くにさくロゴ
2020/06/01 第201回国会 参議院 第201回国会 参議院 行政監視委員会 第3号 令和2年6月1日
姉妹サイト
 
2020/06/01 第201回国会 参議院

第201回国会 参議院 行政監視委員会 第3号 令和2年6月1日

#1
令和二年六月一日(月曜日)
   午後一時開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十四日
    辞任         補欠選任
     山添  拓君     吉良よし子君
 四月二十九日
    辞任         補欠選任
     宇都 隆史君     古賀友一郎君
 四月三十日
    辞任         補欠選任
     古賀友一郎君     宇都 隆史君
 五月二十九日
    辞任         補欠選任
     有村 治子君     大野 泰正君
     柘植 芳文君     高橋 克法君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         川田 龍平君
    理 事
                島村  大君
                野村 哲郎君
                牧野たかお君
                吉川 沙織君
                西田 実仁君
                梅村  聡君
                吉良よし子君
    委 員
                阿達 雅志君
                猪口 邦子君
                宇都 隆史君
                大野 泰正君
                そのだ修光君
                高橋 克法君
                滝波 宏文君
                堂故  茂君
                徳茂 雅之君
                中西 健治君
                羽生田 俊君
                藤末 健三君
                松下 新平君
                江崎  孝君
                小沢 雅仁君
                小林 正夫君
                田名部匡代君
                羽田雄一郎君
                森屋  隆君
                横沢 高徳君
                杉  久武君
                高橋 光男君
                竹内 真二君
                矢倉 克夫君
                音喜多 駿君
                伊波 洋一君
                浜田  聡君
   国務大臣
       総務大臣     高市 早苗君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        清水  賢君
   政府参考人
       総務省行政評価
       局長       白岩  俊君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○政府参考人の出席要求に関する件
○行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関
 する調査
 (行政評価・監視活動実績の概要に関する件)
 (小委員長の報告)
○調査報告書に関する件
○中間報告に関する件
    ─────────────

#2
○委員長(川田龍平君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る五月二十九日までに、山添拓君、有村治子君及び柘植芳文君が委員を辞任され、その補欠として吉良よし子君、大野泰正君及び高橋克法君が選任されました。
    ─────────────

#3
○委員長(川田龍平君) 理事の補欠選任を行います。
 去る四月十三日の本委員会におきまして、一名の理事につきましては、後日、委員長が指名することとなっておりましたので、本日、理事に吉良よし子君を指名いたします。
    ─────────────

#4
○委員長(川田龍平君) 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、総務省行政評価局長白岩俊君を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#5
○委員長(川田龍平君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#6
○委員長(川田龍平君) 行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査を議題といたします。
 まず、行政評価・監視活動実績の概要に関する件について、総務省から説明を聴取いたします。高市総務大臣。

#7
○国務大臣(高市早苗君) 本年四月十三日の委員会における御報告以降に総務省から公表した三件の案件につきまして御説明申し上げます。
 一件目の「認知症高齢者等への地域支援に関する実態調査」では、認知症が疑われる高齢者などへの早期対応の効果が更に上がるよう、厚生労働省に対して、各地の実例を把握、分析し、実情に応じて選択が可能な支援のスキームや評価の指標を市町村に示すとともに、認知症疾患医療センターの事業評価の適正化を図るよう勧告しました。
 二件目の「学校における専門スタッフ等の活用に関する調査」では、文部科学省に対して、学校現場で活躍する様々な専門スタッフの活用事例を整理して情報提供したほか、特にスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーについて、現場における効果的な活用を促すため、専門性などを生かした取組事例の情報が現場で共有されるよう勧告しました。
 三件目の「農道・林道の維持管理に関する行政評価・監視」では、限られたリソースを前提に農道、林道の適正な管理を確保するため、農林水産省に対して、管理者の現状を踏まえた支援、必要性が認められなくなった施設の廃止、撤去に向けた支援の検討、実施などの措置を講ずるよう勧告しました。
 以上が最近の公表案件の概要です。
 委員長、理事、委員の先生方におかれましては、よろしく御指導を賜りますようお願い申し上げます。
 続いて、詳細につきまして行政評価局長から説明をさせます。

#8
○委員長(川田龍平君) 次に、補足説明を聴取いたします。白岩行政評価局長。

#9
○政府参考人(白岩俊君) それでは、詳細を御説明いたします。
 お手元の資料の一ページから三ページを御覧ください。
 本年五月十二日に公表した「認知症高齢者等への地域支援に関する実態調査」では、平成二十六年度の介護保険法改正を受けて全市町村に置かれることとなった認知症初期集中支援チームや、認知症医療の中核として二次医療圏ごとに整備が進められている認知症疾患医療センターの実態などを調査しました。
 調査の結果、認知症初期集中支援チームについては、制度立案時の想定とは必ずしも一致しないながら、既存の地域包括支援センターなどと様々な形で役割分担し、一定の実績を上げている例が見られました。また、認知症疾患医療センターについては、行うこととなっている事業評価等が位置付けが不分明等の事情から十分になされていない実態が見られました。
 そこで、厚生労働省に対し、各地の実例を把握、分析した上で、地域の実情に応じ柔軟に選択可能な支援のスキームや評価の指標を市町村に示すこと、認知症疾患医療センターの事業評価の適正化について必要な措置を講ずるよう勧告を行いました。
 次に、資料四ページから八ページを御覧ください。
 本年五月十五日に公表した「学校における専門スタッフ等の活用に関する調査」では、学校現場において重要な役割を期待されているスクールカウンセラーを始めとした様々な専門スタッフの活用実態などを調査しました。
 調査の結果、六十三件の専門スタッフ活用に当たる関係者の参考となる事例が得られましたので、整理し、公表したところです。
 また、スクールカウンセラー及びスクールソーシャルワーカーに関する事例では、関係者の理解や連携の不足から、不登校などに際し、これらのスタッフが十分な役割を果たせていないというものが見られました。
 このため、文部科学省に対し、これらのスタッフの現場における効果的な活用を促すため、専門性などを生かした取組事例の情報が現場で共有されるよう、必要な措置を講ずるよう勧告を行いました。
 次に、資料九ページから十三ページを御覧ください。
 本年五月十五日に公表した「農道・林道の維持管理に関する行政評価・監視」では、各管理者における橋梁、トンネル等の点検、診断、修繕などの維持管理の実態を調査しました。
 調査の結果、農林水産省に対し、効率的、効果的なメンテナンスサイクルの確立のため、農道、林道の維持管理体制の実態に即した支援、台帳の整備促進等、個別施設計画の内容の適正化のために必要な技術的助言、併用林道等の複数の管理者が関わる農道、林道施設の効率的な管理のための役割分担の明確化や情報共有の促進、農道、林道としての必要性が認められなくなった高速道路跨道橋の廃止、撤去に向けた支援等の検討、実施など、必要な措置を講ずるよう勧告を行いました。
 御説明は以上でございます。今後とも本委員会の御審議に行政評価機能が一層資するよう取り組んでまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。

#10
○委員長(川田龍平君) 以上で説明の聴取は終わりました。
 大臣及び政府参考人は御退席いただいて結構です。
    ─────────────

#11
○委員長(川田龍平君) この際、国と地方の行政の役割分担に関する小委員長から小委員会の活動経過について報告いたしたい旨の申出がございましたので、これを許します。西田小委員長。

#12
○西田実仁君 国と地方の行政の役割分担に関する小委員会の経過について御報告申し上げます。
 行政監視委員会は、法案審査や国費の使途といった観点による調査にとらわれない横断的、多面的な観点からの調査を着実に行う役割を担っております。国と地方の行政の役割分担に関する小委員会は、平成三十年以来の参議院改革の一環として、参議院の行政監視機能の向上を目的として、本年四月十三日に設置されました。小委員会は、その機動性を生かして、国と地方の行政の役割分担についての調査を深めつつ、行政監視委員会の活動を充実させるための視座や論点を提示していくことが使命と認識しております。
 去る四月十三日及び五月二十五日に開会した二回の小委員会では、行政においては、国と地方が適切に役割分担するとともに、密接に協力していくことが必要であり、国全体を通じた施策の一貫性や公平性に留意しつつも、各地域が有する特色や事情を考慮することや、地方の自主性、自立性を尊重することが大切であること、また、現下の新型コロナウイルス感染症対策においても認識されたように、国と地方が適切に役割分担、連携して一体となって取り組んでいくことが施策の効果を上げる上で重要であること、さらに、交付金や通知、事務連絡、行政計画などは、施策の一体性、実効性を維持するために取られる行政手法であるが、地方自治体の財政力や人的体制の差、地理的特性、人口減少、高齢化といった地域ごとに異なる実情や、地方自治体の業務負担を考慮してきめ細かく対応していくことが課題であることなどについて議論が行われました。
 今後とも、国と地方の行政の役割分担をめぐる問題について、議論を深めることが望まれております。
 以上、御報告申し上げます。

#13
○委員長(川田龍平君) 以上で小委員長の報告は終了いたしました。
    ─────────────

#14
○委員長(川田龍平君) 調査報告書の提出についてお諮りいたします。
 本委員会は、本院規則第七十四条の五により、計画的、継続的かつ効果的な行政監視に資するため、少なくとも毎年一回、その実施の状況等を議院に報告するものとされております。
 理事会において協議の結果、お手元に配付の行政監視の実施の状況等に関する報告書案がまとまりました。
 つきましては、本案を本委員会の調査報告書として議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#15
○委員長(川田龍平君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────

#16
○委員長(川田龍平君) この際、お諮りいたします。
 ただいま提出を決定いたしました調査報告書に基づき、本会議において行政監視の実施の状況等に関し報告を行いたいと存じます。
 本院規則第七十三条第一項の規定により、行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査の中間報告要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#17
○委員長(川田龍平君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、要求書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#18
○委員長(川田龍平君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト