くにさくロゴ
2016/03/31 第190回国会 参議院 参議院会議録情報 第190回国会 環境委員会 第4号
姉妹サイト
 
2016/03/31 第190回国会 参議院

参議院会議録情報 第190回国会 環境委員会 第4号

#1
第190回国会 環境委員会 第4号
平成二十八年三月三十一日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月二十三日
    辞任         補欠選任
     高野光二郎君     小泉 昭男君
     浜野 喜史君     北澤 俊美君
 三月二十四日
    辞任         補欠選任
     小泉 昭男君     高野光二郎君
     北澤 俊美君     浜野 喜史君
 三月二十八日
    辞任         補欠選任
     浜野 喜史君     西村まさみ君
 三月二十九日
    辞任         補欠選任
     西村まさみ君     浜野 喜史君
 三月三十日
    辞任         補欠選任
     櫻井  充君     江田 五月君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         磯崎 仁彦君
    理 事
                高野光二郎君
                滝沢  求君
                水野 賢一君
                市田 忠義君
    委 員
                尾辻 秀久君
                小坂 憲次君
                鴻池 祥肇君
                佐藤 信秋君
                林  芳正君
                松山 政司君
                森 まさこ君
                江田 五月君
                芝  博一君
                直嶋 正行君
                浜野 喜史君
                杉  久武君
                山口 和之君
               渡辺美知太郎君
   国務大臣
       環境大臣     丸川 珠代君
   副大臣
       環境副大臣    平口  洋君
   大臣政務官
       環境大臣政務官  鬼木  誠君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        櫻井 敏雄君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正
 する法律案(内閣提出、衆議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(磯崎仁彦君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日、櫻井充君が委員を辞任され、その補欠として江田五月君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(磯崎仁彦君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(磯崎仁彦君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に高野光二郎君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(磯崎仁彦君) 独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。丸川環境大臣。
#6
○国務大臣(丸川珠代君) ただいま議題となりました独立行政法人環境再生保全機構法の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 環境研究・技術開発は、持続可能な社会の構築に不可欠なグリーンイノベーションの基盤を成すものであり、その確実かつ効果的な実施により、低炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の保全や健康リスクの低減など環境の各分野への貢献を果たしていくことが重要です。
 特に、環境研究総合推進費は、持続可能な社会の構築のため、環境の保全に資することを目的とする我が国唯一の環境政策貢献型の競争的資金です。環境省においては、これまで環境研究総合推進費の重要性に鑑み、その制度の改善などに取り組んできたところですが、より一層の研究成果の最大化や効率的な運営体制の構築に向けた取組が必要です。平成二十年に成立しました研究開発力強化法においても、その公募型研究開発に係る業務を独立行政法人に移管することがその効率的推進に資すると認めるときは、これを独立行政法人に移管するとともに、その業務を行う独立行政法人は、数年度にわたり研究開発を行わせる契約を受託者と締結すること等により資金の効率的な使用が図られるよう努めることとされています。
 本法律案は、こうした状況を踏まえ、環境の保全に関する研究及び技術開発の効率的、効果的な推進に向け、その研究及び技術開発の実施及び助成に係る業務を独立行政法人環境再生保全機構が行えるようにするために必要な措置を講じようとするものです。
 次に、本法律案の主な内容について御説明申し上げます。
 第一に、機構の目的に、研究機関の能力を活用して行う環境の保全に関する研究及び技術開発に係ることを追加します。
 第二に、機構の業務に、研究機関の能力を活用して行うことによりその効果的な実施を図ることができる環境の保全に関する研究及び技術開発の業務や、環境の保全に関する研究及び技術開発に関し助成金の交付を行う業務等を追加します。
 第三に、新たに追加した業務について、機構の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者への秘密保持義務規定を設けます。
 以上が、本法律案の提案の理由及びその内容の概要です。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#7
○委員長(磯崎仁彦君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト