くにさくロゴ
2019/12/04 第200回国会 参議院 第200回国会 参議院 情報監視審査会 第4号 令和元年12月4日
姉妹サイト
 
2019/12/04 第200回国会 参議院

第200回国会 参議院 情報監視審査会 第4号 令和元年12月4日

#1
令和元年十二月四日(水曜日)
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    会 長         中曽根弘文君
    委 員
                磯崎 仁彦君
                猪口 邦子君
                堀井  巌君
                杉尾 秀哉君
                浜口  誠君
                谷合 正明君
                清水 貴之君
        ─────
       議長       山東 昭子君
       副議長      小川 敏夫君
        ─────
   事務局側
       事務総長     郷原  悟君
       事務次長     岡村 隆司君
       情報監視審査会
       事務局長     松井 一彦君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○年次報告書に関する件
○調査及び審査の報告に関する件
○行政における特定秘密の指定及びその解除並び
 に適性評価の実施の状況に関する調査
 (海外派遣議員の報告)
    ─────────────
   午後一時三分開会
#2
○会長(中曽根弘文君) ただいまから情報監視審査会を再開いたします。
 年次報告書の提出についてお諮りいたします。
 本審査会は、毎年一回、調査及び審査の経過及び結果に関する報告書を議長に提出し、議長からこれを公表いただくことになっております。
 今般、審査会における調査を踏まえ、お手元に配付の年次報告書案がまとまりました。
 つきましては、本案を本審査会の報告書として議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○会長(中曽根弘文君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、本報告書につきましては、これを本日の会議録の末尾に掲載いたします。
    ─────────────
#4
○会長(中曽根弘文君) この際、お諮りいたします。
 ただいま提出を決定いたしました報告書につきましては、議院の会議における報告の申出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○会長(中曽根弘文君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○会長(中曽根弘文君) 本日は、議長及び副議長に御出席いただいておりますので、この際、報告書を議長に提出いたしたいと存じます。
 皆様、御起立をお願いいたします。
   〔総員起立〕
   〔会長、報告書を議長に提出〕
#7
○会長(中曽根弘文君) 議長におかれましては、よろしくお取り計らいをお願いいたします。
 御着席ください。
 議長から御発言がございます。
#8
○議長(山東昭子君) この度は、中曽根会長を始め審査会の委員の皆様方の精力的な調査の結果、報告を頂戴をいたしました。こうした成果でありますこの報告書をいただきまして、これはしかるべく取り計らいをさせていただきたいと思います。
 どうもありがとうございました。お疲れさまでございました。
#9
○会長(中曽根弘文君) ありがとうございました。
 暫時休憩いたします。
   午後一時五分休憩
     ─────・─────
   午後一時六分開会
#10
○会長(中曽根弘文君) ただいまから情報監視審査会を再開いたします。
 行政における特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況に関する調査を議題といたします。
 海外派遣議員の報告を聴取いたします。
 先般、本院から、アメリカ合衆国及びカナダにおける政府が保有する秘密情報に対する議会の監視活動に関する実情調査並びに両国の政治経済事情等視察のため、海外派遣が行われました。
 本審査会の調査に資するため、海外派遣議員を代表して杉尾君から、その概要について報告を聴取したいと存じます。杉尾秀哉君。
#11
○杉尾秀哉君 それでは、御報告させていただきます。
 参議院重要事項調査議員団第一班の調査につきまして御報告申し上げます。
 本議員団は、アメリカ合衆国及びカナダにおける政府が保有する秘密情報に対する議会の監視活動に関する実情調査等を目的とし、本年九月十六日から二十一日までの六日間の日程で両国を訪問いたしました。
 派遣議員は、中曽根弘文議員を団長とし、猪口邦子議員、江島潔議員、堀井巌議員、谷合正明議員、浜口誠議員、清水貴之議員及び私、杉尾秀哉の八名であり、派遣時の情報監視審査会のメンバーにより議員団が構成されました。
 以下、調査の主な内容について御報告いたします。
 まず、米国では、シフ下院情報特別委員長を始め、連邦議会におきまして政府情報機関の監視等を行う上下各院の情報特別委員会の七名の委員等と面会いたし、委員会における具体的な監視手法等について意見交換を行いました。また、行政機関による秘密情報の指定及び解除の適切性の審査等を行う情報保全監督局及び省庁間上訴委員会を訪問し、両機関の活動について聴取をいたしました。このほか、日米間の主要問題に関する研究、分析等を目的として活動する連邦議会日本研究グループの共同議長でありますビリー・ロング下院議員との会談も行いました。
 続きまして、カナダでは、議会下院の解散中の訪問となりましたけれども、日加両国間の相互理解等を目的として活動するカナダ日本国会議員連盟の共同議長でありますマンソン上院議員を始め、同議員連盟所属の上院議員等と意見交換を行いました。また、安全保障・情報活動に従事する行政機関の活動を独立の立場から監視等を行う国家安全保障情報評価庁及び国会議員安全保障情報委員会をそれぞれ訪問しまして、両機関の活動について聴取いたしました。
 以上が調査の主な内容でございます。
 続いて、今般の調査を踏まえまして、政府の秘密情報の取扱い等の実効的な監視に向けた国会の取組について、以下三点の所見を申し述べさせていただきます。
 なお、以下の所見は、議員団が情報監視審査会のメンバーで構成されましたことから、本審査会の活動を念頭に置いたものとなっておりますけれども、国会全体又は国会の他の機関による取組にも示唆を与え得るものである旨あらかじめ付言させていただきます。
 まず第一は、監視手法に関する所見であります。
 今回訪問した監視機関の多くでは、監視の実効性を最大化するため、問題が存在する可能性が高い事項を事前調査に基づいて抽出し、集中的に調査する手法でありますリスクベース・アプローチを意識した取組を行っております。
 本審査会のこれまでの調査におきましても、実質的にリスクベース・アプローチが用いられているところでございますが、引き続き、このアプローチを意識して取り組む必要があるものと考えております。
 次に、第二は、監視結果の報告に関する所見であります。
 今回訪問した監視機関では、その活動が行政機関の取組の改善につながり、また、国民の知る権利に十分応えたものとなるよう、政府や国民向けの報告内容の充実に努めている様子がうかがえました。
 本審査会におきましても、年次報告書において米加両国の各監視機関と同様の配慮を行っておりますが、今後も調査内容を分かりやすく開示するため工夫を重ねていく必要がある、このように考えております。
 そして、第三は、監視活動の補佐体制に関する所見です。
 今回訪問した監視機関では、経験や専門性を有する職員の登用等を通じて、監視活動を補佐する事務局の体制の充実に努めております。
 本審査会におきましても、監視活動の専門性及び秘密保護の必要に鑑み、その活動を補佐する事務局職員に関して、審査会の役割に応じた適切な人選や調査能力の向上の取組等の必要な措置が引き続き講じられていくことが重要である旨指摘させていただきます。
 以上述べました点が、今般の調査を踏まえた知見でございます。
 なお、調査の報告書につきましては、議院運営委員会に提出され、同委員会会議録の末尾に掲載される予定でございますので、御参照願いたいと存じます。
 最後になりましたけれども、調査に御協力いただきました訪問先の皆様方、内外の関係機関の皆様方に対しまして心より感謝を申し上げまして、報告とさせていただきます。
 ありがとうございました。
#12
○会長(中曽根弘文君) 以上で概要報告の聴取は終了いたしました。
    ─────────────
#13
○会長(中曽根弘文君) この際、御報告いたします。
 去る六日の審査会の会議録の中で特に秘密を要するものとする部分につきましては、審査会の決議に基づき、運営協議会の協議を経て、会長においてその箇所を決定いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト