くにさくロゴ
2016/06/01 第190回国会 参議院 参議院会議録情報 第190回国会 本会議 第32号
姉妹サイト
 
2016/06/01 第190回国会 参議院

参議院会議録情報 第190回国会 本会議 第32号

#1
第190回国会 本会議 第32号
平成二十八年六月一日(水曜日)
   午前十一時三十一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
#2
○議事日程 第三十二号
  平成二十八年六月一日
   午前十一時三十分開議
 第一 真珠の振興に関する法律案(衆議院提出
  )
 第二 平成三十二年東京オリンピック競技大会
  ・東京パラリンピック競技大会特別措置法の
  一部を改正する法律案(衆議院提出)
 第三 国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法
  律案(衆議院提出)
 第四 特定非営利活動促進法の一部を改正する
  法律案(衆議院提出)
 第五 民法の一部を改正する法律案(内閣提出
  、衆議院送付)
 第六 都市再生特別措置法等の一部を改正する
  法律案(内閣提出、衆議院送付)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一より第六まで
 一、法務局、更生保護官署、入国管理官署及び
  少年院施設の増員に関する請願外三百二十六
  件の請願
 一、委員会の審査及び調査を閉会中も継続する
  の件
 一、法制局長の辞任に関する件
 一、法制局長の任命に関する件
     ─────・─────
#3
○議長(山崎正昭君) これより会議を開きます。
 日程第一 真珠の振興に関する法律案(衆議院提出)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。農林水産委員長若林健太君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔若林健太君登壇、拍手〕
#4
○若林健太君 ただいま議題となりました法律案につきまして、農林水産委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、真珠産業及び真珠に係る宝飾文化の振興を図るため、農林水産大臣及び経済産業大臣による基本方針の策定について定めるとともに、真珠の生産者の経営の安定、真珠の加工及び流通の高度化、真珠の輸出の促進等の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、提出者の衆議院農林水産委員長小里泰弘君より趣旨説明を聴取した後、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#5
○議長(山崎正昭君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#6
○議長(山崎正昭君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#7
○議長(山崎正昭君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十九  
  賛成           二百三十九  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#8
○議長(山崎正昭君) 日程第二 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律案
 日程第三 国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律案
 日程第四 特定非営利活動促進法の一部を改正する法律案
  (いずれも衆議院提出)
 以上三案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。内閣委員長神本美恵子君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔神本美恵子君登壇、拍手〕
#9
○神本美恵子君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、内閣委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律案は、平成三十二年に開催される東京オリンピック競技大会及び東京パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営の推進に関する政府の取組の状況についての国会への報告について定めようとするものであります。
 委員会におきましては、衆議院文部科学委員長谷川弥一さんより趣旨説明を聴取した後、大会組織委員会の活動を含めた国会報告の必要性、大会招致活動の経緯等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終了し、採決の結果、本法律案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律案は、国外犯罪行為により不慮の死を遂げた日本国民の遺族又は障害が残った日本国民に対する国外犯罪被害弔慰金等の支給について必要な事項を定めようとするものであります。
 委員会におきましては、衆議院内閣委員長西村康稔さんより趣旨説明を聴取した後、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、特定非営利活動促進法の一部を改正する法律案は、特定非営利活動の一層の健全な発展を図るとともに、特定非営利活動法人の運営の透明性を確保するため、仮認定特定非営利活動法人の名称を特例認定特定非営利活動法人に改め、特定非営利活動法人の認証の申請手続における添付書類の縦覧期間を短縮し、及び認定特定非営利活動法人等の海外への送金又は金銭の持ち出しに係る書類の所轄庁への事前の提出を不要とするとともに、特定非営利活動法人における事業報告書等の備置期間を延長し、及び特定非営利活動法人に対する貸借対照表の公告を義務付ける等の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、衆議院内閣委員長西村康稔さんより趣旨説明を聴取した後、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#10
○議長(山崎正昭君) これより採決をいたします。
 まず、平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律案の採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#11
○議長(山崎正昭君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#12
○議長(山崎正昭君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十九  
  賛成           二百三十八  
  反対               一  
 よって、本案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#13
○議長(山崎正昭君) 次に、国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律案及び特定非営利活動促進法の一部を改正する法律案を一括して採決いたします。
 両案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#14
○議長(山崎正昭君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#15
○議長(山崎正昭君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十八  
  賛成           二百三十八  
  反対               〇  
 よって、両案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#16
○議長(山崎正昭君) 日程第五 民法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。法務委員長魚住裕一郎君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔魚住裕一郎君登壇、拍手〕
#17
○魚住裕一郎君 ただいま議題となりました法律案につきまして、法務委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、女性に係る再婚禁止期間を前婚の解消又は取消しの日から六か月と定める民法の規定のうち百日を超える部分は憲法違反であるとの最高裁判所判決があったことに鑑み、当該期間を百日に改める等の措置を講じようとするものであります。
 なお、衆議院において、施行後三年を目途として、再婚禁止に係る制度の在り方について検討を加える旨の規定を附則に追加する修正が行われております。
 委員会におきましては、再婚禁止期間の立法目的、従来の戸籍実務における再婚禁止期間の規定の例外的取扱い、本法律案成立後の再婚禁止期間の規定の周知方法、無戸籍児への具体的支援策、嫡出推定規定の趣旨及びこれを見直す必要性、選択的夫婦別氏制度導入へ向けた今後の検討等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終局し、採決の結果、本法律案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#18
○議長(山崎正昭君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#19
○議長(山崎正昭君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#20
○議長(山崎正昭君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十八  
  賛成           二百三十八  
  反対               〇  
 よって、本案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#21
○議長(山崎正昭君) 日程第六 都市再生特別措置法等の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)を議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。国土交通委員長金子洋一君。
    ─────────────
   〔審査報告書及び議案は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔金子洋一君登壇、拍手〕
#22
○金子洋一君 ただいま議題となりました法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 本法律案は、都市の国際競争力及び防災機能を強化するとともに地域の実情に応じた市街地の整備を推進し、都市の再生を図るため、国際競争力の強化に資する都市開発事業の促進を図るための金融支援制度の拡充、非常用の電気又は熱の供給施設に関する協定制度の創設、特定用途誘導地区に関する都市計画において定めるべき事項の追加等の措置を講じようとするものであります。
 委員会におきましては、都市再生施策の推進と地方都市の活性化、都市の国際競争力及び防災機能の強化に向けた取組、老朽化した団地型マンション等の再生の在り方等について質疑が行われましたが、その詳細は会議録によって御承知願います。
 質疑を終局し、討論に入りましたところ、日本共産党を代表して辰巳孝太郎委員、社会民主党・護憲連合を代表して吉田忠智委員より、本法律案にそれぞれ反対する旨の意見が述べられました。
 次いで、採決の結果、本法律案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#23
○議長(山崎正昭君) これより採決をいたします。
 本案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
#24
○議長(山崎正昭君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
#25
○議長(山崎正昭君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十九  
  賛成           二百二十三  
  反対              十六  
 よって、本案は可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
     ─────・─────
#26
○議長(山崎正昭君) この際、日程に追加して、
 本日法務委員長外二委員長から報告書が提出されました法務局、更生保護官署、入国管理官署及び少年院施設の増員に関する請願外三百二十六件の請願を一括して議題とすることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○議長(山崎正昭君) 御異議ないと認めます。
    ─────────────

    ─────────────
   〔審査報告書は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
#28
○議長(山崎正昭君) これらの請願は、委員長の報告を省略して、各委員会決定のとおり採択することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#29
○議長(山崎正昭君) 御異議ないと認めます。
 よって、これらの請願は各委員会決定のとおり採択することに決しました。
     ─────・─────
#30
○議長(山崎正昭君) この際、委員会の審査及び調査を閉会中も継続するの件についてお諮りいたします。
    ─────────────

    ─────────────
#31
○議長(山崎正昭君) 本件は各委員長要求のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#32
○議長(山崎正昭君) 御異議ないと認めます。
 よって、本件は各委員長要求のとおり決しました。
     ─────・─────
#33
○議長(山崎正昭君) この際、お諮りいたします。
 本院法制局長岩崎隆二君から法制局長を辞任いたしたいとの申出がございました。
 同君の辞任を承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#34
○議長(山崎正昭君) 御異議ないと認めます。
 よって、承認することに決しました。
     ─────・─────
#35
○議長(山崎正昭君) つきましては、この際、法制局長の任命に関する件についてお諮りいたします。
 法制局長に長野秀幸君を任命いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#36
○議長(山崎正昭君) 御異議ないと認めます。
 よって、本件は承認されました。
     ─────・─────
#37
○議長(山崎正昭君) 今期国会の議事を終了するに当たり、一言御挨拶を申し上げます。
 今常会におきましては、平成二十八年度総予算を始め、熊本地震からの復旧復興に向けた同補正予算ほか、国民生活に深く関わる諸課題について真剣な審議が行われました。ここに、議員各位の御努力に対しまして敬意と感謝の意を表する次第でございます。
 さて、本年は本院議員の改選期に当たり、皆様方のうち半数の方々は来る七月二十五日をもって任期を満了されます。皆様方が多年にわたり参議院議員としての重責を果たされ、数々の御功績を残されましたことに深甚なる敬意を表するものであります。とりわけ、今回の改選を機に勇退される方々には、長年にわたり御指導をいただき、惜別の情やみ難いものがございます。どうか、くれぐれも御自愛の上、今後とも本院、そして議会政治発展のため御支援を賜りますようお願い申し上げます。
 また、来るべき選挙に重ねて立候補される方々におかれましては、御健闘の上、是非とも御当選になり、この議場において再び相まみえることができますよう心より祈念いたしております。
 かく言う私も、今回改選を迎えます。この三年間、非力ながらも議長としての職責を大過なく果たすことができましたのも、ひとえに先輩、同僚議員皆様方の御厚情、御鞭撻のたまものでありまして、衷心より感謝を申し上げます。
 また、特に輿石副議長に対しましては、皆様方とともに御礼申し上げたいと存じます。輿石副議長におかれましては、議長を補佐し、その優れた識見と円満なお人柄によって、本院の公正な運営、権威発揚に献身的な御尽力をいただきました。ここに、改めて深謝いたしますとともに、今後とも御自愛の上、一層御活躍されんことをお祈り申し上げる次第でございます。
 我が国二院制の下で、参議院は、衆議院とともに国権の最高機関として重い使命と役割を担っております。国の内外をめぐる諸情勢が一段と厳しさを増す中で、参議院が引き続き、衆議院の補完、抑制、均衡を図り、良識の府、再考の府として、国民から寄せられる大いなる期待に十全に応えていきますことを心から念願をいたしまして、私の御挨拶といたします。
 誠にありがとうございました。
   〔拍手〕
 副議長輿石東君から発言を求められております。発言を許します。輿石東君。
   〔輿石東君登壇、拍手〕
#38
○輿石東君 副議長を退任するに当たり、一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 ただいまは、山崎議長より御厚情あふれるお言葉をいただきまして、深く感謝いたします。
 二〇一三年八月に、参議院副議長の大任を仰せ付かりましてから今日に至るまでの三年間、山崎議長の心温まる御指導を始め、皆様方の温かい御支援を賜りまして、この重責を果たすことができました。ここに改めて御礼申し上げます。
 私が副議長の任に就きましたときには、いわゆる衆参のねじれが解消され、政権与党が両院において多数を占める状況を再び迎えておりました。我が国の安全保障に関わる数々の重要法案が審議されていく中で、二院制の下、熟慮の府、良識の府として参議院はいかにあるべきか、自らに問うこともしばしばでありました。
 さて、私は今期をもちまして引退いたします。一九九〇年に働く仲間の代表として衆議院総選挙に初当選以来、衆議院を二期、参議院を三期務め、国政に携わること二十五年を迎えます。
 この間、人づくりなくして国づくりなしの信条から、文教政策には強い思い入れを持って取り組んでまいりました。また、参議院野党第一党の国対委員長時代には、ぶれない、逃げない、うそつかないの政治信条を胸に、参議院らしい審議実現のため、時に与野党の垣根を越えて国会運営に腐心した日々が懐かしく思い返されます。さらには、参議院改革協議会の一員として、決算審議の充実や、ODA調査の導入について議論を重ね、今日に至る道筋を付けられましたことに深い感慨を覚えます。
 かつて参議院は、衆議院のカーボンコピーとやゆされる一方で、ねじれ国会の下では一転して強過ぎる参議院などと評されることもございました。しかしながら、いつの時代においても参議院が果たすべき使命と役割に何ら変わりはありません。混迷するこの世界の中で、参議院議員が与野党の別なく、顔合わせ、心合わせ、力を合わせて、引き続き国民の負託に十二分に応えていかれますよう衷心より祈念申し上げまして、私の御挨拶といたします。
 ありがとうございました。
   〔拍手〕
#39
○議長(山崎正昭君) 片山虎之助君から発言を求められております。発言を許します。片山虎之助君。
   〔片山虎之助君登壇、拍手〕
#40
○片山虎之助君 甚だ僣越ではございますが、年長のゆえをもちまして、今般、任期を満了する議員を代表し、一言御挨拶を申し上げます。
 ただいまは議長並びに副議長からお心のこもった温かいお言葉をいただき、誠にありがとうございました。
 私どもは、今日まで、国会の一翼を担う本院の議員として国政審議に参画し、国民の負託に応えるべく、微力ながら誠心誠意努めてきたところであります。この間、議長、副議長を始め先輩、同僚議員各位からは、一方ならぬ御厚情と御支援を賜りました。ここに謹んで厚くお礼を申し上げる次第であります。
 今日、我が国を取り巻く情勢は、内外共にますます多事多端となりました。我が国が、国家の繁栄と国民の幸福を確保し、世界と地域の平和と安定に貢献していくため、国権の最高機関である国会に課せられた使命は重みを増すばかりであります。
 引き続き在職される皆様には、通常選挙後の新たな構成の下で、参議院が熟慮・再考の府として、その独自性を発揮し、国民から寄せられる期待を実現するため邁進されますよう願ってやみません。国会は、参議院がしっかりすることによってしっかりすると私は思っております。
 任期を満了する議員のうちには、来る通常選挙に臨まれる方、今期限りで退任される方がおられます。私どもは、いずれの立場にありましても、これまで培ってきた知識と経験を生かし、引き続き国民のため力を尽くしてまいる所存であります。
 今後とも御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様の御活躍を祈念いたしまして、大変簡単ではございますが、お礼の御挨拶とさせていただきます。
 大変ありがとうございました。
   〔拍手〕
#41
○議長(山崎正昭君) これにて散会いたします。
   午前十一時五十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト