くにさくロゴ
2018/11/20 第197回国会 参議院 参議院会議録情報 第197回国会 内閣委員会 第3号
姉妹サイト
 
2018/11/20 第197回国会 参議院

参議院会議録情報 第197回国会 内閣委員会 第3号

#1
第197回国会 内閣委員会 第3号
平成三十年十一月二十日(火曜日)
   午後六時八分開会
    ─────────────
   委員の異動
 十一月十六日
    辞任         補欠選任
     青山 繁晴君     野上浩太郎君
 十一月二十日
    辞任         補欠選任
     石井 準一君     宮本 周司君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         石井 正弘君
    理 事
                藤川 政人君
                和田 政宗君
                竹内 真二君
                矢田わか子君
    委 員
                有村 治子君
                岡田  広君
                山東 昭子君
                豊田 俊郎君
                野上浩太郎君
                舞立 昇治君
               三原じゅん子君
                宮本 周司君
                西田 実仁君
                榛葉賀津也君
                清水 貴之君
   国務大臣
       国務大臣     宮腰 光寛君
   内閣官房副長官
       内閣官房副長官  野上浩太郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        藤田 昌三君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改
 正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
○特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正
 する法律案(内閣提出、衆議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(石井正弘君) ただいまから内閣委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十六日、青山繁晴君が委員を辞任され、その補欠として野上浩太郎君が選任されました。
 また、本日、石井準一君が委員を辞任され、その補欠として宮本周司君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(石井正弘君) この際、申し上げます。
 立憲民主党・民友会、日本共産党及び希望の会(自由・社民)所属委員の出席が得られませんので、出席を要請いたしたいと存じます。しばらくお待ちください。
 速記を止めてください。
   〔速記中止〕
#4
○委員長(石井正弘君) 速記を起こしてください。
 立憲民主党・民友会、日本共産党及び希望の会(自由・社民)所属委員に対し出席を要請いたしましたが、出席を得ることができませんでしたので、やむを得ず議事を進めます。
 一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。
 政府から順次趣旨説明を聴取いたします。宮腰国務大臣。
#5
○国務大臣(宮腰光寛君) ただいま議題となりました一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案及び特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案について、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 まず、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案について御説明申し上げます。
 本年八月十日、一般職の職員の給与の改定に関する人事院勧告が提出されました。政府としては、その内容を検討した結果、勧告どおり実施することが適当であると認め、一般職の職員の給与に関する法律等について改正を行うものであります。
 次に、法律案の内容について、その概要を御説明申し上げます。
 第一に、指定職俸給表を除く全ての俸給表について、俸給月額を若年層に重点を置きながら引き上げることとしております。
 第二に、勤勉手当の支給割合について、年間〇・〇五月分を引き上げること等としております。
 第三に、宿日直手当について、通常の宿日直勤務に係る支給額の限度額を勤務一回につき四千四百円に引き上げる等、所要の改善を図ることとしております。
 このほか、施行期日、この法律の施行に関し必要な措置等について規定しております。
 引き続きまして、特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案について御説明申し上げます。
 この法律案は、特別職の職員の給与について、一般職の職員の給与改定に併せて必要な改正を行うものであります。
 次に、法律案の内容について、その概要を御説明申し上げます。
 秘書官の俸給月額及び内閣総理大臣等の特別職の職員の期末手当について、一般職の職員の給与改定に準じた措置を行うこととしております。
 以上が、これらの法律案の提案理由及び内容の概要であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同あらんことをお願いいたします。
#6
○委員長(石井正弘君) 以上で両案の趣旨説明の聴取は終わりました。
 両案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後六時十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト