くにさくロゴ
2020/03/31 第201回国会 参議院 第201回国会 参議院 議院運営委員会 第10号 令和2年3月31日
姉妹サイト
 
2020/03/31 第201回国会 参議院

第201回国会 参議院 議院運営委員会 第10号 令和2年3月31日

#1
令和二年三月三十一日(火曜日)
   午後三時四十三分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         松村 祥史君
    理 事
                大家 敏志君
                佐藤  啓君
                馬場 成志君
                川合 孝典君
                斎藤 嘉隆君
                平木 大作君
                東   徹君
                倉林 明子君
    委 員
                岩本 剛人君
                加田 裕之君
                清水 真人君
                本田 顕子君
                三浦  靖君
                宮崎 雅夫君
                山田 太郎君
                渡辺 猛之君
                木戸口英司君
                岸 真紀子君
                熊谷 裕人君
                宮沢 由佳君
                森本 真治君
                塩田 博昭君
                下野 六太君
                石井  章君
        ─────
       議長       山東 昭子君
       副議長      小川 敏夫君
        ─────
   事務局側
       事務総長     岡村 隆司君
       事務次長     小林 史武君
       議事部長     金子 真実君
       委員部長     木下 博文君
       記録部長     鈴木 千明君
       警務部長     大蔵  誠君
       庶務部長    加賀谷ちひろ君
       管理部長     金澤 真志君
       国際部長     三澤  康君
   国立国会図書館側
       副館長      田中 久徳君
       総務部長     片山 信子君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関す
 る件
○本日の本会議の議事に関する件
    ─────────────

#2
○委員長(松村祥史君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 副館長の説明を求めます。

#3
○国立国会図書館副館長(田中久徳君) 御説明申し上げます。
 本件は、高齢者活躍推進への対応のため、国立国会図書館の定員を一人増員し、八百九十人に改めようとするものでございます。
 以上でございます。

#4
○委員長(松村祥史君) これより質疑を行います。
 質疑のある方は順次御発言願います。

#5
○東徹君 日本維新の会の東徹でございます。
 先ほど御説明のありました国立国会図書館の職員の定員でありますが、八百八十九名を一人増やして八百九十名ということでありますが、一名であれば、本来、何とかやりくりをして組織の中でどうにかできるというふうに思いますが、なぜ今定員を増やす必要があるのか、お伺いしたいと思います。

#6
○国立国会図書館副館長(田中久徳君) 今回の増員でございますが、これは再任用フルタイム勤務職員等のための定員に係るものでございます。
 年金支給開始年齢の引上げを受けて、定年後に再任用フルタイムで勤務する職員が増加しておりますが、その熟達した能力あるいは豊富な知識、経験によって業務に貢献をしております。
 一方で、こうした再任用フルタイム勤務職員が増加しますと、新規採用職員が減少するということにもなります。今回の増員により、年齢構成への影響を和らげつつ、高齢者の活躍推進を図ってまいりたいと考えております。
 また、国立国会図書館の業務量は年々増加しております。定員の一名増は当館にとっては大変貴重な人員でございますので、業務の合理化に引き続き取り組みつつ、この人員を最大限活用してまいりたいと存じます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

#7
○東徹君 業務の見直しが必要だということを再三言わせていただきました。
 いつもここは必要ではないなと思うのが、国会議員の閲覧室なんですね。僕は、あそこ、呼ばれて行くことが何度かあったんですけれども、行くたびに議員の密談室みたいな状況になっているのね、あそこは。本来、図書館というところは飲物は持込禁止だと思うんですけれども、わざわざお茶出してくれるんですね。
 そういったものは私は要らないというふうに思っていまして、是非そういったことから業務の見直しを図っていただきたいというふうに思いますが、いかがですか。

#8
○国立国会図書館副館長(田中久徳君) ただいまお話のありました国立国会図書館の議員閲覧室でございますが、これは国会議員の先生方の調査研究のための部屋として、先生方御自身で調査研究をされる、あるいは当館の調査員が調査結果を御説明に上がるということがございます。
 この議員閲覧室の職員ですけれども、閲覧室の管理運営を主として行っております。また、簡易な調査や目録の作成といった業務も行っているものでございます。
 引き続き業務の合理化に努めますとともに、職員の適正配置に努めてまいりたいと存じます。
 よろしくお願い申し上げます。

#9
○東徹君 ほとんど使われていないところだというふうに思いますので、是非検討いただきたいと思います。
 以上で質問を終わらせていただきます。

#10
○委員長(松村祥史君) 他に御発言もないようですから、本件に対する質疑を終了いたします。
 次に、本件につき御意見のある方は御発言願います。

#11
○東徹君 日本維新の会の東徹でございます。
 私は、議題となっております国立国会図書館職員定員規程の一部を改正する件について、反対の意見を表明いたします。
 今国会に国家公務員の定年延長に関する法案が提出されているように、高齢の国家公務員の方にその経験や知識を生かして活躍いただけるようにすることは重要です。しかし、国家公務員の人件費の財源が税金である以上、国家公務員である国会図書館の職員定数を増やすことには慎重にならなければなりません。
 定員の合理化のため、本当に必要な業務かどうか、ただ慣例的に行っているのではないかなど、その業務が時代に合ったのかどうかを検討することが必要です。業務量の増加などのため、定員をただ増やす以外の方法がないときに初めて定員の増加は認められるべきものと考えます。
 ましてや、今、新型コロナウイルスの影響で、民間企業はもう倒産するかしないか、もう本当に厳しい状況にある中で大変な苦労をして、何とか従業員の雇用を守るために必死で頑張っているところです。そんな中、自らの人事管理の甘さを棚に上げていとも簡単に定員を増やすというのは、国民の税金で運営し、倒産の心配がない、まさに公務員体質そのものであります。
 このような税金に対する意識の低さは大いに反省していただかねばならず、本来なら案件を自ら取り下げるべきであります。今回の件を今後への教訓として、国会図書館が税金に対する意識を根本的に改め、抜本的な業務の見直しをすぐにでも行っていかなければならないことを指摘し、反対の意見表明とさせていただきます。

#12
○委員長(松村祥史君) 他に御発言ございませんか。──他に御発言がなければ、これより採決を行います。
 本件につきましては、副館長説明のとおり承認することに賛成の諸君の起立を願います。
   〔賛成者起立〕

#13
○委員長(松村祥史君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ─────────────

#14
○委員長(松村祥史君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。

#15
○事務総長(岡村隆司君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、日程第一について、内閣委員長が報告された後、採決いたします。
 以下は全て議案の緊急上程でございます。緊急上程議案につきましては、その都度、日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。
 まず、国際金融公社加盟措置法及び国際開発協会加盟措置法改正案について、財政金融委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、雇用保険法等改正案について、厚生労働委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、NHK予算について、総務委員長が報告された後、採決いたします。
 なお、本日の議案の採決は、いずれも押しボタン式投票をもって行います。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約十五分の見込みでございます。

#16
○委員長(松村祥史君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

#17
○委員長(松村祥史君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、予鈴は午後三時五十五分、本鈴は午後四時でございます。
 暫時休憩いたします。
   午後三時五十分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト