くにさくロゴ
2021/05/11 第204回国会 衆議院 第204回国会 衆議院 情報監視審査会 第4号 令和3年5月11日
姉妹サイト
 
2021/05/11 第204回国会 衆議院

第204回国会 衆議院 情報監視審査会 第4号 令和3年5月11日

#1
衆議院情報監視審査会規程第二十九条第四項に基づく会議録
    ―――――――――――――
令和三年五月十一日(火曜日)
    午後三時十三分開議
 出席委員
   会長 松野 博一君
      山口 俊一君    高市 早苗君
      柴山 昌彦君    盛山 正仁君
      大島  敦君    津村 啓介君
      太田 昭宏君
    …………………………………
   議長           大島 理森君
   副議長          赤松 広隆君
   衆議院情報監視審査会事務局長           佐藤 憲仁君
    ―――――――――――――
五月十一日
 令和二年年次報告書を議長に提出した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 令和二年年次報告書に関する件
     ――――◇―――――

#2
○松野会長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 令和二年年次報告書に関する件について議事を進めます。
 本件につきましては、運営協議会等における協議に基づき、お手元に配付のとおり、報告書案を作成いたしました。
 本報告書案の趣旨について御説明を申し上げます。
 当審査会は、衆議院情報監視審査会規程第二十二条第一項に基づきまして、毎年一回、調査及び審査の経過及び結果を記載した報告書を作成し、会長からこれを議長に提出するものとされております。
 今回の報告書案の対象期間は、令和二年二月一日から本年三月三十一日までであります。この間に調査等の審査会を九回開会いたしました。なお、委員会等からの審査の申出はありませんでした。
 まず、調査の経過の概要について申し上げます。
 昨年六月、政府から国会報告の提出があり、当時の衛藤国務大臣から同報告について説明を聴取するとともに、政府に対し、調査に必要となる資料提出を要求いたしました。
 その後、十月召集の臨時会においては、特定秘密保護制度の運用や管理の適正確保のための検証・監察等について、内閣情報調査室及び独立公文書管理監から説明を聴取し、質疑を行いました。以降、四回にわたり、実際に特定秘密を指定している十二の指定行政機関から、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況等についてそれぞれ説明を聴取し、質疑を行いました。
 次に、調査の結果としての政府に対する当審査会の意見について申し上げます。
 当審査会として、政府が早急に対応することを求めるものは四項目であり、その主な内容は、各行政機関は、改正運用基準に鑑み、当審査会がその調査に関し特定秘密の指定等の適正性を判断する過程において必要があると認め、説明を求めた場合には、特定秘密以外の不開示情報についても積極的に説明するなど、なお一層真摯に対応すること、各指定行政機関においては、改正運用基準を踏まえ特定秘密指定管理簿の概要部分を修正する場合には、より具体的な記述内容となっているか、よく精査すること、特定秘密文書の誤廃棄事案が複数発生していることから、各行政機関においては、これまで以上に緊張感を持って特定秘密文書の管理に当たること、適合事業者に特定秘密を提供等している行政機関においては、情報漏えいの防止の観点から、引き続き適合事業者における秘密保持の体制の把握や適性評価の実施状況を確実に確認するなど、情報管理には万全を期すことなどであります。
 なお、国会法第百二条の十六の規定に基づく政府に対する勧告を行うには至らなかったものの、今回提示した意見への政府の対応状況によっては、今後、検討するものとしております。
 以上が、本報告書案の趣旨であります。
    ―――――――――――――

#3
○松野会長 採決いたします。
 お手元に配付いたしております案を衆議院情報監視審査会規程第二十二条第一項に基づく令和二年年次報告書とするに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕

#4
○松野会長 挙手総員。よって、そのように決定いたしました。
 お諮りいたします。
 ただいま議決いたしました報告書の関係各方面への参考送付等の取扱いにつきましては、会長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#5
○松野会長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後三時十七分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト