くにさくロゴ
2018/11/08 第197回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第197回国会 安全保障委員会 第1号
姉妹サイト
 
2018/11/08 第197回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第197回国会 安全保障委員会 第1号

#1
第197回国会 安全保障委員会 第1号
本国会召集日(平成三十年十月二十四日)(水曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 寺田  稔君
   理事 大岡 敏孝君 理事 武田 良太君
   理事 宮澤 博行君 理事 本多 平直君
   理事 渡辺  周君 理事 浜地 雅一君
      江渡 聡徳君    小田原 潔君
      小野寺五典君    大西 宏幸君
      大野敬太郎君    岸  信夫君
      北村 誠吾君    高村 正大君
      鈴木 貴子君    中谷  元君
      中谷 真一君    浜田 靖一君
      山本ともひろ君    和田 義明君
      宮川  伸君    村上 史好君
      前原 誠司君    佐藤 茂樹君
      広田  一君    赤嶺 政賢君
      下地 幹郎君    照屋 寛徳君
      長島 昭久君
    ―――――――――――――
十月二十四日
 寺田稔君委員長辞任につき、その補欠として岸信夫君が議院において、委員長に選任された。
平成三十年十一月八日(木曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 岸  信夫君
   理事 大岡 敏孝君 理事 武田 良太君
   理事 中谷 真一君 理事 宮澤 博行君
   理事 山本ともひろ君 理事 本多 平直君
   理事 渡辺  周君 理事 浜地 雅一君
      江渡 聡徳君    小田原 潔君
      小野寺五典君    大西 宏幸君
      大野敬太郎君    北村 誠吾君
      熊田 裕通君    高村 正大君
      鈴木 貴子君    浜田 靖一君
      和田 義明君    青柳陽一郎君
      篠原  豪君    前原 誠司君
      佐藤 茂樹君    広田  一君
      赤嶺 政賢君    下地 幹郎君
      照屋 寛徳君    長島 昭久君
    …………………………………
   外務大臣         河野 太郎君
   防衛大臣         岩屋  毅君
   外務副大臣        あべ 俊子君
   外務副大臣        佐藤 正久君
   防衛副大臣        原田 憲治君
   外務大臣政務官      鈴木 憲和君
   外務大臣政務官      辻  清人君
   外務大臣政務官      山田 賢司君
   防衛大臣政務官      鈴木 貴子君
   防衛大臣政務官      山田  宏君
   安全保障委員会専門員   林山 泰彦君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二十四日
 辞任         補欠選任
  寺田  稔君     熊田 裕通君
  宮川  伸君     篠原  豪君
  村上 史好君     青柳陽一郎君
十一月七日
 辞任         補欠選任
  下地 幹郎君     串田 誠一君
同日
 辞任         補欠選任
  串田 誠一君     下地 幹郎君
同月八日
 理事門山宏哲君十月四日委員辞任につき、その補欠として山本ともひろ君が理事に当選した。
同日
 理事若宮健嗣君十月二十三日委員辞任につき、その補欠として中谷真一君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○岸委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言御挨拶を申し上げます。
 このたび、安全保障委員長を拝命いたしました岸信夫でございます。まことに光栄に存じますとともに、その重責を痛切に感じている次第でございます。
 昨今の我が国を取り巻く安全保障環境は、関係国間に一部対話の動きが見られるものの、安全保障上の懸念は引き続き存在をしており、我が国の平和と安全を確保するため、当委員会が取り組む課題は山積をしております。
 委員長といたしまして、委員各位の御協力を賜りまして、円滑かつ公正なる委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○岸委員長 理事の補欠選任についてお諮りをいたします。
 委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○岸委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      中谷 真一君 及び山本ともひろ君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○岸委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 国の安全保障に関する事項について、本会期中国政に関する調査を行うため、衆議院規則第九十四条の規定により、議長に対し、承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○岸委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○岸委員長 この際、国務大臣、副大臣及び大臣政務官より、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。岩屋防衛大臣。
#8
○岩屋国務大臣 防衛大臣の岩屋毅でございます。
 本日は、岸委員長を始め理事及び委員の皆様に、防衛大臣としての所信を申し述べます。
 我が国を取り巻く安全保障環境は、従前想定していたよりも格段に速いスピードで厳しさと不確実性を増しております。
 朝鮮半島を見ますと、六月の米朝首脳会談によって、北朝鮮をめぐる情勢が動き出しております。しかしながら、我が国の防衛を考える上では、北朝鮮が我が国のほぼ全域を射程におさめるノドンミサイルを数百発保有し、実戦配備していることから目を背けることはできません。
 また、中国は、透明性を欠いたまま継続的に高い水準で国防費を増加させ、軍事力を広範かつ急速に強化しており、周辺海空域等における活動を急速に活発化させております。
 世界全体を見渡せば、テロリズムの脅威や大量破壊兵器の拡散に加え、サイバーや宇宙空間などの新たな領域における課題が顕在化しております。
 このような環境のもと、国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、以下の施策を推進してまいります。
 まず、防衛計画の大綱の見直しについて申し上げます。
 安全保障政策の根幹となるのは、我が国みずからの努力であり、国民の生命、財産、そして領土、領海、領空を主体的、自主的な努力によって守る体制を強化する必要があります。その際、宇宙、サイバー、電磁波といった新たな領域での優位性確保は死活的に重要となっております。
 こうしたことを踏まえ、専守防衛は当然の前提としながら、従来の延長線上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力のあるべき姿を見定め、本年末に向け、防衛大綱の見直しと次期中期防の策定を進めてまいります。
 次に、日米同盟については、日米ガイドラインに基づき、同盟調整メカニズムによる緊密な調整、共同訓練、共同研究・開発など、さまざまな分野において両国の協力を進展させ、日米同盟の抑止力、対処力の一層の強化に努めてまいります。
 同時に、地元の基地負担の軽減にも取り組んでまいります。特に沖縄については、今後とも沖縄の負担軽減を目に見える形で実現するという政府の取組について、沖縄の皆様に御理解、御協力が得られるよう丁寧に御説明し、普天間飛行場の一日も早い移設、返還などに全力で取り組んでまいります。
 次に、安全保障協力の推進について申し上げます。
 先日出席したADMMプラスにおいては、ASEAN諸国を始めとする各国の国防大臣と意見交換を行いました。
 中国とは、日中関係が改善基調にある中、二国間防衛交流も具体化させていくことが重要との考えを共有しました。
 また、韓国とは、我が国として言うべきことは言った上で、困難な課題を乗り越え、両国の防衛協力・交流を未来志向で進展させていくことで一致しました。
 今後、自由で開かれたインド太平洋の実現のため、共同訓練、能力構築支援、防衛装備・技術協力などの手段を活用し、基本的価値や安全保障上の利益を共有する国々との防衛協力・交流を一層推進してまいります。
 さらに、グローバルな安全保障上の課題についても、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動など、積極的平和主義のもと、国際社会の平和と安定のための取組を推進してまいります。
 防衛省における公文書の管理等については、南スーダン日報及びイラク日報の問題をめぐり、公文書の不適切な取扱いなどから国民の皆様の不信を招く結果となったことを重く受けとめております。同様の問題が再び起こることのないよう再発防止策を徹底し、国民の皆様の信頼回復に全力を注いでまいります。
 また、今月に入り、F2戦闘機の空中接触事故及び航空自衛隊車両による民家への衝突事故が起こりました。このような事故が発生したことは大変遺憾であり、原因究明と再発防止を徹底してまいります。
 次に、国会提出法案について申し上げます。
 防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案は、人事院勧告に基づく一般職の国家公務員の給与改定に準じて防衛省職員の給与改定を行うものです。委員各位におかれましては、御審議のほど、よろしくお願いいたします。
 以上申し述べましたように、防衛省・自衛隊が直面する課題は山積しており、私は、防衛大臣として、こうした課題に全力で取り組んでまいる所存です。
 岸委員長を始め理事及び委員の皆様におかれましては、一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#9
○岸委員長 次に、河野外務大臣。
#10
○河野国務大臣 安全保障委員会の開催に当たり、委員各位に謹んで御挨拶を申し上げ、我が国の安全保障政策について所信を申し述べます。
 我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しい状況にある中、我が国は、地域と国際社会の平和と安定に引き続き積極的に貢献します。
 我が国、そして地域と国際社会の平和と繁栄にとって、強固な日米同盟が不可欠です。日米同盟の抑止力、対処力の一層の強化に取り組みます。
 また、早期の辺野古への移設と普天間飛行場の返還を始め、在日米軍の安定的な駐留のために、沖縄を始めとする地元の負担軽減に引き続き全力で取り組みます。
 さらに、ASEAN諸国、インド、豪州、ニュージーランド、英、仏を始めとするパートナー国との間で協力関係を更に強化しつつ、そのネットワーク化を進めるとともに、中国やロシアとも信頼関係の増進に取り組みます。
 北朝鮮については、先般の歴史的な米朝首脳会談において、金正恩委員長が、朝鮮半島の完全な非核化について、トランプ大統領に対して、みずから署名した文書の形で直接約束した意義は極めて大きいと考えています。重要なことは、この米朝首脳共同声明にある、朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮のコミットメントを含む両首脳間の合意が、完全かつ迅速に履行されることです。日米、日米韓三カ国で協力し、中国、ロシアを含む国際社会と緊密に連携していきます。北朝鮮に拉致問題の早期解決を求めてまいります。
 北朝鮮問題をめぐる連携がいつにも増して重要となる中、韓国とは、慰安婦問題等両国間のさまざまな課題を適切にマネージしていく所存です。先般の韓国大法院による判決は極めて遺憾であり、韓国に対して適切な措置を講ずるよう強く求めてまいります。また、竹島についても、引き続き日本の主張をしっかり伝え、粘り強く対応します。
 日中関係は最も重要な二国間関係の一つです。先般の安倍総理の訪中では、政治・安保、外交、経済、文化・国民交流などさまざまな分野で具体的成果を上げることができました。両国関係を更に発展させるべく、外相レベルでも緊密な意思疎通を重ねていきます。引き続き、ハイレベルの頻繁な往来を実現し、これをてこに、懸案を適切に処理しながら、あらゆる分野の交流、協力を推し進め、日中関係を新たな段階に押し上げていきます。
 同時に、今後も中国の不透明かつ急速な軍事力の強化や活発化する活動を注視しつつ、その透明性の向上を働きかけるとともに、尖閣諸島をめぐる情勢については、引き続き、毅然かつ冷静に対応します。
 ロシアとは、北方四島における共同経済活動の実現に向けた取組や元島民の方々のための人道的措置等、首脳間の合意を着実に進展させています。首脳レベルに加え、外相レベルでも緊密に対話を積み重ねます。引き続き、北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結するとの基本方針のもと、粘り強く交渉に取り組みます。
 地域、国際社会が抱える諸課題への対応にも取り組みます。
 東シナ海及び南シナ海で継続する一方的な現状変更の試みは、国際社会共通の懸念事項です。全ての当事国が、地域の緊張を高めるような行動を自制し、国際法に基づき、紛争の平和的解決を追求すべきです。
 法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序とシーレーンの安全は、我が国、地域にとり死活的に重要です。このような海洋秩序を国際公共財として維持強化することはこの地域のいずれの国にも分け隔てなく安定と繁栄をもたらすとの考えのもと、自由で開かれたインド太平洋を実現していきます。
 核兵器のない世界の実現に向け、立場の異なる国々の間の橋渡しに努め、核兵器不拡散条約の維持強化を通じ、現実的かつ実践的な核軍縮・不拡散の取組を主導します。
 テロ及び暴力的過激主義の脅威は世界じゅうに引き続き拡散しています。国際テロ情報収集ユニットを通じた情報収集を進めます。また、関係各国との協力強化を進め、穏健化の促進等に取り組みます。
 以上のような取組を推進するため、私は外務大臣として全力を尽くす決意です。
 岸委員長を始め理事、委員各位の御指導と御鞭撻を心からお願い申し上げます。(拍手)
#11
○岸委員長 次に、原田防衛副大臣。
#12
○原田副大臣 防衛副大臣を拝命いたしました原田憲治でございます。
 我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しております。国民の生命と平和な暮らしを守り抜くため、防衛副大臣として、鈴木政務官、山田政務官とともに岩屋大臣を補佐し、全力で職責を果たしてまいる所存でございます。
 岸委員長を始め理事、委員の皆さんの格段の御指導、御鞭撻を賜りますようにお願いを申し上げます。(拍手)
#13
○岸委員長 次に、あべ外務副大臣。
#14
○あべ副大臣 外務副大臣のあべ俊子でございます。
 国民の命と平和な暮らしを守り、積極的平和主義の立場から、国際社会の平和と安定に一層貢献してまいります。
 私は、河野外務大臣をお支えいたしまして、日本の国益のために、外交、安全保障政策の推進に全力で取り組んでまいります。
 岸委員長を始め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#15
○岸委員長 次に、佐藤外務副大臣。
#16
○佐藤(正)副大臣 外務副大臣の佐藤正久でございます。
 我が国の安全保障上の脅威が多様化する中、積極的な外交努力を重ね、国際社会の平和と安定に貢献していくことが、ひいては我が国の平和と繁栄につながると考えます。
 河野外務大臣指導のもと、我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に全力を尽くして取り組みます。
 岸委員長始め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#17
○岸委員長 次に、鈴木貴子防衛大臣政務官。
#18
○鈴木(貴)大臣政務官 防衛大臣政務官を拝命をいたしました鈴木貴子でございます。
 原田副大臣そして山田政務官とともに岩屋大臣をしっかりとお支えをしながら、防衛省そして自衛隊を取り巻くさまざまな諸課題に対して、全力で、そしてまた誠意とともに取り組んでまいることをお誓いを申し上げます。
 御指導、御鞭撻のほど、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#19
○岸委員長 次に、山田宏防衛大臣政務官。
#20
○山田(宏)大臣政務官 御紹介いただきました、防衛大臣政務官を拝命いたしました山田宏でございます。
 大変厳しい環境の中で、原田副大臣、鈴木政務官ともどもしっかり岩屋大臣を支えて、全力で職責を果たしていきたいと思います。
 岸委員長を始めとして、理事の皆様方、そして委員の皆様方に御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#21
○岸委員長 次に、山田賢司外務大臣政務官。
#22
○山田(賢)大臣政務官 外務大臣政務官の山田賢司でございます。
 我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しい中、国際社会の平和と安定に貢献すべく、河野外務大臣の指導のもと、外交、安全保障政策上の諸課題に全力を尽くして取り組む決意でございます。
 岸委員長を始め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#23
○岸委員長 次に、辻外務大臣政務官。
#24
○辻大臣政務官 外務大臣政務官の辻清人でございます。
 我が国を取り巻く安全保障環境が大変厳しさを増す中、国民の皆様の期待に応える外交を推進するため、河野外務大臣を補佐し、外交、安全保障政策の推進に全身全霊を注ぐ考えです。
 三人の外務大臣政務官のうち、私が特に本委員会を担当することになっております。
 岸委員長を始め理事、委員の皆様の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)
#25
○岸委員長 次に、鈴木憲和外務大臣政務官。
#26
○鈴木(憲)大臣政務官 外務大臣政務官の鈴木憲和でございます。
 河野大臣をしっかりと補佐をし、我が国の直面する外交、安全保障上の諸課題に全力で取り組む決意でございます。
 岸委員長を始め、委員の先生方の御支援と御協力、心からお願い申し上げます。(拍手)
#27
○岸委員長 次回は、来る十三日火曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト