くにさくロゴ
2021/03/09 第204回国会 衆議院 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号 令和3年3月9日
姉妹サイト
 
2021/03/09 第204回国会 衆議院

第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号 令和3年3月9日

#1
本国会召集日(令和三年一月十八日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 高鳥 修一君
   理事 加藤 寛治君 理事 齋藤  健君
   理事 津島  淳君 理事 宮腰 光寛君
   理事 宮下 一郎君 理事 亀井亜紀子君
   理事 矢上 雅義君 理事 稲津  久君
      伊東 良孝君    池田 道孝君
      泉田 裕彦君    今枝宗一郎君
      上杉謙太郎君    江藤  拓君
      金子 俊平君    木村 次郎君
      小寺 裕雄君    佐々木 紀君
      斎藤 洋明君    鈴木 憲和君
      武部  新君    西田 昭二君
      根本 幸典君    野中  厚君
      福田 達夫君    福山  守君
      細田 健一君    石川 香織君
      大串 博志君    金子 恵美君
      神谷  裕君    近藤 和也君
      佐々木隆博君    佐藤 公治君
      緑川 貴士君    濱村  進君
      田村 貴昭君    藤田 文武君
      玉木雄一郎君
令和三年三月九日(火曜日)
    午前九時開議
 出席委員
   委員長 高鳥 修一君
   理事 加藤 寛治君 理事 齋藤  健君
   理事 津島  淳君 理事 宮腰 光寛君
   理事 宮下 一郎君 理事 亀井亜紀子君
   理事 矢上 雅義君 理事 稲津  久君
      伊東 良孝君    池田 道孝君
      泉田 裕彦君    今枝宗一郎君
      上杉謙太郎君    江藤  拓君
      金子 俊平君    木村 次郎君
      小寺 裕雄君    佐々木 紀君
      斎藤 洋明君    鈴木 憲和君
      西田 昭二君    根本 幸典君
      野中  厚君    福田 達夫君
      福山  守君    細田 健一君
      渡辺 孝一君    石川 香織君
      大串 博志君    金子 恵美君
      神谷  裕君    近藤 和也君
      佐々木隆博君    佐藤 公治君
      緑川 貴士君    濱村  進君
      田村 貴昭君    藤田 文武君
      玉木雄一郎君
    …………………………………
   農林水産大臣       野上浩太郎君
   農林水産副大臣      葉梨 康弘君
   農林水産大臣政務官    池田 道孝君
   農林水産委員会専門員   森田 倫子君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月四日
 辞任         補欠選任
  武部  新君     渡辺 孝一君
    ―――――――――――――
一月十八日
 主要農作物種子法案(後藤祐一君外八名提出、第百九十六回国会衆法第一三号)
 国有林野事業に従事する職員の労働関係を円滑に調整するための行政執行法人の労働関係に関する法律の一部を改正する法律案(佐々木隆博君外四名提出、第百九十六回国会衆法第一八号)
 国有林野事業に従事する職員の給与等に関する特例法案(佐々木隆博君外四名提出、第百九十六回国会衆法第一九号)
 畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律案(佐々木隆博君外六名提出、第百九十六回国会衆法第二三号)
 農業者戸別所得補償法案(長妻昭君外六名提出、第百九十六回国会衆法第三三号)
 家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三四号)
三月九日
 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法の一部を改正する法律案(内閣提出第三三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
 農林水産関係の基本施策に関する件
     ――――◇―――――

#2
○高鳥委員長 これより会議を開きます。
 国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 農林水産関係の基本施策に関する事項
 食料の安定供給に関する事項
 農林水産業の発展に関する事項
 農林漁業者の福祉に関する事項
 農山漁村の振興に関する事項
以上の各事項について、実情を調査し、その対策を樹立するため、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#3
○高鳥委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――

#4
○高鳥委員長 農林水産関係の基本施策に関する件について調査を進めます。
 この際、農林水産大臣から所信を聴取いたします。農林水産大臣野上浩太郎君。

#5
○野上国務大臣 農林水産委員会の開催に当たりまして、私の所信の一端を申し述べます。
 まず、冒頭、新型コロナウイルス感染症や、この冬の大雪による被害、先月の福島県沖を震源とする地震などの災害により命を落とされた方々の御冥福をお祈りするとともに、罹患された方々、被災された方々に心よりのお見舞いを申し上げます。
 今般、当省の幹部職員が倫理規程違反で懲戒処分を受けるに至りました。農林水産行政に対する国民の皆様の信頼を大きく損なうものであり、深くおわびを申し上げます。一日でも早く信頼を取り戻すため、再発防止と倫理規程の遵守を徹底し、国民の皆様の厳しい視線を常に意識しつつ、日々の仕事に真摯に取り組んでまいります。
 また、国民の皆様に疑念を持たれることがないよう、養鶏・鶏卵行政の公正性について検証いただくため、養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会を設置いたしました。しっかりと検証いただき、その結果を公表したいと考えております。
 昨年来、新型コロナウイルス感染症により、農林水産業、食品産業を含む我が国の経済社会に大きな影響が生じております。また、昨年十二月からの大雪により、農業用ハウスの倒壊、破損などの被害が生じております。これらに加えて、豚熱や鳥インフルエンザなど家畜伝染病への対応も続いております。
 このような大変厳しい状況の下、現場で御尽力されている方々には本当に頭の下がる思いであり、影響や被害を受けられた皆様が一日でも早く日常を取り戻せるよう、全力で取り組んでまいります。
 大雪被害につきましては、私自身、新潟県の被災状況を視察し、被災された方の声を直接伺い、被害の深刻さを肌で実感しました。二月には農業用ハウスや畜舎の再建、修繕等の支援対策を取りまとめたところであり、被災された農林漁業者の皆様の負担を軽減し、確かな経営の継続と速やかな経営再開が図られるよう、きめ細やかな支援を実施してまいります。
 続きまして、農林水産行政に関する私の基本的な考え方について申し述べます。
 農林水産業は、関連産業である食品産業とともに国民の皆様に食料を安定供給し、地域の経済やコミュニティーを支え、その営みを通じて国土の保全などの役割を果たしている、まさに国の基であり、農林水産業を発展させるとともに、日本の原風景である美しく豊かな農山漁村を守っていくことが重要であると考えております。
 一方、我が国の農林水産業は、人口減少に伴うマーケットの縮小や、農林漁業者の減少、高齢化の進行など、厳しい状況に直面しています。さらに、コロナ禍により、需要の減少や価格低下等の大きな影響を受けているだけでなく、デジタル技術活用の進展など、社会構造の変化にも直面しております。
 こうした多岐にわたる課題の解決に向け、昨年閣議決定された食料・農業・農村基本計画等を踏まえ、産業政策と地域政策を車の両輪として、二〇三〇年の輸出額五兆円の目標の達成に向けた施策の抜本的強化、生産基盤の強化や、担い手の育成、確保、スマート技術の開発、実装、多様な人材や地域資源を活用した新たな農村政策の展開、国土強靱化等の重要課題に応えられるよう、着実に取組を進めてまいります。そして、これらを通じ、食料自給率の向上と食料安全保障の確立を図ってまいります。
 さらに、昨年十二月に農林水産業・地域の活力創造プランで打ち出しましたポストコロナに向けた農林水産政策の強化の検討も進めつつ、農林漁業者の所得の向上や農山漁村の活性化に引き続き全力で取り組んでまいります。
 以下、具体的な施策を申し述べます。
 今般の緊急事態宣言による影響も含め、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けた農林漁業者の皆様や関連産業に従事される皆様の生産基盤を守るため、引き続き、生産の継続や販売促進等の適切な支援に全力を尽くしてまいります。
 昨年の農林水産物・食品の輸出額は、コロナ禍にもかかわらず八年連続で過去最高を記録し、九千二百二十三億円、少額貨物なども含めると九千八百六十六億円となりました。
 我が国の農林水産業の発展のためには、拡大する海外市場の成長を取り込むことが不可欠です。このため、輸出拡大実行戦略に基づき、日本の強みを最大限に生かす品目別の具体的目標の実現に向け、マーケットインの発想で輸出にチャレンジする農林水産事業者の後押しや、農林水産物・食品輸出本部を最大限活用しつつ、省庁の垣根を越え、政府一体として、日本産食品の輸入規制など、輸出の障害を克服するための対応の強化等を図ってまいります。あわせて、輸入品が多くを占める加工、外食、中食原料の国産への切替えも進めます。
 輸出を含め、農林漁業や食品産業の分野における新たな動きに対応する資金需要に応えるため、フードバリューチェーン全体への資金供給を促進することを内容とする、農業法人に対する投資の円滑化に関する法律の見直しを行います。
 SDGsや環境の重要性が国内外で高まっております。このような動きに対応し、CO2ゼロエミッション化、化学農薬、化学肥料の削減、有機農業の面積拡大等に向け、食料、農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションにより実現を目指す、みどりの食料システム戦略を本年五月までに策定いたします。
 社会全体でデジタル技術を活用した変革が急速に進展する中、農林水産分野におきましても、生産性を向上させ、成長産業化を推進するためのデジタルトランスフォーメーションの実現に向けた取組を進めてまいります。
 また、ロボット、AI、IoT、ドローンなどの先端技術を活用するスマート農林水産業の推進に向け、技術開発や現場実装の促進、スマート技術を用いた農業支援サービスの育成を進めてまいります。
 中山間地域を始め、活力ある農山漁村を実現するため、日本型直接支払制度による下支えを図りつつ、農泊、農福連携、鳥獣対策やジビエ利活用などの取組を進めてまいります。また、コロナ禍において再認識された農山漁村の持つ価値や魅力を活用して、多様なアイデアにより所得と雇用を生み出す農山漁村発イノベーションを進めてまいります。
 地域の農業生産や必要な農地を確保するため、農地バンク、農業委員会など関係機関の現場レベルの連携を徹底し、人・農地プランの実行を通じて担い手への農地集積、集約化を加速化します。
 畜産業の国際的な競争環境が厳しくなる中で、省力化機械の導入や増頭、増産等の取組を推進するため、建築基準法の構造等の基準によらず畜舎等の建築等ができることを内容とする法制度を整備してまいります。
 就農の検討・準備段階から経営を確立するまでの総合的な支援などにより、多様な人材の育成、確保を進めます。あわせて、次世代の担い手への農地その他の経営資源の確実な継承を推進します。
 また、本格化する人口減少等を踏まえ、各地域において農業経営を行う人の確保や、農地の適切な利用の促進、農山漁村での所得と雇用機会の確保等のための施策について検討し、本年六月までにその結果を取りまとめます。
 米政策については、需要と価格の安定を図るためには、令和三年産の主食用米について、過去最大規模の作付転換が必要な状況となっております。高収益作物、麦、大豆などの需要に応じた生産を支援する水田フル活用等により、全ての関係者がしっかり連携して需要に応じた生産、販売を推進してまいります。
 地域の農業を発展させていくためには、農業者の所得向上に全力で取り組む農協が欠かせません。農林水産省としても、JAグループが自己改革の取組を着実に進め、具体的な成果を上げるよう、改革に協力してまいります。
 また、農林中央金庫について、金融システムの安定に係る国際的な基準に対応するため、農水産業協同組合貯金保険法の見直しを行います。
 農業者の所得向上に向け、引き続き、生産資材業界や流通・加工業界の再編、参入を促進してまいります。特に、食品流通については、情報通信技術の導入や物流の効率化による合理化、高度化を進めてまいります。
 農業の競争力強化や農村地域の国土強靱化に向け、農地の大区画化、汎用化、農業水利施設の長寿命化や、ため池等の豪雨・耐震化対策など、農業、農村の基盤整備を推進してまいります。
 食の安全と消費者の信頼の確保と理解の増進のため、引き続き、科学的根拠に基づく食品の安全性確保、正確な情報伝達、食育の推進に取り組みます。
 今シーズン、過去最大の発生となっている高病原性鳥インフルエンザについては、これまで、発生県への人的・物的支援、飼養衛生管理の全国一斉点検、ウイルスの特徴を踏まえた分かりやすい情報の伝達などを行ってきましたが、引き続き一層の警戒感を持って対応してまいります。また、発生農場への支援もしっかり行ってまいります。
 豚熱、アフリカ豚熱も含め、家畜伝染病に対しては、発生防止、蔓延防止のため、都道府県や関係省庁と一体となって取り組むとともに、改正家畜伝染病予防法を適切に執行し、対応してまいります。
 森林・林業政策についてです。森林・林業基本計画の見直しに向け、現場の声に耳を傾けながら、精力的に検討を進めてまいります。
 また、森林資源の適切な管理と林業の成長産業化に向け、森林整備、治山対策を推進するとともに、意欲と能力のある林業経営者への森林の経営管理の集積、集約を進めます。
 さらに、森林の二酸化炭素吸収源としての機能保全、強化に向け、間伐等を促進するための交付金等の支援措置を令和十二年度まで延長するとともに、成長に優れた苗木の植栽の促進等を内容とする、森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法の見直しを行います。
 このほか、木材生産や造林作業の自動化などの林業イノベーションや、CLTの普及、都市の木造化など、川上から川下までの取組を総合的に推進してまいります。
 水産政策についてです。昨年十二月に施行された改正漁業法等に基づき、漁業者を始めとする関係者の理解と協力を得ながら、資源管理ロードマップに沿って新たな資源管理システムを着実に実施するとともに、漁場の総合的な利用を図り、養殖業の成長産業化を推進してまいります。
 また、水産流通適正化法について、現場への丁寧な説明と施行に向けた検討を進め、国内外の違法漁獲の撲滅に努めてまいります。
 さらに、外国漁船による違法操業の取締り体制の強化を図るとともに、近年のサンマなどの記録的な不漁を踏まえ、漁業者の収入安定を図る積立ぷらすの基金の積み増しや、不漁の原因解明のための調査を実施してまいります。
 東日本大震災から十年がたちます。私自身、大臣就任後、まず福島県を訪問するなど、復興に懸命に取り組まれている方々の声を直接に伺ってきました。被災地の皆様を始め、多くの方々の御努力により着実に復興が進展している一方で、営農再開や、水産業、林業の再生、風評払拭等、まだまだ取り組むべき課題があると認識しております。先月も余震と見られる大きな地震が発生したところであり、この地震への対応も含め、引き続き、被災された農林水産業者の方々が再び立ち直るために万全の支援を行ってまいります。
 また、近年頻発する豪雨や台風などの自然災害への備えを強化してまいります。
 以上、農林水産行政の今後の展開方向について、私の基本的な考え方を申し述べました。
 国民の皆様の豊かな食生活と、それを支える農山漁村を次世代に引き継ぐため、産業政策と地域政策の両面から全力で取り組み、強い農林水産業と美しく活力ある農山漁村を実現してまいります。
 高鳥委員長を始め理事、委員各位に、御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)

#6
○高鳥委員長 次に、令和三年度農林水産関係予算の概要について説明を聴取いたします。農林水産副大臣葉梨康弘君。

#7
○葉梨副大臣 令和三年度農林水産予算の概要を御説明いたします。
 一般会計の農林水産予算の総額は二兆三千五十億円であり、その内訳は、公共事業費が六千九百九十五億円、非公共事業費が一兆六千五十五億円となっています。
 以下、九つの重点事項について御説明いたします。
 第一は、生産基盤の強化と経営所得安定対策の着実な実施であります。
 水田農業では、水田をフル活用して高収益作物、麦、大豆などの需要に応じた生産を進めるため、水田活用の直接支払交付金を始めとする各種施策を推進してまいります。
 畜産、酪農では、労働負担の軽減に資する先端技術の導入や、畜産・酪農経営安定対策を推進するとともに、野菜、果樹、茶、花卉、甘味資源作物などの品目ごとの課題解決に資する取組を支援してまいります。
 第二は、スマート農業、DX、技術開発の推進、食と農に対する理解の醸成、農林水産物の需要喚起であります。
 コロナ禍を踏まえた新たな生活、生産様式への転換を図るため、生産現場でのロボット、AI、IoTなどの先端技術の導入、実証や、蓄積された農業データの活用などを支援するとともに、スマートフォンやパソコンでの補助金の申請などを可能とするシステムの構築を推進してまいります。
 また、日本の食や農林漁業に対する消費者の理解を深めるため、消費拡大運動などを支援してまいります。
 第三は、五兆円目標の実現に向けた農林水産物・食品の輸出力強化と高付加価値化であります。
 昨年十一月に取りまとめました農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略を実行していくため、品目別輸出目標の達成に向けた官民一体となった海外での販売力の強化、マーケットインの発想での輸出にチャレンジする農林水産事業者の後押しなどを推進してまいります。
 また、我が国の優れた植物品種などの海外への流出防止や、コールドチェーンの整備などによる流通の合理化、高度化を支援してまいります。
 第四は、農業農村整備、農地集積、集約化、担い手確保、経営継承の推進であります。
 農地の大区画化、汎用化や、農業水利施設の長寿命化、耐震化対策などを進めるとともに、人・農地プランの実質化を踏まえた農地中間管理機構などの活動支援、次世代を担う人材の確保や、家族農業経営を始めとする担い手の経営継承などを支援してまいります。
 第五は、食の安全と消費者の信頼確保であります。
 家畜伝染病予防法に基づき殺処分した家畜などに対する手当金などを交付するとともに、家畜伝染性疾病の発生や蔓延を防止するための飼養衛生管理の強化、重要病害虫の侵入や蔓延を防止するための取組を支援してまいります。
 第六は、農山漁村の活性化であります。
 多面的機能支払交付金などの日本型直接支払いを着実に実施するとともに、農泊、農福・林福・水福連携、農村における情報通信環境の整備、鳥獣被害対策やジビエの利活用などを支援してまいります。
 第七は、森林資源の適切な管理と林業の成長産業化の実現であります。
 森林整備事業、治山事業などにより、森林資源の適切な管理を推進するとともに、林業の成長産業化を実現するため、主伐と再造林を一貫して行う施業や、木材生産、造林作業の自動化機械の開発などの林業イノベーション、CLTの普及、都市の木造化などによる木材需要の拡大など、川上から川下までの取組を総合的に推進してまいります。
 第八は、水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化の実現であります。
 改正漁業法に基づく新たな資源管理を推進するため、資源調査や評価、漁業経営安定対策を着実に実施するとともに、沿岸漁業での漁業所得の向上を目指す浜プランの着実な実施、沖合、遠洋漁業での高性能漁船の導入、養殖業での大規模な沖合養殖システムの導入などを支援してまいります。
 第九は、防災・減災、国土強靱化と災害復旧の推進であります。
 被災した農地、農業用施設を始めとする農林水産関係施設の復旧などを推進してまいります。
 次に、特別会計では、食料安定供給特別会計と国有林野事業債務管理特別会計に所要の予算を計上しております。
 最後に、財政投融資計画では、株式会社日本政策金融公庫による財政融資資金の借入れなど、総額七千六十一億円となっております。
 以上で、令和三年度農林水産予算の概要の説明を終わります。

#8
○高鳥委員長 以上で説明は終わりました。
 次回は、明十日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前九時十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト