くにさくロゴ
2017/11/29 第195回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第195回国会 経済産業委員会 第1号
姉妹サイト
 
2017/11/29 第195回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第195回国会 経済産業委員会 第1号

#1
第195回国会 経済産業委員会 第1号
本委員は平成二十九年十一月二日(木曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      穴見 陽一君    石川 昭政君
      尾身 朝子君    大串 正樹君
      大見  正君    岡下 昌平君
      勝俣 孝明君    金子 俊平君
      神山 佐市君    城内  実君
      工藤 彰三君    小寺 裕雄君
      佐々木 紀君    佐藤ゆかり君
      塩崎 恭久君    塩谷  立君
      白須賀貴樹君    関  芳弘君
      田中 良生君    冨樫 博之君
      星野 剛士君    松本 洋平君
      三原 朝彦君    八木 哲也君
      吉川 貴盛君    落合 貴之君
      中谷 一馬君    松平 浩一君
      山崎  誠君    浅野  哲君
      吉良 州司君    斉木 武志君
      田嶋  要君    山岡 達丸君
      稲津  久君    國重  徹君
      富田 茂之君    菊田真紀子君
      笠井  亮君    谷畑  孝君
十一月二日
 稲津久君が議院において、委員長に選任された。
平成二十九年十一月二十九日(水曜日)
    午後零時十一分開議
 出席委員
   委員長 稲津  久君
   理事 城内  実君 理事 平  将明君
   理事 辻  清人君 理事 冨樫 博之君
   理事 吉川 貴盛君 理事 落合 貴之君
   理事 田嶋  要君 理事 富田 茂之君
      石川 昭政君    上野 宏史君
      尾身 朝子君    大串 正樹君
      大見  正君    岡下 昌平君
      勝俣 孝明君    神田  裕君
      小林 鷹之君    國場幸之助君
      佐々木 紀君    佐藤ゆかり君
      田畑  毅君    長尾  敬君
      百武 公親君    穂坂  泰君
      星野 剛士君    松本 洋平君
      三原 朝彦君    八木 哲也君
      中谷 一馬君    松平 浩一君
      山崎  誠君    浅野  哲君
      吉良 州司君    斉木 武志君
      山岡 達丸君    國重  徹君
      菊田真紀子君    笠井  亮君
      谷畑  孝君
    …………………………………
   経済産業大臣
   国務大臣
   (産業競争力担当)
   (ロシア経済分野協力担当)
   (原子力経済被害担当)
   (原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)      世耕 弘成君
   国務大臣         江崎 鐵磨君
   内閣府副大臣       あかま二郎君
   経済産業副大臣      西銘恒三郎君
   経済産業副大臣      武藤 容治君
   内閣府大臣政務官     山下 雄平君
   経済産業大臣政務官    大串 正樹君
   経済産業大臣政務官    平木 大作君
   経済産業委員会専門員   佐野圭以子君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十日
 辞任         補欠選任
  関  芳弘君     平  将明君
  星野 剛士君     辻  清人君
同月十七日
 辞任         補欠選任
  金子 俊平君     國場幸之助君
  工藤 彰三君     穂坂  泰君
  小寺 裕雄君     小林 鷹之君
  塩崎 恭久君     星野 剛士君
  塩谷  立君     上野 宏史君
  白須賀貴樹君     神田  裕君
  田中 良生君     田畑  毅君
同月二十九日
 辞任         補欠選任
  穴見 陽一君     長尾  敬君
  神山 佐市君     百武 公親君
同日
 辞任         補欠選任
  長尾  敬君     穴見 陽一君
  百武 公親君     神山 佐市君
    ―――――――――――――
十一月二十九日
      城内  実君    平  将明君
      辻  清人君    冨樫 博之君
      吉川 貴盛君    落合 貴之君
      田嶋  要君    富田 茂之君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月二十七日
 原発からの撤退を求めることに関する請願(藤野保史君紹介)(第五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○稲津委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言御挨拶を申し上げます。
 このたび経済産業委員長に選任されました稲津久でございます。
 御承知のとおり、我が国の経済及び産業は、海外経済の不確実性等に留意する必要があるものの、雇用・所得環境の改善を背景とした緩やかな回復が期待をされているところでございます。一方で、特に民間部門における投資や消費の動きはいまだ力強さを欠くなど、課題も抱えております。
 このような現状を踏まえ、さらなる経済成長を遂げるためには、人材への投資や先端技術の活用による生産性の向上、地域に根づいた農林水産物や観光資源を生かした経済の活性化が必要不可欠であります。また、廃炉・汚染水対策など、福島の復興も引き続き最重要事項の一つであります。
 かかる重大なときに、適切な施策を推進し、国民生活の安定と向上を図るべく、本委員会に課せられた責務はまことに大きく、改めてその職責の重さを痛感をいたしております。
 理事並びに委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努め、本委員会の使命を果たしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○稲津委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会決定の基準に従いましてその数を八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○稲津委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、委員長は
      城内  実君    平  将明君
      辻  清人君    冨樫 博之君
      吉川 貴盛君    落合 貴之君
      田嶋  要君    富田 茂之君
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○稲津委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 経済産業の基本施策に関する事項
 資源エネルギーに関する事項
 特許に関する事項
 中小企業に関する事項
 私的独占の禁止及び公正取引に関する事項
 鉱業等に係る土地利用の調整に関する事項
以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○稲津委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#7
○稲津委員長 この際、世耕経済産業大臣及び江崎国務大臣から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。世耕経済産業大臣。
#8
○世耕国務大臣 経済産業大臣の世耕でございます。
 第百九十五回国会における経済産業委員会の御審議に先立ち、経済産業行政を取り巻く諸課題及び取り組みにつきまして、経済産業大臣、産業競争力担当大臣、ロシア経済分野協力担当大臣、原子力経済被害担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)として申し述べます。
 初めに、九州北部豪雨や台風二十一号などで被害に遭われた方に心からお見舞いを申し上げます。国と地域が一体となり、被災された中小企業・小規模事業者への支援に取り組んでまいります。
 安倍内閣の発足以降、名目GDPは五十三兆円増加、正社員の有効求人倍率も一倍を超えるなど、力強い経済成長が実現しています。この成長軌道を確固たるものにするためには、生産性革命と人づくり革命を力強く推し進めることが必要です。経済産業省として、施策を総動員してまいります。
 コネクテッド・インダストリーズの実現に向け、人、金、データの三方向から具体的施策を進めます。教育現場におけるテクノロジーの活用、いわゆるエドテックやリカレント教育を推進するなど、第四次産業革命を支える人材を育成します。ユニコーンベンチャーの創出や大胆な事業再編を促す制度づくりを進めます。さらには、企業の自前主義を打破し、企業間での協調領域におけるデータ共有の仕組みづくりを進めます。
 一方で、サイバーセキュリティー対策の強化が不可欠です。サイバー攻撃に関する情報共有の体制強化を図るとともに、IT・セキュリティー人材の育成を進めます。
 神戸製鋼所や日産自動車などによる不適切な事案が問題となっています。日本の高品質な製品は、世界からも強い支持、評価を受けています。今回の特異な事案が発生した企業に対しては、徹底した原因究明と再発防止を求めてまいります。
 通商政策については、自由で公正な共通ルールづくりに取り組んでまいります。TPP11は、日本がリーダーシップを発揮し、大筋合意が実現いたしました。今後、早期署名と発効を目指します。本年七月に大枠合意に至った日EU・EPAや、質の高いRCEPの実現など、高い水準の経済連携協定の実現に力を尽くしてまいります。あわせて、中堅・中小企業等の海外展開の支援に取り組みます。
 また、先日の日米首脳会談において確認された、第三国の不公正な貿易慣行に対する通商法のエンフォースメントや、エネルギー、インフラなどの分野における日米協力について、日米経済対話のもとで引き続き取り組んでまいります。
 ロシアとの経済協力も着実に進めます。八項目の協力プランのもとで、百件の民間プロジェクトが動き出し、そのうち約四割で具体的なアクションが始まっています。引き続き、経済分野における協力関係の強化に向けて取り組んでまいります。
 本年四月に、二〇二五年国際博覧会の開催国として立候補しました。オールジャパンの体制で誘致活動に取り組んでまいります。
 中小企業・小規模事業者の経営者の高齢化と人材不足が深刻化する中、経営者の世代交代を進めるため、事業承継への支援策を抜本強化します。また、個々の企業の飛躍的な生産性向上を図るため、ロボットやITツールの導入を進めます。
 下請企業の取引条件改善については、自主行動計画を策定した各団体のフォローアップ調査結果を年内に取りまとめ、しっかり検証してまいります。
 商工中金は、今回の不正事案を踏まえ、解体的出直しをすることが必要不可欠です。有識者による検討会において、商工中金のあり方に関して幅広く議論いただきます。
 福島の復興と安全かつ着実な廃炉・汚染水対策は、経済産業省の最重要課題です。東京電力の経営改革を進めつつ、本年九月に改定した中長期ロードマップに基づき、着実に取り組んでまいります。
 帰還困難区域を除き、ほぼ全ての避難指示が解除されており、住民帰還や生活再建に向けて、福島イノベーション・コースト構想の推進、福島相双復興官民合同チームを通じた事業、なりわいの再建等に全力を尽くしてまいります。
 責任あるエネルギー政策を推進していきます。エネルギー基本計画の見直しと長期的なエネルギーの将来像の議論について、本年度内を目途に一定の成果を出していきます。
 さらに、徹底した省エネ、再生可能エネルギーの拡大、水素社会の実現に向けた取り組みを進めます。また、イノベーションの促進により、経済成長と世界全体での温室効果ガスの排出削減の両立を目指してまいります。
 原子力発電については、原子力規制委員会によって世界最高水準の新規制基準に適合すると認められたものについて、地元の理解を得ながら再稼働を進めてまいります。また、本年七月に公表した科学的特性マップに基づき、最終処分の実現に向けた取り組みを着実に進めてまいります。
 中東など重要な産油国への訪問やLNG関係国への働きかけなどを通じ、引き続き資源外交に精力的に取り組んでまいります。
 以上申し述べましたとおり、経済産業行政は多くの課題に直面しております。国民各層の幅広い御意見をしっかりとお伺いしながら、経済産業大臣として、全身全霊で職務に取り組んでまいります。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#9
○稲津委員長 次に、江崎国務大臣。
#10
○江崎国務大臣 公正取引委員会に関する事務を担当する大臣として、一言御挨拶申し上げます。
 公正かつ自由な競争のもとで経済活動は、社会の活力を生み出し、経済の成長力を高め、ひいては国民生活を豊かなものにいたします。我が国経済の健全な発展を実現し、国民全体の福利を確保するためには、経済実態に即応した競争政策を展開することが必要です。
 そのために、公正取引委員会による厳正かつ実効性のある独占禁止法の運用が確保されるよう、全力で職務に当たります。カルテルや入札談合を厳しく取り締まることはもとより、特に、多くの中小企業にとって依然厳しい事業環境が続いている状況に鑑み、優越的地位の濫用行為や下請法違反行為など、中小企業に不当に不利益を与える行為の取り締まりを強化し、これらの行為を未然に防止することも重要であります。これに加えて、企業の独占禁止法遵守を推進するとともに、競争環境の整備に向けた調査等を行うことも必要です。
 また、消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保するため、政府一丸となって、消費税転嫁対策特別措置法に基づいて、迅速かつ厳正な対処に努めます。
 このため、これらの業務を担う公正取引委員会の機能、体制の充実強化に努めます。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位の一層の御理解、御協力を、また御指導を賜りますよう、お願いを申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#11
○稲津委員長 次に、西銘経済産業副大臣、武藤経済産業副大臣、あかま内閣府副大臣、大串経済産業大臣政務官、平木経済産業大臣政務官及び山下内閣府大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。西銘経済産業副大臣。
#12
○西銘副大臣 このたび経済産業副大臣を拝命いたしました西銘恒三郎でございます。
 稲津委員長を初め、理事並びに委員各位の皆様には、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)
#13
○稲津委員長 次に、武藤経済産業副大臣。
#14
○武藤副大臣 このたび経済産業副大臣、原子力災害対策本部の現地対策本部長を拝命いたしました武藤容治でございます。
 経済産業省の最重要課題であります廃炉・汚染水対策と福島の復興を着実に前進させられるよう、現場主義で職務に邁進してまいります。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位には、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#15
○稲津委員長 次に、あかま内閣府副大臣。
#16
○あかま副大臣 公正取引委員会に関する事務を担当する副大臣として、一言御挨拶を申し上げます。
 我が国経済が健全に発達していくためには、競争政策の中核となる独占禁止法の適切な運用を確保していく必要がございます。山下大臣政務官とともに江崎大臣を補佐し、公正かつ自由な競争のもとで我が国経済がしっかりと発展していけるよう、職務に邁進してまいります。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位には、一層の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#17
○稲津委員長 次に、大串経済産業大臣政務官。
#18
○大串大臣政務官 経済産業大臣政務官を拝命いたしました大串正樹でございます。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位の皆様には、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#19
○稲津委員長 次に、平木経済産業大臣政務官。
#20
○平木大臣政務官 このたび経済産業大臣政務官を拝命いたしました平木大作でございます。
 稲津委員長を初め、理事、委員各位の皆様の御指導、御鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#21
○稲津委員長 次に、山下内閣府大臣政務官。
#22
○山下(雄)大臣政務官 公正取引委員会に関する事務を担当いたします内閣府大臣政務官の山下雄平です。
 稲津委員長、理事各位、委員各位の皆様の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#23
○稲津委員長 次回は、来る十二月一日金曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時二十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト