くにさくロゴ
2018/03/08 第196回国会 参議院 参議院会議録情報 第196回国会 財政金融委員会 第2号
姉妹サイト
 
2018/03/08 第196回国会 参議院

参議院会議録情報 第196回国会 財政金融委員会 第2号

#1
第196回国会 財政金融委員会 第2号
平成三十年三月八日(木曜日)
   午後零時十一分開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月八日
    辞任         補欠選任
     林  芳正君     小川 克巳君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         長谷川 岳君
    理 事
                中西 祐介君
                羽生田 俊君
                古川 俊治君
                三木  亨君
    委 員
                愛知 治郎君
                小川 克巳君
                大家 敏志君
                徳茂 雅之君
                長峯  誠君
                西田 昌司君
                松川 るい君
                宮沢 洋一君
                里見 隆治君
                宮崎  勝君
                藤巻 健史君
                藤末 健三君
                渡辺 喜美君
   国務大臣
       財務大臣
       国務大臣
       (内閣府特命担
       当大臣(金融)
       )        麻生 太郎君
   副大臣
       内閣府副大臣   越智 隆雄君
       財務副大臣    木原  稔君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        村井 英樹君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        前山 秀夫君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○財政及び金融等に関する調査
 (財政政策等の基本施策及び金融行政に関する
 件)
    ─────────────
#2
○委員長(長谷川岳君) ただいまから財政金融委員会を開会いたします。
 この際、申し上げます。
 民進党・新緑風会、日本共産党、立憲民主党及び希望の党所属委員の出席が得られませんので、出席を要請いたしたいと存じます。しばらくお待ちをいただきたいと思います。
 速記を止めてください。
   〔速記中止〕
#3
○委員長(長谷川岳君) 速記を起こしてください。
 民進党・新緑風会、日本共産党、立憲民主党及び希望の党所属委員に対し出席要請をいたしましたが、出席を得ることができませんでしたので、やむを得ず議事を進めます。
 委員の異動について御報告いたします。
 本日、林芳正君が委員を辞任され、その補欠として小川克巳君が選任されました。
    ─────────────
#4
○委員長(長谷川岳君) 財政及び金融等に関する調査を議題といたします。
 財政政策等の基本施策及び金融行政について、麻生財務大臣兼内閣府特命担当大臣から所信を聴取いたします。麻生財務大臣兼内閣府特命担当大臣。
#5
○国務大臣(麻生太郎君) 財務大臣兼金融担当大臣麻生太郎であります。
 参議院財政金融委員会の開催に当たり、財政政策及び金融行政の基本的な考え方について申し述べさせていただきます。
 安倍内閣のこれまでの取組によって、雇用・所得環境の大幅な改善を達成したことを背景に、経済の好循環は着実に回り始めております。このような経済の好循環をより確かなものとし、持続的な経済成長を実現するためにも、昨年十二月に取りまとめられました新しい経済政策パッケージに基づき、人づくり革命と生産性革命を車の両輪として、少子高齢化という最大の長期的課題に立ち向かってまいります。
 人づくり革命の財源には、二〇一九年十月に予定される消費税率一〇%への引上げによる増収分の一部等を活用させていただきます。これにより、二〇二〇年度のプライマリーバランス黒字化目標の達成は困難と相なりますが、財政健全化の旗は決して下ろすことなく、プライマリーバランスの黒字化を目指すという目標自体はしっかり堅持いたします。この目標の達成に向け、今年の経済財政運営と改革の基本方針において、具体的かつ実効性の高い計画を示すことといたしております。
 次に、平成三十年度予算及び税制改正の大要等を御説明申し上げます。
 新しい経済政策パッケージも踏まえまして、平成三十年度予算におきましては、保育の受皿拡大や地域の中核企業による設備・人材投資の促進といった重要課題に重点化いたしております。同時に、一般歳出等について経済・財政再生計画の目安を達成し、公債の発行額を安倍内閣発足以来六年連続で減額するなど、経済再生と財政健全化の両立を実現する予算といたしております。
 平成三十年度税制改正につきましては、働き方の多様化等を踏まえ、個人所得課税の見直しを行うとともに、デフレ脱却と経済再生に向け、賃上げ、生産性向上のための税制上の措置を講ずることといたしております。さらに、中小企業の代替わりを促進する事業承継税制の拡充や、観光促進のための税として国際観光旅客税の創設を行うことといたしております。このほか、国際課税制度の見直し、税務手続の電子化の促進やたばこ税の見直し等を行うこととしております。
 なお、国会等から御指摘のあった国有財産の管理処分の手続につきましては、手続の明確化、売却価格の客観性の確保及び文書管理の徹底といった方針で、財政制度等審議会の御意見を踏まえ、見直しを行ってまいります。
 続いて、現下の金融行政について申し述べます。
 金融面でも、経済の好循環の確立に向けて、将来を見据えて新しい課題に的確に対応するとともに、いわゆる金融処分庁の印象から金融育成庁への転換を一層進めてまいります。
 検査監督の見直しにつきましては、先般、検査・監督基本方針案を公表いたしております。今後も幅広い関係者と意思疎通を重ね、見直しを進めてまいります。
 また、金融をめぐる環境が変化する中にあっても、将来にわたり金融システムの健全性が維持され、金融仲介機能が発揮されるよう、内外の経済・市場動向を注視するとともに、金融機関と深度のある対話を行ってまいります。
 本年一月からは、少額からの長期・積立・分散投資を促すつみたてNISAが始まっております。国民の安定的な資産形成の実現に向けて、この制度の普及を図るとともに、金融事業者に顧客本位の業務運営が定着するよう促してまいります。
 このほか、国際的な議論については、金融危機の再発防止のための規制改革が最終化を迎えました。今後も、国内外共通の新たな課題について、各国と知見を共有しつつ、解決に向けて貢献してまいります。
 なお、近時の仮想通貨をめぐる諸問題も踏まえつつ、仮想通貨交換業について、利用者保護等の観点から適切に対応してまいります。
 今後、御審議をお願いすることを予定しております財務省関係の法律案は、所得税法等の一部を改正する法律案、国際観光旅客税法案及び関税定率法等の一部を改正する法律案であります。
 また、金融庁関係の法律案といたしましては、さきの特別国会において提出いたしました保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案が、現在、衆議院において継続審議となっております。
 法律案の詳しい内容につきましては今後改めて御説明を申し上げますので、早期の御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。
 以上、財政政策及び金融行政の基本的な考え方について申し述べさせていただきました。今後とも、皆様のお力添えを得て、政策運営に最善を尽くしてまいる所存であります。
 長谷川委員長を始め委員各位の御理解と御協力を切にお願いを申し上げます。
#6
○委員長(長谷川岳君) 以上で所信の聴取は終わりました。
 本件に対する質疑は後日に譲ることといたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト