くにさくロゴ
2016/10/14 第192回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第192回国会 経済産業委員会 第1号
姉妹サイト
 
2016/10/14 第192回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第192回国会 経済産業委員会 第1号

#1
第192回国会 経済産業委員会 第1号
本国会召集日(平成二十八年九月二十六日)(月曜日)(午前零時現在)における本委員は、次のとおりである。
   委員長 高木美智代君
   理事 神山 佐市君 理事 佐々木 紀君
   理事 佐藤ゆかり君 理事 山際大志郎君
   理事 伴野  豊君 理事 升田世喜男君
   理事 富田 茂之君
      穴見 陽一君    石川 昭政君
      うえの賢一郎君    小倉 將信君
      尾身 朝子君    大見  正君
      岡下 昌平君    梶山 弘志君
      勝俣 孝明君    塩谷  立君
      島田 佳和君    白石  徹君
      白須賀貴樹君    高木 宏壽君
      中川 俊直君    星野 剛士君
      三原 朝彦君    宮崎 政久君
      八木 哲也君    簗  和生君
      吉川 貴盛君    大畠 章宏君
      落合 貴之君    近藤 洋介君
      篠原  孝君    田嶋  要君
      中根 康浩君    本村賢太郎君
      中野 洋昌君    藤野 保史君
      真島 省三君    小沢 鋭仁君
    ―――――――――――――
九月二十六日
 高木美智代君委員長辞任につき、その補欠として浮島智子君が議院において、委員長に選任された。
平成二十八年十月十四日(金曜日)
    午後零時十分開議
 出席委員
   委員長 浮島 智子君
   理事 うえの賢一郎君 理事 大見  正君
   理事 神山 佐市君 理事 佐々木 紀君
   理事 佐藤ゆかり君 理事 白須賀貴樹君
   理事 吉川 貴盛君 理事 北神 圭朗君
   理事 近藤 洋介君 理事 高木美智代君
      穴見 陽一君    石川 昭政君
      小倉 將信君    尾身 朝子君
      岡下 昌平君    鬼木  誠君
      梶山 弘志君    勝沼 栄明君
      勝俣 孝明君    島田 佳和君
      高木 宏壽君    中川 俊直君
      福山  守君    藤原  崇君
      星野 剛士君    三原 朝彦君
      宮崎 政久君    八木 哲也君
      簗  和生君    大畠 章宏君
      落合 貴之君    鈴木 義弘君
      田嶋  要君    中根 康浩君
      福島 伸享君    中野 洋昌君
      藤野 保史君    真島 省三君
      木下 智彦君
    …………………………………
   経済産業大臣
   国務大臣
   (産業競争力担当)
   (ロシア経済分野協力担当)
   (原子力経済被害担当)
   (原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)      世耕 弘成君
   国務大臣         松本  純君
   内閣府副大臣       松本 洋平君
   経済産業副大臣      松村 祥史君
   経済産業副大臣      高木 陽介君
   内閣府大臣政務官     務台 俊介君
   経済産業大臣政務官    中川 俊直君
   経済産業大臣政務官    井原  巧君
   経済産業委員会専門員   木下 一吉君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月二十六日
 辞任         補欠選任
  伴野  豊君     北神 圭朗君
  升田世喜男君     鈴木 義弘君
  本村賢太郎君     福島 伸享君
  富田 茂之君     浮島 智子君
十月十四日
 辞任         補欠選任
  塩谷  立君     藤原  崇君
  白石  徹君     鬼木  誠君
  山際大志郎君     福山  守君
  小沢 鋭仁君     木下 智彦君
同日
 辞任         補欠選任
  鬼木  誠君     白石  徹君
  福山  守君     勝沼 栄明君
  藤原  崇君     塩谷  立君
  木下 智彦君     小沢 鋭仁君
同日
 辞任         補欠選任
  勝沼 栄明君     山際大志郎君
同日
 理事田中良生君八月五日委員辞任につき、その補欠としてうえの賢一郎君が理事に当選した。
同日
 理事伴野豊君、升田世喜男君及び富田茂之君九月二十六日委員辞任につき、その補欠として北神圭朗君、近藤洋介君及び高木美智代君が理事に当選した。
同日
 理事神山佐市君及び佐々木紀君同日理事辞任につき、その補欠として大見正君及び白須賀貴樹君が理事に当選した。
同日
 理事山際大志郎君同日委員辞任につき、その補欠として吉川貴盛君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
九月二十六日
 中小企業正規労働者雇入臨時助成金の支給に関する法律案(中根康浩君外六名提出、第百九十回国会衆法第一一号)
 分散型エネルギー利用の促進に関する法律案(奥野総一郎君外三名提出、第百九十回国会衆法第三〇号)
 熱についてエネルギー源としての再生可能エネルギー源及び廃熱の利用を促進する等のためのエネルギーの使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案(田島一成君外三名提出、第百九十回国会衆法第三一号)
 国等によるその設置する施設の省エネルギー・再生可能エネルギー源利用改修の実施等に関する法律案(中根康浩君外三名提出、第百九十回国会衆法第三二号)
 エネルギー協同組合法案(福島伸享君外三名提出、第百九十回国会衆法第三三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○浮島委員長 これより会議を開きます。
 このたび経済産業委員長に選任されました浮島智子でございます。
 就任に当たり、御挨拶を述べさせていただきます。
 御承知のとおり、我が国の経済及び産業は、アジア新興国、資源国等の景気の下振れ、英国のEU離脱問題による円高の加速等、依然として厳しい情勢にあります。
 このような現状を踏まえ、革新的ものづくり支援事業による、人づくりも含めた政策を推進し、経済成長をより力強いものとしていくために、解決すべき問題は山積いたしております。
 かかる重大なときに、適切な施策を推進し、国民生活の安定と向上を図るため、本委員会に課せられた責務はまことに大きく、改めてその職責の重さを痛感いたしているところでもございます。
 理事の皆様並びに委員各位の皆様の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満なる委員会運営に努め、本委員会の使命をしっかりと果たしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○浮島委員長 理事辞任の件についてお諮りいたします。
 理事神山佐市君及び佐々木紀君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○浮島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。
 ただいまの理事の辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が七名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○浮島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、理事に
     うえの賢一郎君    大見  正君
      白須賀貴樹君    吉川 貴盛君
      北神 圭朗君    近藤 洋介君
   及び 高木美智代さん
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○浮島委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 経済産業の基本施策に関する事項
 資源エネルギーに関する事項
 特許に関する事項
 中小企業に関する事項
 私的独占の禁止及び公正取引に関する事項
 鉱業等に係る土地利用の調整に関する事項
以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○浮島委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#8
○浮島委員長 この際、世耕経済産業大臣及び松本国務大臣から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。世耕経済産業大臣。
#9
○世耕国務大臣 第百九十二回国会における経済産業委員会の御審議に先立ち、経済産業行政を取り巻く諸課題及び取り組みにつきまして、経済産業大臣、産業競争力担当大臣、ロシア経済分野協力担当大臣、原子力経済被害担当大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)として申し述べます。
 初めに、熊本地震や今般の相次ぐ台風などで被害に遭われた方に心からお見舞いを申し上げます。政府一丸となって復旧復興に当たるとともに、経済産業省としても、被災された中小企業への支援などに万全の対応をしてまいります。
 東日本大震災から五年半が経過しました。廃炉・汚染水対策と福島の復興は、経済産業省が担うべき最重要課題です。着任以来、既に福島を三回訪問し、福島第一原子力発電所の作業現場、被災地の状況を見るにつけ、ふるさとに戻りたい方々が一日でも早く戻れるよう、復興を着実に前進させるという決意を新たにしております。
 廃炉対策については、三十年から四十年後の廃止措置終了を目指し、中長期ロードマップに基づき、安全かつ着実に進めてまいります。汚染水対策についても、近づけない、漏らさない、取り除くの三つの基本方針に基づき、引き続き、予防的かつ重層的な対策を実施してまいります。
 住民の方々の帰還に向け、本年六月には葛尾村、川内村、七月には南相馬市の避難指示が解除されました。避難指示解除準備区域、居住制限区域についても、来年三月までに避難指示を解除することができるよう、インフラ復旧などに取り組みます。解除はゴールではなく、本格復興に向けたスタートです。引き続き、新たな産業、雇用の創出や、福島相双復興官民合同チーム等と連携した事業、なりわいの再建に全力で取り組んでまいります。
 また、帰還困難区域についても、八月末に決定した帰還困難区域の取扱いに関する考え方に基づき、避難指示を解除し、居住を可能とする復興拠点の整備など、関係省庁と連携して年末をめどに具体策を検討し、必要な予算などの措置に向けて作業を進めてまいります。さらに、福島を未来のエネルギー社会を開く先駆けの地とすべく、新たな社会モデルの構築に取り組んでまいります。
 成長戦略を、力強く、前へ。これまでの三年半にわたるアベノミクスにより、名目GDPは三十三兆円増加し、税収も二十一兆円ふえました。さらに、雇用は百十万人近く拡大し、企業収益は過去最高を記録しました。
 しかし、アベノミクスはさらなる高みを目指します。デフレから完全に脱却し、日本経済を成長軌道に乗せるためには、企業投資の拡大とさらなる消費喚起が必要です。多くの感動を生んだリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック競技大会が閉幕し、バトンはいよいよ日本に渡されました。成長する日本の姿を世界に示すため、あらゆる政策を総動員していきます。
 世界で加速する第四次産業革命の波に日本は乗りおくれているのではないかと悲観する声もあります。しかし、私は、若い起業家たちが自動運転車のソフト開発などで世界をリードしている姿を見て、日本の可能性を改めて感じています。今こそ、未来への投資を大胆に進めるときです。
 先日、成長戦略の新たな司令塔として、未来投資会議が立ち上がりました。経済産業省でも、第四次産業革命の実現に向け、人や物の移動、健康維持、ものづくりといった分野で官民のロードマップを策定し、突破口となるプロジェクトで規制・制度改革を進めます。また、我が国の強みであるロボットなどのものづくり技術とAI技術とを融合するための研究拠点を整備します。トップ人材・企業を世界から呼び込むため、日本版高度外国人材グリーンカードの実現と行政手続コストの削減を進めます。これらに加え、投資を促す攻めの経営を実現するため、コーポレートガバナンスの実効性を高めます。
 さらなるIT化が進む中、サイバーセキュリティー対策の強化が急務です。電力などの重要インフラ分野におけるガイドラインの策定、活用や、人材育成のための拠点整備を進めます。
 主役は地方、中小企業、目指すは世界。人口減少下でも地域の成長を実現するため、日本経済の屋台骨である中小企業の生産性を高め、外需獲得のために必要となる地域未来投資を喚起していきます。ITを活用した経営力向上、革新的なものづくりやサービスを開発するための設備導入を支援します。
 また、魅力ある地域資源の世界への売り込みを推進します。新輸出大国コンソーシアムを活用し、地域の中小企業の製品、サービスや農林水産物、食品の輸出拡大を関係者一丸となって進めます。インバウンド観光についても、観光客の行動データの活用に向けた支援を進めるとともに、クレジット決済のIC対応を義務化する割賦販売法の一部を改正する法律案を本国会に提出します。さらに、日本のスポーツ産業を成長産業にするため、スタジアムを核としたまちづくりの支援や、経営人材の育成を進めます。
 我が国の雇用を支える中小企業の賃上げを実現し、働く人々の消費を喚起することで、経済の好循環を回していきます。今こそ、下請取引の条件改善に切り込まなくてはなりません。経済団体や自動車業界などに対し、未来志向型の取引慣行を実現するよう、積極的な取り組みを要請しました。不適正な原価低減要請や、無償での金型の長期保管、割引コストの負担のない手形支払いの横行など、本来は親事業者が負担すべき費用を下請事業者に押しつけることがないよう、公正取引委員会と連携した下請法の運用強化を進めます。また、サプライチェーン全体で適正取引と付加価値向上の双方を実現するため、引き続き、幅広い業界で自主行動計画の策定を促してまいります。
 働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジです。働き手と企業がともに取り組むことにより、生産性の向上や産業競争力の強化を目指します。既に、人工知能やIoTといった最先端分野に対応した人材育成、産業構造の転換に対応した再就職支援、フリーランスや兼業、副業といった柔軟な働き方など、先を見据えて取り組む企業もあらわれています。経済産業省としても、中小企業を含めた産業界の実態をしっかりと把握し、経営トップのリーダーシップを促しながら、働き方改革の実現に取り組んでまいります。
 通商国家たる日本にとって、英国のEU離脱以降の世界経済の内向き志向を打破し、高いレベルの経済連携の実現に向けて世界をリードすることが重要です。TPPの早期承認、発効、日・EU・EPAの年内大筋合意に向け、全力を尽くします。同時に、世界の膨大なインフラ需要に対応するため、本年五月に発表した「質の高いインフラ輸出拡大イニシアティブ」に基づき、資金供給支援、現地人材の育成支援などに取り組んでまいります。
 また、ロシア経済分野協力担当大臣として、プーチン大統領の年末の来日に向け、中小企業、エネルギー、ロシアの産業多様化などを内容とする八項目の協力プランを早急に具体化します。意欲的に対ロビジネスに取り組む日本企業を力強く後押しし、我が国の国益に資する形で日ロ経済関係を発展させるべく、しっかりと取り組んでまいります。
 最後に、日本経済の根幹を支えるエネルギー政策について申し述べます。
 現在の原油価格低迷は、石油、ガスの資源権益を獲得する好機でもあります。このため、我が国の上流開発企業による海外企業の買収などを促進するべく、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法の一部を改正する法律案を本国会に提出いたしました。
 原子力発電所については、安全性が確認された原発の再稼働を進めるという政府の一貫した方針のもと、いかなる事情よりも安全性を最優先させて取り組みを進めます。
 また、電力需要の減少や自由化が進展する中、福島復興の一日も早い実現、原発事故の反省を踏まえた安全、防災への取り組みなど、我が国の電力事業が直面する課題は多く、東京電力が置かれた状況は、いわばその縮図です。東京電力の非連続の経営改革に向けて、東京電力改革・一F問題委員会で具体策を検討してまいります。
 さらに、本年四月に小売全面自由化が始まった電力システム改革の果実を消費者に還元するため、さらなる競争活性化の方策とともに、安全、防災、環境、再エネ導入、安定供給などの公益的な対応が促される仕組みの整備について、電力システム改革貫徹のための政策小委員会で検討してまいります。
 また、国内の高速炉開発の司令塔として、高速炉開発会議を立ち上げました。核燃料サイクルの推進は基本方針として堅持しつつ、高速炉開発のあり方について、年内に今後の方針案を策定します。
 省エネについては、複数事業者による効率的な設備利用の促進などに全力で取り組みます。再生可能エネルギーについても、国民負担を抑制しつつ最大限導入を進めていくという基本方針に基づき、さきの通常国会で成立した改正FIT法の着実な施行や技術開発に取り組むとともに、蓄電池などを活用した先進的なエネルギーシステムや水素社会の構築にも挑戦していきます。
 以上申し述べましたとおり、経済産業行政は多くの課題に直面しております。国民各層の幅広い御意見をしっかりとお伺いしながら、経済産業大臣として、全身全霊で職務に取り組んでまいります。
 浮島委員長を初め理事、委員各位の御協力と御理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
#10
○浮島委員長 次に、松本国務大臣。
#11
○松本国務大臣 公正取引委員会に関する事務を担当する大臣として、一言御挨拶を申し上げます。
 公正かつ自由な競争のもとでの経済活動は、社会の活力を生み出し、経済の成長力を高め、ひいては国民生活を豊かなものにします。我が国経済の健全な発展を実現し、国民全体の福利を確保するためには、経済実態に即応した競争政策を展開することが必要です。
 そのために、公正取引委員会による厳正かつ実効性のある独占禁止法の運用が確保されるよう、全力で当たります。カルテルや入札談合を厳しく取り締まることはもとより、特に、我が国の景気は緩やかな回復基調が続いているものの、中小企業の多くにとって依然厳しい事業環境が続いている状況に鑑み、優越的地位の濫用行為や下請法違反行為など、中小企業に不当に不利益を与える行為の取り締まりを強化し、これらの行為を未然防止することも重要です。これに加えて、企業の独占禁止法遵守の推進、政府規制、公的制度等の見直しに向けた調査、提言等による競争環境の整備も必要です。
 また、消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保するため、政府一丸となって、消費税転嫁対策特別措置法に基づいて、迅速かつ厳正な対処に努めます。
 このため、これらの業務を担う公正取引委員会の機能、体制の充実強化に努めます。
 浮島委員長を初め理事、委員各位の一層の御理解、御協力、また御指導を賜りますようにお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。
#12
○浮島委員長 次に、高木経済産業副大臣、松村経済産業副大臣、松本内閣府副大臣、中川経済産業大臣政務官、井原経済産業大臣政務官及び務台内閣府大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。高木経済産業副大臣。
#13
○高木副大臣 引き続き、経済産業副大臣、原子力災害対策本部の現地対策本部長を拝命いたしました高木陽介でございます。
 経済産業省の最重要課題である廃炉・汚染水対策と福島の復興を着実に前進させるよう、現場にも通いながら職務に邁進してまいります。
 浮島委員長を初め理事、委員各位には、御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
#14
○浮島委員長 次に、松村経済産業副大臣。
#15
○松村副大臣 このたび経済産業副大臣を拝命いたしました松村祥史でございます。
 被災地の復興に取り組みますとともに、日本の経済を支えます中小企業の生産性の向上、賃上げに向けた環境整備、海外への販路開拓などを進めてまいりたいと考えております。
 浮島委員長を初め理事、委員の先生方におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますようによろしくお願い申し上げて、御挨拶といたします。
 よろしくお願いいたします。
#16
○浮島委員長 次に、松本内閣府副大臣。
#17
○松本副大臣 このたび公正取引委員会に関する事務を担当いたします内閣府副大臣の松本洋平でございます。
 我が国経済が健全に発達をしていくためには、競争政策の中核を担います独占禁止法を適切に運用していく必要がございます。務台大臣政務官とともに松本大臣を補佐し、公正かつ自由な競争のもとで我が国経済がしっかりと発展していけるよう、職務に邁進をしてまいります。
 浮島委員長を初め理事、委員の各位には、一層の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
#18
○浮島委員長 次に、中川経済産業大臣政務官。
#19
○中川大臣政務官 このたび経済産業大臣政務官を拝命いたしました中川俊直でございます。
 世界が第四次産業革命へと向かう中で、日本の成長力というものがしっかりとエンジンを吹かして、産業競争力全般が上がっていけるように尽力をしてまいりたいというふうに存じております。
 浮島委員長を初め理事各位、委員各位の先生方におかれましては、どうぞ御指導、御鞭撻を賜りますようによろしくお願いを申し上げます。
 ありがとうございます。
#20
○浮島委員長 次に、井原経済産業大臣政務官。
#21
○井原大臣政務官 このたび、中川政務官と同様、経済産業大臣政務官を拝命いたしました井原巧でございます。
 福島の復興あるいは経済の再生と課題は山積みでございますけれども、誠心誠意、地域の声に耳を傾けながら、世耕大臣を支え、取り組んでまいりたいと存じます。
 浮島委員長を初め理事、そして委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
#22
○浮島委員長 次に、務台内閣府大臣政務官。
#23
○務台大臣政務官 このたび公正取引委員会に関する事務を担当することになりました務台俊介でございます。
 松本副大臣とともに松本大臣を補佐し、公正かつ自由な競争環境の整備に努め、我が国経済がより豊かで活力あるものになるよう、全力で職務を遂行してまいりたいと思っております。
 浮島委員長を初め理事、委員各位には、一層の御指導、御鞭撻をよろしくお願いします。
 ありがとうございます。
#24
○浮島委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時二十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト