くにさくロゴ
2020/05/07 第201回国会 参議院 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第10号 令和2年5月7日
姉妹サイト
 
2020/05/07 第201回国会 参議院

第201回国会 参議院 国土交通委員会 第10号 令和2年5月7日

#1
令和二年五月七日(木曜日)
   午後一時開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月七日
    辞任         補欠選任
     島村  大君     末松 信介君
     梅村みずほ君     室井 邦彦君
 四月十三日
    辞任         補欠選任
     岩本 剛人君     山崎 正昭君
 四月十四日
    辞任         補欠選任
     山崎 正昭君     岩本 剛人君
 四月十五日
    辞任         補欠選任
     清水 真人君     石井 準一君
 四月十六日
    辞任         補欠選任
     石井 準一君     清水 真人君
 四月二十二日
    辞任         補欠選任
     舟山 康江君     増子 輝彦君
 五月一日
    辞任         補欠選任
     金子原二郎君     三浦  靖君
     末松 信介君     宮崎 雅夫君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         田名部匡代君
    理 事
                朝日健太郎君
                酒井 庸行君
                増子 輝彦君
                伊藤 孝江君
                武田 良介君
    委 員
                足立 敏之君
                青木 一彦君
                岩本 剛人君
                清水 真人君
                鶴保 庸介君
                豊田 俊郎君
                三浦  靖君
                宮崎 雅夫君
                和田 政宗君
                小沢 雅仁君
                長浜 博行君
                野田 国義君
                浜口  誠君
                森屋  隆君
                里見 隆治君
                宮崎  勝君
                室井 邦彦君
                木村 英子君
                上田 清司君
   国務大臣
       国土交通大臣   赤羽 一嘉君
   副大臣
       国土交通副大臣  青木 一彦君
   大臣政務官
       国土交通大臣政
       務官       和田 政宗君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        林  浩之君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関
 する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、
 衆議院送付)
    ─────────────

#2
○委員長(田名部匡代君) ただいまから国土交通委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る一日までに、梅村みずほさん、島村大さん、舟山康江さん及び金子原二郎さんが委員を辞任され、その補欠として室井邦彦さん、増子輝彦さん、三浦靖さん及び宮崎雅夫さんが選任されました。
    ─────────────

#3
○委員長(田名部匡代君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#4
○委員長(田名部匡代君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に増子輝彦さんを指名いたします。
    ─────────────

#5
○委員長(田名部匡代君) 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。赤羽国土交通大臣。

#6
○国務大臣(赤羽一嘉君) ただいま議題となりました高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律案の提案理由につきまして御説明申し上げます。
 平成十二年の旧交通バリアフリー法の制定から二十年が経過し、我が国のバリアフリーのハード面の整備は着実に進展してきましたが、ハード面の整備を引き続き進める一方で、整備された施設等の使用方法などソフト面の対策を強化することが必要となっております。
 また、平成三十年にユニバーサル社会の実現に向けた諸施策の総合的かつ一体的な推進に関する法律が制定され、全ての国民が障害の有無、年齢等によって分け隔てられることなく共生する社会、すなわち共生社会の実現に向けて、ハード、ソフト両面の諸施策の一層の推進が求められております。
 こうした中、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会は、共生社会の実現に向けた機運を醸成する絶好の機会であり、パラリンピアンの受入れを契機に、共生社会ホストタウンとして、ユニバーサルデザインのまちづくりと心のバリアフリーに取り組む地方公共団体が全国に拡大してきております。この取組を東京大会のレガシーとして我が国にしっかりと根付かせるため、地方公共団体、学校その他の関係者と連携しつつ、ハード、ソフト両面のバリアフリーを推進するための仕組みを構築することが必要となっております。
 このような趣旨から、この度この法律案を提案することとした次第です。
 次に、この法律案の概要につきまして御説明申し上げます。
 第一に、本法の目的に、バリアフリーに関する国民の理解の増進及び協力の確保を図るための措置を講ずる旨を追加することとしております。
 第二に、公共交通事業者等に対して、バリアフリー化された旅客施設等を使用した役務の提供の方法に関するソフト基準の遵守を義務付けるとともに、高齢者、障害者等である旅客の乗り継ぎを円滑に行うための協力について、事業者間の協議への応諾を義務付けることとしております。
 第三に、高齢者、障害者等がバリアフリー化された設備を円滑に利用することができるよう、国等及び施設設置管理者は利用者の適正な配慮についての広報活動、啓発活動等を行うよう努めることとしております。
 第四に、主務大臣が定める基本方針や市町村が作成する移動等円滑化促進方針の記載事項に国民の理解の増進及び協力の確保に関する事項を追加するとともに、市町村が作成する移動等円滑化基本構想に係る事業の類型として、学校と連携して実施する教育活動や住民等への啓発活動の実施に関する事業を追加することとしております。また、本法の主務大臣に文部科学大臣を追加することとしております。
 第五に、公立小中学校及びバス等の旅客の乗降のための道路施設についてハード面のバリアフリー化を更に進めるため、これらをバリアフリー基準の適合義務の対象とするための規定の整備を行うこととしております。
 その他、これらに関連いたしまして、所要の規定の整備を行うこととしております。
 以上がこの法律案を提案する理由です。
 この法律案が速やかに成立いたしますよう、何とぞ御審議をよろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。

#7
○委員長(田名部匡代君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後一時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト