 雅夫君
                森 まさこ君
                山田 太郎君
                木戸口英司君
                鉢呂 吉雄君
                横沢 高徳君
                下野 六太君
                高橋 光男君
                石井  章君
                田村 まみ君
        ─────
       議長       山東 昭子君
       副議長      小川 敏夫君
        ─────
   事務局側
       事務総長     岡村 隆司君
       事務次長     小林 史武君
       議事部長     金子 真実君
       委員部長     金澤 真志君
       記録部長     中内 康夫君
       警務部長     大蔵  誠君
       庶務部長    加賀谷ちひろ君
       管理部長     伊藤 文靖君
       国際部長     三澤  康君
   国立国会図書館側
       館長       吉永 元信君
       総務部長     片山 信子君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○国会職員法及び国家公務員退職手当法の一部を
 改正する法律案(衆議院提出)
○国会職員の給与等に関する規程及び国会職員の
 勤務時間、休暇等に関する規程の一部改正に関
 する件
○参議院職員等苦情処理規程の一部改正に関する
 件
○国立国会図書館職員苦情処理規程の一部改正に
 関する件
○国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正
 に関する件
○本会議における調査会の中間報告に関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ─────────────

#2
○委員長(水落敏栄君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、国会職員法及び国家公務員退職手当法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#3
○事務総長(岡村隆司君) 便宜私から御説明申し上げます。
 本案は、政府職員に準じて、国会職員の定年を段階的に六十五歳に引き上げる等の措置を講じようとするものでございます。
 以上でございます。

#4
○委員長(水落敏栄君) これより採決を行います。
 本案に賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕

#5
○委員長(水落敏栄君) 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#6
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定します。
    ─────────────

#7
○委員長(水落敏栄君) 次に、国会職員の給与等に関する規程及び国会職員の勤務時間、休暇等に関する規程の一部改正に関する件、参議院職員等苦情処理規程の一部改正に関する件、国立国会図書館職員苦情処理規程の一部改正に関する件及び国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件の四件を一括して議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#8
○事務総長(岡村隆司君) 御説明申し上げます。
 まず、国会職員の給与等に関する規程及び国会職員の勤務時間、休暇等に関する規程の一部改正に関する件でございますが、本件は、政府職員に準じて、六十歳を超える国会職員の給与等について所要の措置を講じようとするものでございます。
 次に、参議院職員等苦情処理規程の一部改正に関する件及び国立国会図書館職員苦情処理規程の一部改正に関する件でございますが、両件は、国会職員法の改正に伴い、所要の規定の整備を行おうとするものでございます。
 最後に、国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件でございますが、本件は、国家公務員退職手当法の改正に伴い、所要の規定の整理を行うものでございます。
 以上でございます。

#9
○委員長(水落敏栄君) これより採決を行います。
 まず、国会職員の給与等に関する規程及び国会職員の勤務時間、休暇等に関する規程の一部改正に関する件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに賛成の諸君の起立を願います。
   〔賛成者起立〕

#10
○委員長(水落敏栄君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、参議院職員等苦情処理規程の一部改正に関する件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに賛成の諸君の起立を願います。
   〔賛成者起立〕

#11
○委員長(水落敏栄君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、国立国会図書館職員苦情処理規程の一部改正に関する件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり承認することに賛成の諸君の起立を願います。
   〔賛成者起立〕

#12
○委員長(水落敏栄君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
 次に、国会議員の秘書の退職手当支給規程の一部改正に関する件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#13
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#14
○委員長(水落敏栄君) 次に、本会議における調査会の中間報告に関する件を議題といたします。
 去る二日、国際経済・外交に関する調査会長から国際経済・外交に関する調査の中間報告書が、国民生活・経済に関する調査会長から国民生活・経済に関する調査の中間報告書が、また、資源エネルギーに関する調査会長から原子力等エネルギー・資源に関する調査の中間報告書が、それぞれ提出されました。
 つきましては、本日の本会議において、各調査会長からこれらの報告を聴取することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#15
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#16
○委員長(水落敏栄君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#17
○事務総長(岡村隆司君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、日程第一 重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律案の趣旨説明でございます。小此木国務大臣から趣旨説明があり、これに対し、和田政宗君、木戸口英司君、三浦信祐君、柴田巧君、大塚耕平君、田村智子君の順に質疑を行います。
 次に、日程第二ないし第四を一括して議題とした後、外交防衛委員長が報告されます。採決は二回に分けて行います。まず日程第二を採決し、次いで日程第三及び第四を一括して採決いたします。
 次に、日程第五について、災害対策特別委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第六について、内閣委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第七について、国土交通委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第八について、環境委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第九について、総務委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第一〇について、厚生労働委員長が報告されます。次いで、打越さく良君、倉林明子君各々十分の討論の後、採決いたします。
 次に、先ほど本委員会を議了いたしました国会職員法及び国家公務員退職手当法改正案の緊急上程でございます。まず、本案を日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、議院運営委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、国際経済・外交に関する調査、国民生活・経済に関する調査及び原子力等エネルギー・資源に関する調査の中間報告でございます。これらは、その都度、中間報告を聴取することを異議の有無をもってお諮りいたしました後、それぞれ調査会長が報告されます。
 なお、本日の議案については、いずれも起立採決いたします。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約二時間五十分の見込みでございます。

#18
○委員長(水落敏栄君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#19
○委員長(水落敏栄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、予鈴は午前九時五十五分、本鈴は午前十時でございます。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十七分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト