くにさくロゴ
2015/07/09 第189回国会 参議院 参議院会議録情報 第189回国会 農林水産委員会 第11号
姉妹サイト
 
2015/07/09 第189回国会 参議院

参議院会議録情報 第189回国会 農林水産委員会 第11号

#1
第189回国会 農林水産委員会 第11号
平成二十七年七月九日(木曜日)
   午前十時二分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         山田 俊男君
    理 事
                野村 哲郎君
                山田 修路君
                徳永 エリ君
                紙  智子君
    委 員
                金子原二郎君
                小泉 昭男君
                古賀友一郎君
                中泉 松司君
                馬場 成志君
                堀井  巌君
                舞立 昇治君
                小川 勝也君
                郡司  彰君
                柳澤 光美君
                柳田  稔君
                平木 大作君
                儀間 光男君
                山田 太郎君
   衆議院議員
       修正案提出者   村岡 敏英君
   国務大臣
       農林水産大臣   林  芳正君
   副大臣
       農林水産副大臣  小泉 昭男君
   大臣政務官
       農林水産大臣政
       務官       中川 郁子君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        稲熊 利和君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案
 (内閣提出、衆議院送付)
    ─────────────
#2
○委員長(山田俊男君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
 農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案を議題といたします。
 まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。林農林水産大臣。
#3
○国務大臣(林芳正君) 農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案につきまして、その提案の理由及び主要な内容を御説明申し上げます。
 政府においては、農林水産業・地域の活力創造プラン等に基づき、需要フロンティアの拡大、需要と供給をつなぐバリューチェーンの構築、生産現場の強化等の農政改革を進めてきたところでありますが、これらの改革が成果を上げるためには、政策を活用する経済主体等が積極的に活動できる環境を整備していくことが必要不可欠であります。
 こうした観点から、平成二十六年六月に閣議決定された規制改革実施計画及び日本再興戦略改訂二〇一四を踏まえて、農業協同組合、農業委員会及び農業生産法人に関する制度の一体的な見直しを行うこととしたところであります。
 次に、これらの法律案の主要な内容につきまして御説明申し上げます。
 第一に、農業協同組合法の一部改正であります。
 まず、農業協同組合の事業運営原則を明確化し、農業協同組合が事業を行うに当たって農業所得の増大に最大限の配慮をしなければならないこととするとともに、農畜産物の販売等の事業の的確な遂行により利益を上げ、その利益を事業の成長発展を図るための投資や事業利用分量配当に充てるよう努めなければならないこととしております。
 加えて、自主的組織としての運営を確保する観点から、農業協同組合は、事業を行うに当たって、組合員及び会員に利用を強制してはならないこととしております。
 さらに、農業所得の増大に資する責任ある経営体制の確立を図る観点から、農業協同組合の理事の過半数を、原則として認定農業者又は農産物販売、法人経営に関し実践的な能力を有する者でなければならないこととしております。
 また、農業協同組合及び農業協同組合連合会は、その事業を対象者のニーズに応じて適切に運営する観点から、必要な場合には、その選択により、新設分割や株式会社、一般社団法人、消費生活協同組合及び社会医療法人への組織変更ができることとしております。
 昭和二十九年に農協の経営指導により農協組織を再建するために導入された農業協同組合中央会制度については、これを廃止して自律的な制度に移行することとし、都道府県農業協同組合中央会は農業協同組合連合会に、全国農業協同組合中央会は一般社団法人に、それぞれ移行することができることとしております。
 また、一定規模以上の信用事業を行う農業協同組合等は、今後、安定的に信用事業を継続できるようにするため、公認会計士又は監査法人による会計監査を受けなければならないこととしております。
 第二に、農業委員会法の一部改正であります。
 まず、農業委員会の事務として、農地等の利用の最適化の推進に重点を置くことを明確にしております。
 次に、農業委員の選出方法について、公選制を廃止し、市町村長が市町村議会の同意を経て任命する方法に改め、農業委員の過半数は原則として認定農業者でなければならないこととしております。
 さらに、農地等の利用の最適化を推進するため、農業委員会は、担当区域において農地等の利用の最適化の推進のための活動を行う農地利用最適化推進委員を委嘱することとしております。
 また、都道府県知事又は農林水産大臣は、農業委員会相互の連絡調整等の農業委員会の支援業務等を適正かつ確実に行うことができると認められるものを、都道府県又は全国に一を限って、農業委員会ネットワーク機構として指定できることとしております。
 第三に、農地法の一部改正であります。
 農業の六次産業化を促進する観点から、農地を所有できる法人の要件のうち、役員の農作業従事要件について役員等のうち一人以上の者が農作業に従事すればよいこととするとともに、議決権要件について農業者以外の者の議決権が総議決権の二分の一未満まででよいこととしております。
 このほか、農水産業協同組合貯金保険法及び農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律を改正するとともに、農業倉庫業法を廃止する措置を講ずることとしております。
 以上がこの法律案の提案の理由及び主要な内容であります。
 何とぞ、慎重に御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。
#4
○委員長(山田俊男君) ありがとうございました。
 この際、本案の衆議院における修正部分について、修正案提出者衆議院議員村岡敏英君から説明を聴取いたします。村岡敏英君。
#5
○衆議院議員(村岡敏英君) 農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案に対する衆議院修正の趣旨説明をさせていただきます。
 農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案に対する衆議院の修正について、その趣旨を御説明申し上げます。
 修正の内容は、法律案の附則に、政府は、この法律に基づく農業協同組合及び農業委員会に関する制度の改革の趣旨及び内容の周知徹底を図るとともに、組合の事業及び組織の在り方についての当該組合の構成員と役職員との徹底した議論並びに農地等の利用の最適化の推進について農業の担い手を始めとする農業者その他の関係者の間での徹底した議論を促すことにより、これらの関係者の意識の啓発を図り、当該改革の趣旨に沿った自主的な取組を促進するものとする旨の規定を追加することであります。
 何とぞ御賛同を賜りますようお願い申し上げます。
#6
○委員長(山田俊男君) ありがとうございました。
 以上で趣旨説明及び衆議院における修正部分についての説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午前十時八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト