くにさくロゴ
2019/10/30 第200回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第200回国会 外務委員会 第3号
姉妹サイト
 
2019/10/30 第200回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第200回国会 外務委員会 第3号

#1
第200回国会 外務委員会 第3号
令和元年十月三十日(水曜日)
    午前九時開議
 出席委員
   委員長 松本 剛明君
   理事 岩屋  毅君 理事 木原 誠二君
   理事 鈴木 憲和君 理事 中山 泰秀君
   理事 山田 賢司君 理事 下条 みつ君
   理事 山内 康一君 理事 竹内  譲君
      小野寺五典君    木村 次郎君
      城内  実君    黄川田仁志君
      新藤 義孝君    杉田 水脈君
      鈴木 隼人君    武井 俊輔君
      中曽根康隆君    中谷 真一君
      中山 展宏君    古川  康君
      阿久津幸彦君    小熊 慎司君
      岡田 克也君    玄葉光一郎君
      森山 浩行君    穀田 恵二君
      杉本 和巳君    井上 一徳君
    …………………………………
   外務大臣         茂木 敏充君
   外務副大臣        若宮 健嗣君
   外務副大臣        鈴木 馨祐君
   外務大臣政務官      中谷 真一君
   外務大臣政務官      中山 展宏君
   外務委員会専門員     小林 扶次君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月三十日
 辞任         補欠選任
  尾身 朝子君     木村 次郎君
  鈴木 貴子君     古川  康君
同日
 辞任         補欠選任
  木村 次郎君     尾身 朝子君
  古川  康君     鈴木 貴子君
    ―――――――――――――
十月二十四日
 日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(条約第一号)
 デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件(条約第一号)
 デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件(条約第二号)
     ――――◇―――――
#2
○松本委員長 これより会議を開きます。
 日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件及びデジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件の両件を議題といたします。
 これより順次趣旨の説明を聴取いたします。外務大臣茂木敏充君。
    ―――――――――――――
 日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件
 デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○茂木国務大臣 おはようございます。
 ただいま議題となりました日本国とアメリカ合衆国との間の貿易協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。
 政府は、平成三十一年四月以来、アメリカ合衆国との間でこの協定の交渉を行いました。その結果、令和元年十月七日にワシントンにおいて、我が方在米大使と先方合衆国通商代表との間で、この協定の署名が行われました。
 この協定は、我が国とアメリカ合衆国との間で、物品の貿易につき、関税の撤廃又は削減の方法等を定め、両国間の物品の貿易を促進するものであります。
 この協定の締結により、我が国とアメリカ合衆国との間の物品の貿易が促進され、両国間の経済的な結びつきがより強固になることを通じ、両国経済が一段と活性化し、ひいては両国関係全般が一層緊密化することが期待されます。
 よって、ここに、この協定の締結について御承認を求める次第であります。
 次に、デジタル貿易に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定の締結について承認を求めるの件につきまして、提案理由を御説明いたします。
 政府は、平成三十一年四月以来、アメリカ合衆国との間でこの協定の交渉を行いました。その結果、令和元年十月七日にワシントンにおいて、我が方在米大使と先方合衆国通商代表との間で、この協定の署名が行われました。
 この協定は、我が国とアメリカ合衆国との間で、円滑で信頼性の高い自由なデジタル貿易を促進するための法的基盤を確立することにより、両国間のデジタル貿易を促進することを目的とするものであります。
 この協定の締結により、我が国とアメリカ合衆国との間のデジタル貿易が促進され、両国間の経済的な結びつきがより強固になることを通じ、両国間の貿易が安定的に拡大し、ひいては自由で開かれた国際経済の発展につながることが期待されます。
 よって、ここに、この協定の締結について御承認を求める次第であります。
 以上二件につき、何とぞ、御審議の上、速やかに御承認いただきますようお願いいたします。
#4
○松本委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 次回は、来る十一月一日金曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前九時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト