くにさくロゴ
2016/04/15 第190回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第190回国会 環境委員会 第8号
姉妹サイト
 
2016/04/15 第190回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第190回国会 環境委員会 第8号

#1
第190回国会 環境委員会 第8号
平成二十八年四月十五日(金曜日)
    午後零時四十五分開議
 出席委員
   委員長 赤澤 亮正君
   理事 伊藤信太郎君 理事 石川 昭政君
   理事 北川 知克君 理事 助田 重義君
   理事 藤原  崇君 理事 福田 昭夫君
   理事 松田 直久君
      穴見 陽一君    小倉 將信君
      鬼木  誠君    神山 佐市君
      田中 和徳君    高橋ひなこ君
      寺田  稔君    比嘉奈津美君
      福山  守君    堀内 詔子君
      前川  恵君    吉野 正芳君
      菅  直人君    中島 克仁君
      真山 祐一君    塩川 鉄也君
      遠藤  敬君    小沢 鋭仁君
      玉城デニー君
    …………………………………
   環境大臣         丸川 珠代君
   環境副大臣        平口  洋君
   環境大臣政務官      鬼木  誠君
   環境委員会専門員     関  武志君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月十五日
 辞任         補欠選任
  白石  徹君     比嘉奈津美君
  堀井  学君     堀内 詔子君
  牧原 秀樹君     神山 佐市君
  河野 正美君     遠藤  敬君
同日
 辞任         補欠選任
  神山 佐市君     牧原 秀樹君
  比嘉奈津美君     白石  徹君
  堀内 詔子君     堀井  学君
  遠藤  敬君     河野 正美君
    ―――――――――――――
四月六日
 建設アスベスト問題の早期解決と被害者の救済に関する請願(近藤昭一君紹介)(第一二七二号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出第五一号)
     ――――◇―――――
#2
○赤澤委員長 これより会議を開きます。
 議事に入るに先立ちまして、委員会を代表して一言申し上げます。
 このたびの平成二十八年熊本地震により亡くなられた方々と御遺族の皆様に深く哀悼の意を表します。
 また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、負傷された方々の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。
 これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。
 全員御起立願います。――黙祷。
    〔総員起立、黙祷〕
#3
○赤澤委員長 黙祷を終わります。御着席願います。
     ――――◇―――――
#4
○赤澤委員長 内閣提出、地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。丸川環境大臣。
    ―――――――――――――
 地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#5
○丸川国務大臣 まず冒頭、昨日二十一時二十六分ごろ、熊本地方を震源とする地震においてお亡くなりになられた皆様方、また御遺族の皆様方に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。
 ただいま議題となりました地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 昨年十二月、二〇二〇年以降の温室効果ガス排出削減等のための新たな国際枠組みとして、パリ協定が採択されました。これは、歴史上初めて、全ての国が参加する公平な合意です。
 我が国は、パリ協定に先立ち、昨年七月に、温室効果ガスを二〇三〇年度に二〇一三年度比で二六%、二〇〇五年度比で二五・四%削減するとの目標を柱とする約束草案を国連に提出しています。この目標の達成のため、家庭、業務部門においてはおよそ四割という大幅な排出削減が必要です。そのため、国として、地球温暖化の現状や対策への理解と機運を高め、国民一人一人の自発的な行動を促進する普及啓発が極めて重要な施策となります。
 本法律案は、こうした状況を踏まえ、普及啓発を強化するという国の方針を明示し、所要の規定を整備するとともに、国際協力を通じた地球温暖化対策の推進、地域における地球温暖化対策の推進のために必要な措置を講じようとするものです。
 次に、本法律案の主な内容について御説明申し上げます。
 第一に、地球温暖化対策計画に定める事項として、温室効果ガスの排出の抑制等のための施策及び活動に関する普及啓発の推進に関する基本的事項を追加します。
 第二に、同じく地球温暖化対策計画に定める事項として、地球温暖化対策に関する国際協力を推進するために必要な措置に関する基本的事項を追加します。
 第三に、都道府県及び市町村が策定することとされている地方公共団体実行計画について、共同して策定することができる旨を規定します。あわせて、地方公共団体実行計画において、その区域の自然的社会的条件に応じて温室効果ガスの排出の抑制等を行うための施策に関する事項として定めるものとして、都市機能の集約の促進等を例示として加えます。
 以上のほか、京都メカニズム関連規定の整備、経過措置その他の規定の整備等を行います。
 以上が、本法律案の提案の理由及びその内容の概要であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#6
○赤澤委員長 以上で趣旨の説明は終わりました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト