くにさくロゴ
2018/05/22 第196回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第196回国会 議院運営委員会 第32号
姉妹サイト
 
2018/05/22 第196回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第196回国会 議院運営委員会 第32号

#1
第196回国会 議院運営委員会 第32号
平成三十年五月二十二日(火曜日)
    正午開議
 出席委員
   委員長 古屋 圭司君
   理事 石田 真敏君 理事 岸  信夫君
   理事 御法川信英君 理事 大塚 高司君
   理事 松本 洋平君 理事 熊田 裕通君
   理事 手塚 仁雄君 理事 牧  義夫君
   理事 伊藤  渉君
      大隈 和英君    古賀  篤君
      田野瀬太道君    根本 幸典君
      百武 公親君    本田 太郎君
      牧島かれん君    八木 哲也君
      中谷 一馬君    山内 康一君
      伊藤 俊輔君    斉木 武志君
      広田  一君    塩川 鉄也君
      遠藤  敬君
    …………………………………
   議長           大島 理森君
   副議長          赤松 広隆君
   事務総長         向大野新治君
    ―――――――――――――
委員の異動
五月二十二日
 辞任         補欠選任
  藤丸  敏君     八木 哲也君
  塩川 鉄也君     穀田 恵二君
同日
 辞任         補欠選任
  八木 哲也君     藤丸  敏君
  穀田 恵二君     塩川 鉄也君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国務大臣茂木敏充君不信任決議案(辻元清美君外五名提出)の取扱いに関する件
 議員林幹雄君、同穀田恵二君、同山本公一君、同鴨下一郎君、同塩崎恭久君、同志位和夫君、同安倍晋三君、同浜田靖一君、同岸田文雄君、同野田聖子君、同前原誠司君、同玄葉光一郎君及び同茂木敏充君永年在職表彰の件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○古屋委員長 これより会議を開きます。
 まず、決議案の取扱いに関する件についてでありますが、去る十八日、辻元清美君外五名から、立憲民主党・市民クラブ、国民民主党・無所属クラブ、日本共産党、自由党、社会民主党・市民連合の五会派共同提案による国務大臣茂木敏充君不信任決議案が提出されました。
 本決議案は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○古屋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本決議案の趣旨弁明は、提出者の玉城デニー君が行います。
 討論につきましては、自由民主党の亀岡偉民君から反対、立憲民主党・市民クラブの山崎誠君、国民民主党・無所属クラブの稲富修二君、日本共産党の宮本徹君から、それぞれ賛成討論の通告があります。
 討論時間は、亀岡偉民君、山崎誠君、稲富修二君はおのおの十分以内、宮本徹君は五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○古屋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本決議案の採決は、記名投票をもって行います。
    ―――――――――――――
#5
○古屋委員長 次に、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、議員林幹雄君、穀田恵二君、山本公一君、鴨下一郎君、塩崎恭久君、志位和夫君、安倍晋三君、浜田靖一君、岸田文雄君、野田聖子君、前原誠司君、玄葉光一郎君及び茂木敏充君は、今月でそれぞれ在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。
 十三名の方々の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議において行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○古屋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
 議員林幹雄君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員穀田恵二君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員山本公一君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員鴨下一郎君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員塩崎恭久君は国会議員として在職すること二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員志位和夫君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員安倍晋三君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員浜田靖一君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員岸田文雄君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員野田聖子君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員前原誠司君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員玄葉光一郎君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員茂木敏充君は衆議院議員に当選すること九回在職二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院議をもってこれを表彰する
    ―――――――――――――
#7
○古屋委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって表彰決議を行い、次に議長が表彰文を順次朗読されます。次いで、表彰を受けられた方々に登壇願った後、代表して林幹雄君から謝辞が述べられます。
 他の方々の謝辞につきましては、会議録に掲載することになっております。
    ―――――――――――――
#8
○古屋委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の特定複合観光施設区域整備法案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#9
○古屋委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本法律案の趣旨説明は、石井国務大臣が行います。
 本法律案の趣旨説明に対し、自由民主党の鈴木馨祐君、立憲民主党・市民クラブの阿部知子君、国民民主党・無所属クラブの森田俊和君、公明党の遠山清彦君、無所属の会のもとむら賢太郎君、日本共産党の宮本岳志君、日本維新の会の串田誠一君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、鈴木馨祐君、遠山清彦君はおのおの十分以内、阿部知子君、森田俊和君はおのおの十五分以内、もとむら賢太郎君、宮本岳志君、串田誠一君はおのおの七分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○古屋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  特定複合観光施設区域整備法案(内閣提出)
   趣旨説明 国務大臣 石井 啓一君
   質疑通告     時間   要求大臣
 鈴木 馨祐君(自民) 10分以内 総理、石井国務
 阿部 知子君(立憲) 15分以内 総理、石井国務
 森田 俊和君(国民) 15分以内 総理、石井国務、法務、厚労
 遠山 清彦君(公明) 10分以内 総理、法務、石井国務
 もとむら賢太郎君(無会) 7分以内 総理、石井国務、厚労
 宮本 岳志君(共産) 7分以内 総理
 串田 誠一君(維新) 7分以内 総理
    ―――――――――――――
#11
○古屋委員長 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件についてでありますが、これについて事務総長の説明を求めます。
#12
○向大野事務総長 立法事務費の交付を受ける会派の認定は、当委員会の議決によって決定することとなっております。
 今回、立法事務費の交付に関する届出が希望の党から提出されております。
 また、院内において無所属となっております柿沢未途君の新エネルギー運動、細野豪志君の伊豆政策研究会、佐藤公治君の公政会、小川淳也君の淳正会、樽床伸二君の地方主権を確立する会、井出庸生君の信政会、菊田真紀子君の真和会、長島昭久君の真保守政治研究会、青山雅幸君の日本の将来的展望を考える会、松原仁君の日本の未来を考える会、寺田学君の秋田研及び笠浩史君の川崎の未来を考える会からそれぞれ、政治資金規正法第六条の届出を行った上で提出されております。
 これらの提出された会派の認定をお諮りいただきます。
#13
○古屋委員長 それでは、まず、希望の党を立法事務費の交付を受ける会派と認定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○古屋委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、ただいま決定いたしました会派を除く十二会派を立法事務費の交付を受ける会派と認定するに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#15
○古屋委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#16
○古屋委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#17
○向大野事務総長 まず最初に、動議により、国務大臣茂木敏充君不信任決議案を上程いたします。自由党の玉城デニーさんが趣旨弁明を行います。次いで四人の方々からそれぞれ討論が行われますが、順序は印刷物のとおりでございます。次いで記名投票をもって採決いたします。
 次に、林幹雄さん外十二名の方々に対する表彰の決議を行います。次いで表彰を受けられました議員を代表して、林さんから謝辞が述べられます。
 次に、日程第一につき、冨岡文部科学委員長の報告がございまして、共産党が反対でございます。
 次に、日程第二につき、松島環境委員長の報告がございまして、全会一致でございます。
 次に、特定複合観光施設区域整備法案につきまして、石井国務大臣から趣旨の説明がございます。これに対しまして、七人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 一、決議案の取扱いに関する件
  国務大臣茂木敏充君不信任決議案(辻元清美君外五名提出)
   趣旨弁明      玉城デニー君(自由)
   討論通告
      反 対    亀岡 偉民君(自民)
      賛 成    山崎  誠君(立憲)
      賛 成    稲富 修二君(国民)
      賛 成    宮本  徹君(共産)
   採決(記名)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十二号
  平成三十年五月二十二日
    午後一時開議
 第一 文化財保護法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第二 気候変動適応法案(内閣提出)
    ―――――――――――――
#18
○古屋委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#19
○古屋委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト