くにさくロゴ
2021/03/09 第204回国会 参議院 第204回国会 参議院 法務委員会 第1号 令和3年3月9日
姉妹サイト
 
2021/03/09 第204回国会 参議院

第204回国会 参議院 法務委員会 第1号 令和3年3月9日

#1
令和三年三月九日(火曜日)
   午後零時六分開会
    ─────────────
   委員氏名
    委員長         山本 香苗君
    理 事         磯崎 仁彦君
    理 事         真山 勇一君
    理 事         伊藤 孝江君
                小野田紀美君
                豊田 俊郎君
                中川 雅治君
                福岡 資麿君
                森 まさこ君
                山崎 正昭君
                山下 雄平君
                渡辺 猛之君
                難波 奨二君
                谷合 正明君
                清水 貴之君
                川合 孝典君
                山添  拓君
                高良 鉄美君
                嘉田由紀子君
                小川 敏夫君
                山東 昭子君
    ─────────────
   委員の異動
 一月二十七日
    辞任         補欠選任
     渡辺 猛之君     世耕 弘成君
 一月二十八日
    辞任         補欠選任
     世耕 弘成君     渡辺 猛之君
 二月一日
    辞任         補欠選任
     山添  拓君     市田 忠義君
 二月二日
    辞任         補欠選任
     市田 忠義君     山添  拓君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         山本 香苗君
    理 事
                磯崎 仁彦君
                豊田 俊郎君
                真山 勇一君
                伊藤 孝江君
                清水 貴之君
    委 員
                小野田紀美君
                福岡 資麿君
                森 まさこ君
                山崎 正昭君
                山下 雄平君
                渡辺 猛之君
                難波 奨二君
                谷合 正明君
                川合 孝典君
                山添  拓君
                高良 鉄美君
                嘉田由紀子君
   国務大臣
       法務大臣     上川 陽子君
   副大臣
       法務副大臣    田所 嘉徳君
   最高裁判所長官代理者
       最高裁判所事務
       総局経理局長   氏本 厚司君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        青木勢津子君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○法務及び司法行政等に関する調査
 (法務行政の基本方針に関する件)
 (令和三年度法務省及び裁判所関係予算に関す
 る件)
    ─────────────

#2
○委員長(山本香苗君) ただいまから法務委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、柴田巧君が委員を辞任され、その補欠として清水貴之君が選任されました。
    ─────────────

#3
○委員長(山本香苗君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#4
○委員長(山本香苗君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に豊田俊郎君及び清水貴之君を指名いたします。
    ─────────────

#5
○委員長(山本香苗君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、法務及び司法行政等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#6
○委員長(山本香苗君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#7
○委員長(山本香苗君) 法務及び司法行政等に関する調査を議題といたします。
 法務行政の基本方針に関する件について、上川法務大臣から所信を聴取いたします。上川法務大臣。

#8
○国務大臣(上川陽子君) 法務大臣の上川陽子です。改めまして、よろしくお願い申し上げます。
 昨年九月に法務大臣に就任してから五か月、私は、法の支配の貫徹された社会、そして、多様性と包摂性のある誰一人取り残さない社会の実現を目指し、次の三つの視点を重視してまいりました。
 まず、関係機関、地域、民間の方々などのステークホルダーと連携して、多層的な取組を促進することです。また、将来を担う若者や子供など、施策の届け先となる様々な方々の立場に立って課題の解決に取り組むことです。そして、PDCAサイクルを回して、各施策について不断の改善を図ることです。今後も、こうした視点を大切にしながら、法務行政に懸命に取り組んでまいります。
 現下の最大の課題は、新型コロナウイルス感染症への対応です。政府一体となって、迅速に水際対策を進めてまいります。昨年の第一波、第二波、そしてこの秋冬の第三波の感染拡大の際に得た教訓を最大限生かし、官署及び施設における感染予防策、感染拡大防止策をより一層徹底いたします。さらに、接触リスクの低減のためのテレワーク勤務やデジタル化、IT化を推進するとともに、AI等の新しい技術をも活用してイノベーションを加速化させてまいります。
 本年三月七日から第十四回国連犯罪防止刑事司法会議、京都コングレスが開催されています。二〇三〇年までの十年間はSDGs達成に向けた行動の十年であり、京都コングレスは、法の支配を国際的により一層浸透させ、SDGs達成のための大きな貢献を果たす機会となります。京都コングレスの後は、そのレガシーを構築して司法外交を推し進めてまいります。
 法務行政に対して内外から寄せられる様々な声については、しっかりと受け止め、政策の充実を図るとともに、丁寧な説明に努めることにより、政策立案プロセスの透明化を図ります。また、法務省のガバナンスについても、職員自らの主体的な検討を通じ、不断の改善を図ってまいります。これらにより、法務省がより一層国民の皆様から信頼される組織となるよう尽力してまいります。
 このような方針の下、以下の八つの柱を重点事項とし、法務行政を推進してまいります。
 一つ目の柱は、新型コロナウイルス感染症への対応です。
 国民の健康と命を守り抜くことを最優先として、変異株を含めた新型コロナウイルスの国内流入を防止するため、引き続き、国内外の感染状況等の動向を注視しながら、水際対策に万全を期してまいります。また、今後の国際的な人の往来の再開についても、感染再拡大の防止と両立する形で、オン、オフの切替えを機動的に行ってまいります。国内外とのリスクコミュニケーションを図る観点から、水際関連のデータや対策についての迅速かつ分かりやすい情報発信に努めます。
 感染者や医療従事者、その家族等に対する新型コロナウイルス感染症に関する差別、偏見は、困難に直面している方々に多大な苦痛を与え、取り返しの付かない結果にもつながりかねないものであり、決してあってはなりません。新型インフルエンザ等対策特別措置法をも踏まえて、インターネット人権相談、子どもの人権SOSミニレター、SNS等の様々なツールを活用し、人権相談、調査救済活動、効果的な人権啓発活動にしっかりと取り組んでまいります。
 法テラスでは、新型コロナウイルス感染症の影響により様々な悩みを抱える方々に対し、電話、オンラインにより、相談者に寄り添った丁寧な法律相談を行うなど、社会情勢に即応した法的支援に積極的に取り組み、その周知、広報に努めます。こうした法的支援について、しっかりと評価、改善し、総合法律支援をより一層充実させてまいります。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、帰国が困難となり、また、生活に困難を抱えている在留外国人の方々には、在留資格における特例措置や再就職先のマッチング等の支援を行うとともに、外国人在留支援センターでの相談等を通じて、情報過疎にならず、必要な情報に適切にアクセスしていただけるよう尽力してまいります。
 これまで、全国の法務官署及び施設では、起こり得る感染リスクを想定し、そのリスクを管理する観点から、感染予防策、感染拡大防止策に取り組んでまいりました。これまでの感染事案における感染経路等を分析、検討し、その情報や経験を共有するとともに、様々な知見をも取り入れながら、法務省一丸となってより一層レベルアップした対策につなげてまいります。
 二つ目の柱は、様々な困難を抱える方々への取組の推進です。
 性犯罪、性暴力は、被害者の尊厳を著しく侵害し、その心身に長年にわたり重大な苦痛を与え続けるものです。被害当事者や支援者の方々の声をしっかりと受け止めながら、社会全体としてその根絶を目指さなければなりません。
 政府は、昨年六月に性犯罪・性暴力対策の強化の方針を決定し、令和四年度までの三年間を集中強化期間と位置付けて、関係府省が連携して各施策を推進しています。法務省としても、スピード感を持って、刑事法に関する検討や再犯防止施策の充実などの取組を進めてまいります。
 家庭内での児童虐待は、外出自粛等に伴い、その増加や深刻化も懸念されています。児童虐待に終止符を打つため、児童相談所等の関係機関と緊密に連携しつつ、子供の命を守ることを最優先として、人権擁護機関における相談等を通じた早期発見、法務少年支援センターによる心理の専門的知見を生かした支援など、総合的な取組を着実に推進してまいります。
 政府は、現在、第四次犯罪被害者等基本計画の策定に向けた検討を進めています。過去の計画に基づく取組の蓄積も踏まえ、被害者等の方々から寄せられる新たな御指摘、御意見をも取り入れながら、被害者等の方々の権利利益を保護し、支援する取組を更に推進、充実させてまいります。
 人権擁護局における十七の強調事項で掲げられた差別や偏見等を始め、様々な人権問題について、依然として救いを求める声が後を絶ちません。差別、偏見の実態把握や、これまでの対策への評価、改善をも行いつつ、様々な人権問題を解消し、差別のない社会の実現を目指して、人権相談や調査救済活動にしっかりと取り組んでまいります。また、様々な媒体を用いて、効果的な人権啓発活動を行ってまいります。
 近時問題となっているインターネット上の誹謗中傷は、同様の書き込みを次々と誘発し、重大な人権侵害につながるものです。関係省庁や民間事業者と連携しながら、しっかりと対応してまいります。
 出生の届出がされておらず、無戸籍状態となっている方々について、その解消に向けた取組を着実に進めます。徹底した実態把握に努めつつ、全国各地の法務局において常時相談を受け付け、戸籍を作成するための丁寧な手続案内をするなど、寄り添い型の取組を継続するとともに、充実したウエブコンテンツにより裁判手続等の情報を分かりやすく提供してまいります。
 本年三月十一日で東日本大震災から十年となります。改めて、震災により尊い命を失われた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。
 東日本大震災、そして相次ぐ大規模災害からの復興支援については、これまで、被災直後の段階から復興の各ステージにおける被災地の様々なニーズを的確に捉え、被災地等の登記所備付け地図の整備、登記嘱託事件等の迅速な対応、長期相続登記等未了土地の解消などに取り組むとともに、法テラスによる法的な支援を実施してまいりました。引き続き、法務省全体で情報を共有しながら、被災地に寄り添った支援を実施してまいります。
 三つ目の柱は、司法外交の積極的な展開です。
 現在開催されている京都コングレスの全体テーマは、SDGs達成のための犯罪防止、刑事司法及び法の支配の推進です。各国が、国際協力の在り方や、誰一人取り残さない社会の実現に向けて刑事司法が果たすべき役割等について議論を行い、成果文書を採択したことには大きな意義があります。特に、コロナ禍により、弱い立場にある人々の命や生活が脅かされている今、その意義は更に高まっています。
 サイドイベントである世界保護司会議では、長年にわたり保護司(HOGOSHI)を始めとする民間ボランティアに支えられてきた我が国の更生保護制度を世界に紹介いたしました。
 先月末、京都コングレスに先立ってユースフォーラムを開催いたしました。青年ボランティア団体のBBS会で活動する若者にも御協力いただきながら、未来を担う世界の若者がSDGs達成に向けて議論を行いました。ユースの声は、勧告として京都コングレスに提出されました。
 京都コングレス、そしてユースフォーラムの開催は、まさに我が国の司法外交の新たな出発点です。私は、ホスト国の法務大臣として、国連、開催地京都の自治体、関係する全ての方々と力を合わせ、最後までその成功に向けて全力を尽くしてまいります。
 京都コングレス開催後には、我が国が主導して、再犯防止、更生保護に関する国連のスタンダードづくりや、グローバル人材の育成に向けたユースフォーラムの定期開催に向け取り組むなど、京都コングレスのレガシーを構築し、司法外交を通じて展開してまいります。
 加えて、各国の司法制度には違いがあるため、我が国の制度についての正確な理解を得るための積極的かつ分かりやすい情報発信も重要な課題です。京都コングレスでは、サイドイベント等を通じ、我が国の刑事司法制度について情報発信していますが、他の制度も含めて、国際発信力を一層強化してまいります。
 法務省は、これまで、ベトナム社会主義共和国を皮切りに二十年以上にわたり、開発途上国等に対し、基本法令の起草、司法制度の整備や運用、司法関係者の人材育成について、相手国の実情に応じたきめ細やかな支援を行ってまいりました。また、五十年以上にわたり、刑事司法分野での数々の国際研修等を実施してまいりました。こうした国際協力は、相手国との信頼関係の構築に大きな役割を果たし、法の支配の貫徹やSDGsの実現にも資する重要な取組であり、更に積極的に推進してまいります。
 また、国際社会で活躍できる交渉等の能力を備えた司法に携わる若手人材を育成し、国連を始めとする国際機関への積極的な派遣などを通じ、国際機関との一層の連携強化を進めてまいります。
 国際仲裁の基盤整備は、日本企業による海外活動を後押しし、海外の企業や人材を我が国へ呼び込むなど、我が国の経済や金融の活性化に向けて必要な取組です。東京虎ノ門の仲裁専用施設も十分に活用し、仲裁人等の人材育成、国内外の企業等に対する広報、意識啓発などの取組を強力に進めてまいります。また、現在、法制審議会において、仲裁法制の見直しに関する調査審議を行っていただいているところであり、法改正に向けた具体的な検討を進めてまいります。
 重要な日本法令を翻訳して国際発信することは、我が国の国際化や経済成長のための基盤であり、関係省庁と緊密に連携して、法令外国語訳整備事業を更にスピードアップさせてまいります。
 四つ目の柱は、適正な在留管理の一層の強化と多文化共生社会の実現です。
 在留外国人の方々が我が国でその能力を十分に発揮できるよう、適正な在留管理及び在留支援に努めます。特定技能制度については、制度の適正な運用に力を注ぐとともに、マッチング支援などによる効果的で丁寧な受入れ促進に取り組んでまいります。技能実習生や留学生の受入れ制度についても、顕在化した様々な課題への対応策について、その効果を絶えず検証しつつ、制度の改善に努めます。
 また、ポストコロナに向けた経済の好循環の実現等を目的とする国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策に基づき、海外の金融人材がビジネスを容易に開始できるよう、在留資格の緩和や優遇措置の拡充を図ってまいります。
 外国人との共生社会の実現のためには、在留資格を有する全ての外国人を、孤立させることなく、地域のコミュニティーを構成する一員として受け入れていくという観点に立って環境整備を行っていくことが必要です。昨年七月に改訂した外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策を踏まえ、出入国在留管理庁において、これまで以上に総合調整機能を果たしつつ、関係府省庁と十分に連携し、外国人在留支援センターにおける支援、やさしい日本語を活用した在留支援策についての情報提供、一元的相談窓口を開設している地方公共団体への支援などを推進してまいります。
 また、外国人との共生社会の実現のための有識者会議における議論も踏まえつつ、共生社会の在り方やその実現に向けた中長期的な課題に対する方策を示すなどの取組を進めてまいります。
 退去強制令書が発付されたにもかかわらず、様々な理由で送還を忌避する者が後を絶たず、入管収容施設での収容の長期化が生じています。これを解消し退去強制手続を一層適切かつ実効的なものとするため、昨年七月に収容・送還に関する専門部会からいただいた提言等を踏まえ、出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する法律案を今国会に提出しました。十分に御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
 あわせて、被収容者の人権に配慮した適正な処遇の実施を徹底するとともに、難民認定制度の見直しを行い、真に庇護を必要とする者の迅速な保護を図ってまいります。
 五つ目の柱は、時代に即した民事法制の整備と訟務機能の充実強化です。
 近年、社会の各分野における女性の一層の参画や父親の育児への関与の高まり等から子供の養育の在り方が多様化するとともに、養育費の不払や親子の交流の欠如などの父母の離婚等に伴う子供の養育への深刻な影響が指摘されています。父母の離婚等に伴う子供の養育の在り方については、子供の目線に立って、チルドレンファーストの観点から検討することが重要です。この問題の解決に向けて、法制審議会への諮問を行い、制度の見直しについてしっかりと検討を進めるとともに、運用面の対応にも取り組んでまいります。
 また、近年、不動産担保や人的担保に過度に依存しない融資を促進する必要があるとの認識が高まり、動産や債権を担保の目的として活用する手法が注目されています。そこで、法律関係の明確化や安定性の確保等の観点から、担保に関する法制の見直しのための検討を進めてまいります。
 さらに、その施行が近づきつつある成年年齢の引下げ等については、円滑な施行に向けた準備を着実に進めるとともに、国民への効果的な周知に尽力してまいります。
 所有者不明土地の発生を防止するとともに、土地の適正な利用等を図るため、法制審議会における審議結果を踏まえ、相続登記等の申請の義務付けや新たな財産管理制度等の創設を内容とする民法等の一部を改正する法律案、及び相続等により取得した土地を法務大臣の承認を受けて国庫に帰属させる制度の創設を内容とする相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律案を今国会に提出しました。十分に御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
 あわせて、相続登記の促進のための取組や表題部所有者不明土地の解消作業など様々な対策を実施しつつ、引き続き、関係省庁と連携して、この問題の解決に向けて取り組んでまいります。
 国民の権利利益を保護するためには、国としての多様な訟務機能を充実強化することが必要です。国の利害に関係する訴訟に対する指揮権限を適切かつ効果的に行使するとともに、国内外の法的紛争の発生そのものを未然に防止する予防司法機能の充実を図ります。また、関係省庁と緊密に連携して、国際訴訟等への対応を強化いたします。
 六つ目の柱は、国民から信頼され、期待される司法の実現です。
 国際化やデジタル化を始め社会経済情勢の多様化、複雑化に伴い様々な法的需要が新たに生じており、それらに積極的に対応できる法曹の養成が求められています。現代社会の様々な場面で活躍できる法曹を養成するための取組を推進しつつ、先般の法改正に基づき、文部科学省等と連携して、より多くの有為な人材が法曹に魅力を感じて志望するよう、必要な取組を積極的に進めてまいります。
 法教育は、子供たちが、自由で公正な社会の担い手として、人権を尊重する考え方や法的思考力を身に付けるために大変重要です。成年年齢の引下げや在留外国人の増加をも見据え、幅広い方々が法教育に触れる機会を幅広く持てるよう積極的に取り組みます。
 裁判所の事務を合理化し、及び効率化することに伴い、裁判官以外の裁判所の職員の員数を減少することを内容とする裁判所職員定員法の一部を改正する法律案を今国会に提出しました。十分に御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
 利用者の利便性の向上及び業務の効率化や質の向上を図る観点から、行政手続のオンライン化の更なる拡充を始め、法務行政のデジタル化、IT化を加速し、積極的にAI等の新しい技術も取り入れてまいります。また、民事裁判や刑事手続のIT化といった司法分野における基盤整備についても、強力に推進してまいります。
 七つ目の柱は、世界一安全な国日本の実現です。
 犯罪や非行をした者の立ち直りを支えるため、再犯防止推進計画及び再犯防止推進計画加速化プランに基づいて、関係省庁や地方公共団体と連携し、就労、住居の確保を始めとする再犯防止施策を着実に推進します。特に、更生保護施設による息の長い支援の充実等を始めとした満期釈放者対策の充実強化を図るとともに、通信制高校と連携した修学支援やソーシャル・インパクト・ボンドを活用した再犯防止事業を進めてまいります。
 また、地方公共団体との連携強化や保護司活動のICT化、協力雇用主への支援など、再犯防止を支える民間の方々が活動しやすい環境の整備を推進してまいります。
 あわせて、法整備を含め、犯罪や非行をした者に対する処遇を一層充実させるための取組を進めてまいります。
 令和四年四月の成年年齢の引下げをも見据え、十八歳及び十九歳の者について少年法の適用において特例規定を整備することなどを内容とする少年法等の一部を改正する法律案を今国会に提出しました。十分に御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願いいたします。
 国民の皆様が安全に安心して暮らせる社会を実現するため、関係機関とも連携し、組織犯罪等への対応を含め、治安確保のための万全の対策を講じてまいります。
 また、先端技術の流出事案等、いわゆる経済安全保障に関連する情報や国内外におけるテロ関連動向の把握に努め、関係機関との連携を緊密にしつつ、情報収集・分析機能の強化を図ります。
 いわゆるオウム真理教については、引き続き、団体規制法に基づく観察処分を適正かつ厳格に実施し、地域住民の不安感を解消、緩和するとともに、公共の安全の確保に努めてまいります。
 北朝鮮に対しては、人的往来の規制強化措置等を適切に実施するとともに、核・ミサイル関連の動向、日本人拉致問題を含む対外動向や国内状況等について、関連情報の収集、分析等を進めます。我が国の領土、領海、領空の警戒警備に関しても、関係機関と連携し、遺漏のない対応をいたします。
 八つ目の柱は、職員が誇りを持って生き生きと仕事のできる職場環境の整備です。
 テレワーク勤務等について、ウイズコロナ、ポストコロナ時代の新たな日常として、法務省の職場での定着を図ります。さらに、女性の職業生活における活躍や、男性の育児に伴う休暇、休業の取得を促進する、推進するとともに、職員の声をしっかりと捉え、ワーク・ライフ・バランスを実現するための更なる施策を検討してまいります。障害者雇用についても、着実に取組を進めます。
 感染症対応の要となる医療刑務所等を始めとする矯正施設について、新型コロナウイルス感染症などへの対策の強化に万全を期するとともに、職員宿舎を含めた施設整備を着実に実施してまいります。
 また、再犯防止施策の実施基盤としての役割や災害発生時には地域住民の避難所としての役割などが期待される法務省施設の耐震化及び老朽化対策を確実に推進してまいります。
 私は、田所嘉徳副大臣、小野田紀美大臣政務官、そして全ての法務省職員とワンチームとなって、コロナ禍という困難な時期であるからこそ、より一層前向きな気持ちを持ち続け、法務行政にしっかりと取り組んでまいります。
 山本香苗委員長を始め、理事、委員の皆様方には、より一層の御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

#9
○委員長(山本香苗君) 次に、令和三年度法務省及び裁判所関係予算に関する件につきまして順次説明を聴取いたします。田所法務副大臣。

#10
○副大臣(田所嘉徳君) 令和三年度法務省所管等予算につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 法務省の一般会計予算額の総額は七千八百九十三億一千八百万円であり、前年度当初予算額と比較しますと、三百九十四億三千八百万円の減額となっております。所管別に区分いたしますと、法務省所管分は七千四百三十一億四千万円、内閣等所管として計上されている法務省関係の政府情報システム関係経費の予算額は四百二十億九千三百万円、国土交通省所管として計上されている法務省関係の国際観光旅客税財源充当事業の予算額は四十億八千四百万円となっております。
 また、復興庁所管として計上されている法務省関係の東日本大震災復興特別会計の予算額は二億五千三百万円となっております。
 次に、一般会計予算の内訳は、人件費五千二百四十億二千八百万円、物件費は二千六百五十二億九千万円となっており、そのうち主要施策の経費について、五つの柱に沿って御説明申し上げます。
 まず第一に、感染症拡大に対応するための法務行政の体制強化の柱においては、感染症対策や医療体制の充実強化を含む矯正施設等の環境整備の推進に必要な経費として二百十五億四千八百万円、感染症等に起因する問題解決のための総合法律支援の充実強化に必要な経費として三百二十一億五百万円、第二に、新たな日常に対応するための法務行政におけるデジタル化、IT化の推進の柱においては、行政手続のオンライン化及び行政機関間の情報連携の推進に必要な経費として八十七億七千八百万円、業務継続性を確保するためのテレワーク等の推進に必要な経費として八億五千六百万円、第三に、包摂的な社会の実現に向けた人権擁護活動及び再犯防止対策の充実強化の柱においては、感染症を始めとする様々な人権問題の解消に向けた人権擁護活動の強化に必要な経費として三十五億五千二百万円、満期釈放者対策を始めとする再犯防止対策の推進に必要な経費として百二十七億五千六百万円、第四に、活力ある日本経済の実現のための法的基盤の強化の柱においては、所有者不明土地問題への対応及び地図整備体制の強化等に必要な経費として七十三億八千百万円、ウイズコロナにおける出入国在留管理体制の強化及び外国人材の円滑かつ適正な受入れの促進に向けた取組に必要な経費として百八十八億一千五百万円、法令外国語訳へのアクセス強化及び国内外の法的紛争に係る予防司法機能の強化等に必要な経費として二十億九千百万円、京都コングレスのレガシーの着実な実施を含む戦略的司法外交及び国際協力の推進に必要な経費として九億八千四百万円、第五に、新たな世界秩序の下での良好な治安確保のための取組の充実強化の柱においては、経済安全保障体制及びテロ発生の未然防止体制の充実強化に必要な経費として三十二億二千万円、コロナ禍においても良好な治安を確保するための検察活動の充実強化に必要な経費として十二億二千七百万円をそれぞれ計上しております。
 次に、定員の関係でありますが、令和三年度においては、出入国在留管理体制の強化、外国人材の受入れの促進、経済安全保障体制の強化、再犯防止対策、所有者不明土地問題への対応等の政府の重要課題に対応するため、法務省全体で千三百十二人の増員が認められており、定員合理化による千七十五人の減員を差引きいたしますと、二百三十七人の純増となっております。
 以上、令和三年度法務省所管等予算の概要を御説明させていただきました。
 よろしくお願いいたします。

#11
○委員長(山本香苗君) 次に、氏本最高裁判所事務総局経理局長。

#12
○最高裁判所長官代理者(氏本厚司君) 令和三年度裁判所所管歳出予算について御説明申し上げます。
 令和三年度裁判所所管歳出予算の総額は三千二百五十三億六千八百万円でありまして、これを前年度当初予算額三千二百六十六億二千四百万円と比較いたしますと、差引き十二億五千六百万円の減少となっております。
 次に、令和三年度歳出予算のうち、主な事項について御説明申し上げます。
 まず、人的機構の充実、すなわち書記官及び裁判官の増員等であります。事件処理の支援のための、あっ、書記官及び事務官の増員等であります。
 事件処理の支援のための体制強化及び国家公務員のワーク・ライフ・バランス推進を図るため、書記官は二人、事務官は速記官からの振替二人を含め三十九人、合計四十一人の増員をすることとしております。
 他方、政府の定員合理化計画への協力として五十六人の減員をすることとしておりますので、差引き十七人の純減となります。
 次は、司法の体制の充実強化に必要な経費であります。
 まず、裁判事務処理態勢の充実を図るため百三十四億四千八百万円を計上しております。
 その内容について申し上げますと、第一に、民事事件関係経費として二十八億七千九百万円を計上しております。この中には、民事調停委員手当、専門委員手当、労働審判員関連経費等のほか、民事訴訟手続のIT化関連経費が含まれております。
 第二に、刑事事件関係経費として四十三億九千六百万円を計上しております。この中には、裁判員制度関連経費、心神喪失者等医療観察事件関連経費、法廷通訳関連経費等が含まれております。
 第三に、家庭事件関係経費として六十一億七千三百万円を計上しております。この中には、家事調停委員手当等が含まれております。
 また、庁舎の耐震化等のための経費として百四十六億二千四百万円を計上しております。
 以上が令和三年度裁判所所管歳出予算の概要であります。
 よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

#13
○委員長(山本香苗君) 以上で法務大臣の所信並びに令和三年度法務省及び裁判所関係予算の説明聴取は終了いたしました。
 法務大臣の所信に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時四十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト