くにさくロゴ
2019/06/06 第198回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第198回国会 議院運営委員会 第28号
姉妹サイト
 
2019/06/06 第198回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第198回国会 議院運営委員会 第28号

#1
第198回国会 議院運営委員会 第28号
令和元年六月六日(木曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 高市 早苗君
   理事 菅原 一秀君 理事 御法川信英君
   理事 赤澤 亮正君 理事 大塚  拓君
   理事 松本 洋平君 理事 熊田 裕通君
   理事 手塚 仁雄君 理事 牧  義夫君
   理事 佐藤 英道君
      大隈 和英君    古賀  篤君
      根本 幸典君    百武 公親君
      藤丸  敏君    星野 剛士君
      本田 太郎君    牧島かれん君
      武内 則男君    松田  功君
      浅野  哲君    森田 俊和君
      塩川 鉄也君    遠藤  敬君
      重徳 和彦君
    …………………………………
   議長           大島 理森君
   副議長          赤松 広隆君
   事務総長         向大野新治君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月六日
 辞任         補欠選任
  関 健一郎君     浅野  哲君
  広田  一君     重徳 和彦君
同日
 辞任         補欠選任
  浅野  哲君     関 健一郎君
  重徳 和彦君     広田  一君
    ―――――――――――――
六月五日
 議員丸山穂高君糾弾決議案(菅原一秀君外十三名提出、決議第四号)
は本委員会に付託された。
六月五日
 議員丸山穂高君の議員辞職勧告に関する決議案(手塚仁雄君外六名提出、決議第二号)
 議員丸山穂高君譴責決議案(菅原一秀君外六名提出、決議第三号)
は撤回された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議員丸山穂高君糾弾決議案(菅原一秀君外十三名提出、決議第四号)
 国家公務員等任命につき同意を求めるの件
 立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○高市委員長 これより会議を開きます。
 まず、菅原一秀君外十三名提出の議員丸山穂高君糾弾決議案を議題とし、提出者から趣旨の説明を聴取いたします。菅原一秀君。
    ―――――――――――――
 議員丸山穂高君糾弾決議案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○菅原議員 提出者を代表し、ただいま議題となりました議員丸山穂高君糾弾決議案につき、その趣旨を御説明いたします。
 去る五月十一日、丸山穂高君はビザなし交流事業に参加し、国後島を訪問した後、過度に飲酒し、泥酔の上、他の参加団員に対して迷惑行為を働くとともに、同行記者と懇談中の元島民である訪問団長に対して暴言を吐き、本人も事実関係を認めております。
 かかる言動は到底容認できず、五月十七日には立憲、国民、共産、維新、社保、社民から議員辞職勧告決議案が提出され、二十一日には自民、公明から譴責決議案が提出をされました。
 その後、五月二十三日になりまして、丸山穂高君の極めて品位を欠く言動に関し、新たな報道がなされました。丸山君は、五月十五日のツイッターに、議運委や本会議では本人からの弁明の機会すらないと書き込んでおり、当委員会の理事会にその後出席を要請したところ、体調不良で出席できないとの回答がございました。翌五月二十四日には診断書が提出をされたところでございます。
 本人の出席が得られないことから、やむを得ず内閣府と外務省を理事会に招致いたしまして、説明を聴取したところ、報道されていることはおおむね事実であることが明らかになりました。
 六月三日に丸山穂高君から弁明書が提出されましたが、その内容は自分の主張を擁護するものが目立ち、事態の重大性を認識しているとは到底思えません。
 丸山君の常軌を逸した行為は、我が国の国益を大きく損ない、本院の権威と品位を著しく失墜させております。看過できない新たな実態が判明したことから、この際、それぞれが提出しておりました決議案を撤回の上、改めて糾弾決議案を共同で提出し、院として厳しく丸山穂高君を糾弾し、直ちにみずからの進退について判断を促すものであります。
 以上が、本決議案の提出理由でございます。
 何とぞ各委員の皆様の御賛同をお願いいたします。
#4
○高市委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#5
○高市委員長 本決議案につきましては、質疑及び討論の申出がありませんので、直ちに採決いたします。
 議員丸山穂高君糾弾決議案について採決いたします。
 本決議案に賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#6
○高市委員長 挙手総員。よって、本決議案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 お諮りいたします。
 本決議案に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○高市委員長 次に、ただいま議決いたしました本決議案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#10
○高市委員長 次に、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてでありますが、検査官、原子力委員会委員、公認会計士・監査審査会委員、預金保険機構理事、日本放送協会経営委員会委員、労働保険審査会委員、中央社会保険医療協議会公益委員、社会保険審査会委員、原子力規制委員会委員に、お手元の印刷物にあります諸君を任命するについて、内閣から本院の同意を求めてまいっております。
    ―――――――――――――
 一、国家公務員等任命につき同意を求めるの件
  検査官
   田中 弥生君 柳麻理君(通称:小林麻理)8・15定年退官につきその後任
  原子力委員会委員
   中西 友子君 6・15任期満了につき再任
  公認会計士・監査審査会委員
   勝尾 裕子君 淵田康之君3・31任期満了につきその後任
  預金保険機構理事
   内藤 浩文君 貴志浩平君9・7任期満了につきその後任
   手塚 明良君 9・7任期満了につき再任
  日本放送協会経営委員会委員
   高橋 正美君 6・19任期満了につき再任
   明石 伸子君 小林いずみ君6・19任期満了につきその後任
   堰八 義博君 6・19任期満了につき再任
   村田 晃嗣君 6・19任期満了につき再任
   渡邊 博美君 6・19任期満了につき再任
  労働保険審査会委員
   鈴木麻里子君 品田充儀君8・14任期満了につきその後任
   室井 純子君 木村亨君6・30任期満了につきその後任
  中央社会保険医療協議会公益委員
   荒井  耕君 6・14任期満了につき再任
   秋山 美紀君 野口晴子君6・20任期満了につきその後任
  社会保険審査会委員
   高野  伸君 6・22任期満了につき再任
  原子力規制委員会委員
   石渡  明君 9・18任期満了につき再任
   田中  知君 9・18任期満了につき再任
    ―――――――――――――
#11
○高市委員長 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○高市委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#13
○高市委員長 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件についてでありますが、これについて事務総長の説明を求めます。
#14
○向大野事務総長 立法事務費の交付を受ける会派の認定は、当委員会の議決によって決定することとなっております。
 今回、立法事務費の交付に関する届出が、院内において無所属となっております階猛君の階誠会から提出されておりますので、会派の認定をお諮りいただきます。
 なお、階誠会は、政治資金規正法第六条の届出を行っております。
#15
○高市委員長 それでは、ただいま事務総長から説明のありましたとおり、階誠会を立法事務費の交付を受ける会派と認定するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#16
○高市委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#17
○高市委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#18
○向大野事務総長 まず最初に、動議により、議員丸山穂高君糾弾決議案を緊急上程いたします。高市議院運営委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、国家公務員等任命につき同意を求めるの件についてお諮りいたします。採決は三回になりますが、順序は印刷物のとおりでございます。
 次に、日程第一は委員長提出の議案でありますので、議長から委員会の審査を省略することをお諮りいたします。次いで牧原内閣委員長の趣旨弁明がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第二及び第三につき、委員会の審査省略をお諮りして、秋葉環境委員長の趣旨弁明がございます。採決は二回になります。一回目は日程第二で、全会一致でございます。二回目は日程第三で、共産党が反対でございます。
 次に、日程第四につき、葉梨法務委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、日程第五につき、委員会の審査省略をお諮りして、武藤農林水産委員長の趣旨弁明がございます。全会一致でございます。
 次に、日程第六及び第七につき、冨岡厚生労働委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、全会一致でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
       採決順序
 1(全会一致)
  検査官
                田中 弥生君
  公認会計士・監査審査会委員
                勝尾 裕子君
  預金保険機構理事
      内藤 浩文君    手塚 明良君
  労働保険審査会委員
                室井 純子君
  中央社会保険医療協議会公益委員
      荒井  耕君    秋山 美紀君
  社会保険審査会委員
                高野  伸君
 2(反対 立憲、共産、社民)
  原子力委員会委員
                中西 友子君
  日本放送協会経営委員会委員
      明石 伸子君    堰八 義博君
      村田 晃嗣君
  労働保険審査会委員
                鈴木麻里子君
  原子力規制委員会委員
      石渡  明君    田中  知君
 3(反対 立憲、社民)
  日本放送協会経営委員会委員
      高橋 正美君    渡邊 博美君
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十一号
  令和元年六月六日
    午後一時開議
 第一 子どもの貧困対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣委員長提出)
 第二 動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律案(環境委員長提出)
 第三 浄化槽法の一部を改正する法律案(環境委員長提出)
 第四 司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第五 棚田地域振興法案(農林水産委員長提出)
 第六 自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律案(参議院提出)
 第七 死因究明等推進基本法案(参議院提出)
    ―――――――――――――
#19
○高市委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#20
○高市委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 なお、来る十二日水曜日午前十一時から理事会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト