くにさくロゴ
2015/09/10 第189回国会 参議院 参議院会議録情報 第189回国会 環境委員会 第14号
姉妹サイト
 
2015/09/10 第189回国会 参議院

参議院会議録情報 第189回国会 環境委員会 第14号

#1
第189回国会 環境委員会 第14号
平成二十七年九月十日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 八月二十七日
    辞任         補欠選任
     山下 雄平君     山谷えり子君
 九月三日
    辞任         補欠選任
     浜野 喜史君     田中 直紀君
 九月四日
    辞任         補欠選任
     田中 直紀君     浜野 喜史君
 九月十日
    辞任         補欠選任
     長浜 博行君     林 久美子君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         島尻安伊子君
    理 事
                高橋 克法君
                中西 祐介君
                水岡 俊一君
                市田 忠義君
    委 員
                岩城 光英君
                尾辻 秀久君
                鴻池 祥肇君
                佐藤 信秋君
                中川 雅治君
                中曽根弘文君
                吉川ゆうみ君
                小見山幸治君
                櫻井  充君
                浜野 喜史君
                林 久美子君
                杉  久武君
                清水 貴之君
                水野 賢一君
   衆議院議員
       環境委員長    北川 知克君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        櫻井 敏雄君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○琵琶湖の保全及び再生に関する法律案(衆議院
 提出)
    ─────────────
#2
○委員長(島尻安伊子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る八月二十七日、山下雄平君が委員を辞任され、その補欠として山谷えり子君が選任されました。
 また、本日、長浜博行君が委員を辞任され、その補欠として林久美子君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(島尻安伊子君) 琵琶湖の保全及び再生に関する法律案を議題といたします。
 提出者衆議院環境委員長北川知克君から趣旨説明を聴取いたします。北川衆議院環境委員長。
#4
○衆議院議員(北川知克君) おはようございます。
 ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の趣旨及びその内容を御説明申し上げます。
 琵琶湖は、我が国最大の湖であり、近畿圏の人々の生活、都市活動、産業活動を支える貴重な水資源として、また、人々に潤いや安らぎを与える心の支えとして、幾多の恵みをもたらす国民的資産であります。
 また、琵琶湖は、約四百万年の歴史を有する世界でも数少ない古代湖の一つであり、この悠久の歴史の中で、多数の固有種を始めとする動植物が生息、生育する豊かな生態系が育まれ、自然環境及び水産資源の宝庫となっています。
 琵琶湖については、旧琵琶湖総合開発特別措置法により昭和四十七年から二十五年の間にわたり、治水・利水環境の向上のための施策が講じられてきました。同法が平成九年に失効して以降、今日に至るまで周辺地域の土地利用や産業活動、生活様式の変化等もあり、多くの環境保全の取組にもかかわらず、水草の異常繁茂、外来動植物などによる生態系や漁業への被害を始めとして、琵琶湖の自然環境等の悪化が一層顕在化してきている状況にあり、その総合的な保全及び再生を図ることが喫緊の課題となっています。
 また、そのような保全及び再生に向けた取組は、全国の湖沼の保全及び再生の先駆けともなり得るものであります。
 こうしたことから、国民的資産である琵琶湖を健全で恵み豊かな湖としてその恵沢を次世代に継承していくため、現行の各個別法の施策の実効性も高めつつ、その総合的な保全及び再生を図ることを目的として本案を提出した次第であります。
 次に、本案の主な内容について御説明申し上げます。
 第一に、主務大臣は、琵琶湖の保全及び再生に関し実施すべき施策を推進するため、琵琶湖の保全及び再生に関する基本方針を定めなければならないこととしております。
 第二に、滋賀県は、同基本方針を勘案して、琵琶湖保全再生施策に関する計画を定めることができるとしております。
 第三に、国は、琵琶湖保全再生計画に基づく事業が円滑に実施されるよう、その実施に要する費用について、必要な財政上の措置を講ずるものとしております。
 第四に、主務大臣、関係行政機関の長、関係地方公共団体、関係事業者等は、琵琶湖保全再生計画の実施に関し、相互に連携を図りながら協力しなければならないこととしております。
 第五に、主務大臣、関係行政機関の長、関係府県知事及び関係指定都市の長は、琵琶湖保全再生施策の推進に関し必要な事項について協議を行うため、琵琶湖保全再生推進協議会を組織することができることとしております。
 第六に、琵琶湖の保全及び再生に関し、水質の汚濁の防止のための措置、湖辺の自然環境の保全及び再生、外来動植物による被害の防止等、国及び関係地方公共団体が講ずべき施策について定めております。
 なお、この法律は、公布の日から施行することとしております。
 以上が、本案の趣旨及び主な内容であります。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。
#5
○委員長(島尻安伊子君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト