くにさくロゴ
2017/02/17 第193回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第193回国会 財務金融委員会 第3号
姉妹サイト
 
2017/02/17 第193回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第193回国会 財務金融委員会 第3号

#1
第193回国会 財務金融委員会 第3号
平成二十九年二月十七日(金曜日)
    午後零時四十分開議
 出席委員
   委員長 御法川信英君
   理事 井上 信治君 理事 土井  亨君
   理事 藤丸  敏君 理事 宮下 一郎君
   理事 山田 賢司君 理事 木内 孝胤君
   理事 伴野  豊君 理事 上田  勇君
      大岡 敏孝君    大野敬太郎君
      大見  正君    鬼木  誠君
      勝俣 孝明君    神田 憲次君
      木原 誠二君    斎藤 洋明君
      坂井  学君    助田 重義君
      鈴木 隼人君    津島  淳君
      中山 展宏君    福田 達夫君
      宗清 皇一君    村井 英樹君
      山田 美樹君    今井 雅人君
      重徳 和彦君    古川 元久君
      前原 誠司君    伊藤  渉君
      浜地 雅一君    宮本 岳志君
      宮本  徹君    丸山 穂高君
      小泉 龍司君
    …………………………………
   財務大臣
   国務大臣
   (金融担当)       麻生 太郎君
   財務副大臣        木原  稔君
   財務金融委員会専門員   駒田 秀樹君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月十七日
 辞任         補欠選任
  竹本 直一君     木原 誠二君
同日
 辞任         補欠選任
  木原 誠二君     竹本 直一君
    ―――――――――――――
二月十六日
 所得税法等の一部を改正する等の法律案(内閣提出第六号)
は本委員会に付託された。
二月十七日
 格差是正及び経済成長のために講ずべき税制上の措置等に関する法律案(古川元久君外三名提出、第百九十回国会衆法第一〇号)
 消費税率の引上げの期日の延期及び給付付き税額控除の導入等に関する法律案(山尾志桜里君外四名提出、第百九十回国会衆法第五二号)
は委員会の許可を得て撤回された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 格差是正及び経済成長のために講ずべき税制上の措置等に関する法律案(古川元久君外三名提出、第百九十回国会衆法第一〇号)
 消費税率の引上げの期日の延期及び給付付き税額控除の導入等に関する法律案(山尾志桜里君外四名提出、第百九十回国会衆法第五二号)の撤回許可に関する件
 所得税法等の一部を改正する等の法律案(内閣提出第六号)
     ――――◇―――――
#2
○御法川委員長 これより会議を開きます。
 この際、お諮りいたします。
 第百九十回国会、古川元久君外三名提出、格差是正及び経済成長のために講ずべき税制上の措置等に関する法律案及び第百九十回国会、山尾志桜里君外四名提出、消費税率の引上げの期日の延期及び給付付き税額控除の導入等に関する法律案につきまして、それぞれ提出者全員から撤回の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○御法川委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#4
○御法川委員長 内閣提出、所得税法等の一部を改正する等の法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。財務大臣麻生太郎君。
    ―――――――――――――
 所得税法等の一部を改正する等の法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#5
○麻生国務大臣 ただいま議題となりました所得税法等の一部を改正する等の法律案につきまして、提案の理由及びその内容を御説明申し上げます。
 政府は、日本経済の成長力の底上げのため、就業調整を意識しなくて済む仕組みの構築、経済の好循環の促進、酒類間の税負担の公平性の回復、国際的な租税回避への効果的な対応などの観点から、国税に関し、所要の改正を一体として行うため、本法律案を提出した次第であります。
 以下、この法律案の内容につきまして御説明申し上げます。
 第一に、就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築する観点から、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しを行うこととしております。
 第二に、経済の好循環を促す観点から、研究開発税制及び所得拡大促進税制の見直し、中小企業向け設備投資促進税制の拡充等を行うこととしております。
 第三に、酒類間の税負担の公平性を回復する等の観点から、酒税の税率構造及び酒類の定義の見直しを行うことといたしております。
 第四に、より効果的に国際的な租税回避に対応する観点から、外国子会社合算税制の見直しを行うこととしております。
 このほか、災害に関する特例の整備を行うとともに、土地の売買等に係る登録免許税の特例等について、その適用期限の延長や整理合理化等を行うことといたしております。
 以上が、この法律案の提案の理由及びその内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますよう、よろしくお願いを申し上げます。
#6
○御法川委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
 次回は、来る二十一日火曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト