くにさくロゴ
2018/02/28 第196回国会 参議院 参議院会議録情報 第196回国会 災害対策特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2018/02/28 第196回国会 参議院

参議院会議録情報 第196回国会 災害対策特別委員会 第2号

#1
第196回国会 災害対策特別委員会 第2号
平成三十年二月二十八日(水曜日)
   午後零時四十八分開会
    ─────────────
   委員の異動
 二月二十七日
    辞任         補欠選任
     足立 敏之君     徳茂 雅之君
     木戸口英司君     青木  愛君
 二月二十八日
    辞任         補欠選任
     自見はなこ君     宮島 喜文君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         河野 義博君
    理 事
                酒井 庸行君
                そのだ修光君
                小林 正夫君
                杉  久武君
    委 員
                磯崎 仁彦君
                佐藤  啓君
                佐藤 信秋君
                徳茂 雅之君
                馬場 成志君
                藤川 政人君
                藤木 眞也君
                宮島 喜文君
               渡辺美知太郎君
                野田 国義君
                浜口  誠君
                吉川 沙織君
                武田 良介君
                室井 邦彦君
                青木  愛君
   国務大臣
       国務大臣
       (内閣府特命担
       当大臣(防災)
       )        小此木八郎君
   副大臣
       内閣府副大臣   あかま二郎君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        山下 雄平君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        田中 利幸君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○災害対策樹立に関する調査
 (大雪等による被害状況等に関する件)
○委員派遣承認要求に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(河野義博君) ただいまから災害対策特別委員会を開会いたします。
 議事に先立ち、一言申し上げます。
 今冬期の大雪等の被害により亡くなられた方々に対して、御冥福をお祈りし、謹んで黙祷をささげたいと存じます。
 どうぞ御起立を願います。黙祷。
   〔総員起立、黙祷〕
#3
○委員長(河野義博君) 黙祷を終わります。御着席ください。
    ─────────────
#4
○委員長(河野義博君) 委員の異動について御報告いたします。
 昨日、木戸口英司君及び足立敏之君が委員を辞任され、その補欠として青木愛君及び徳茂雅之君が選任されました。
 また、本日、自見はなこ君が委員を辞任され、その補欠として宮島喜文君が選任されました。
    ─────────────
#5
○委員長(河野義博君) 災害対策樹立に関する調査のうち、大雪等による被害状況等に関する件を議題といたします。
 政府より報告を聴取いたします。小此木防災担当大臣。
#6
○国務大臣(小此木八郎君) お疲れさまでございます。本日はどうぞよろしくお願いいたします。
 大雪による主な被害状況及びその対応等について御報告いたします。
 まず、この度の災害によりお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。
 それでは、被害状況等御報告いたします。
 二月四日以降、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪となり、特に福井県福井市では昭和五十六年豪雪以来三十七年ぶりの記録的な大雪となりました。この二月四日からの大雪に伴い、除雪作業中の事故等による死者、重傷者等の人的被害のほか、積雪による家屋の一部損壊や農業用ハウスの倒壊等の物的被害や、燃料や物資の輸送への支障が生じました。また、国道八号の福井県、石川県境付近において、最大約千五百台の車両が長時間立ち往生いたしました。
 政府としては、大雪になる前から関係省庁災害警戒会議を開催し、警戒態勢を確保するとともに、大雪となって以降は、自衛隊の災害派遣や除雪車の応援、長時間滞留した車両への食料等の配給等、各省庁が一体となり、地元自治体と緊密に連携して必要な対応を取ってきたところであります。この大雪に対して、新潟県は四市一町に、福井県は七市二町に災害救助法の適用を決定しています。
 私は、二月二十四日に政府調査団の団長として福井県を訪問し、福井県知事始め地元自治体の皆様から多くのお話を伺い、今回の大雪による被害の大きさを改めて認識いたしました。
 政府調査団の調査を受けて、一昨日には関係省庁災害対策会議を開催し、地元自治体からの御意見、御要望について関係省庁に検討を促しました。引き続き、政府一体となって取り組んでまいります。
 さらに、一月二十二日から二十三日の明け方にかけて、ふだん雪の少ない関東甲信地方や東北地方の平野部でも雪が降り、東京都千代田区で二十三センチの積雪を観測するなど、広い範囲で大雪となりました。この大雪で、除雪中の事故や転倒等による人的被害に加え、首都高速道路上で車両が長時間立ち往生するなど、国民生活に影響が生じました。
 また、一月十一日には、JR東日本信越線において、大雪の影響により列車が約十五時間半にわたって立ち往生し、利用者に多大な影響を及ぼす事案も発生しています。
 これらの大雪被害のほか、一月二十三日午前十時二分頃に、群馬県北西部にある本白根山の鏡池付近で噴火が発生し、死者や重傷者等の人的被害が生じています。火山活動は現時点でも高まった状態であり、今回の噴火を受け、本白根山に監視カメラや地震計等を新たに設置し、火山活動に関する監視体制を強化しております。
 引き続き大雪に警戒が必要な時期が続くことや、大雪後の融雪による被害の発生も想定されることから、政府一体となって大雪等による災害対応に万全を期してまいります。
 以上でございます。
#7
○委員長(河野義博君) 以上で政府からの報告聴取は終わりました。
    ─────────────
#8
○委員長(河野義博君) 委員派遣承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 平成三十年二月大雪による被害状況等の実情調査のため、来る三月五日、福井県に委員派遣を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(河野義博君) 御異議ないと認めます。
 つきましては、派遣委員等の決定は、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(河野義博君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時五十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト