くにさくロゴ
2014/05/08 第186回国会 参議院 参議院会議録情報 第186回国会 環境委員会 第6号
姉妹サイト
 
2014/05/08 第186回国会 参議院

参議院会議録情報 第186回国会 環境委員会 第6号

#1
第186回国会 環境委員会 第6号
平成二十六年五月八日(木曜日)
   午前十時開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十五日
    辞任         補欠選任
     長峯  誠君     林  芳正君
     舞立 昇治君     尾辻 秀久君
 四月十六日
    辞任         補欠選任
     榛葉賀津也君     北澤 俊美君
 四月十七日
    辞任         補欠選任
     北澤 俊美君     榛葉賀津也君
 四月二十一日
    辞任         補欠選任
     高橋 克法君     宇都 隆史君
     浜野 喜史君     蓮   舫君
 四月二十二日
    辞任         補欠選任
     宇都 隆史君     高橋 克法君
     蓮   舫君     浜野 喜史君
 四月二十四日
    辞任         補欠選任
     吉川ゆうみ君     石井 準一君
 四月二十五日
    辞任         補欠選任
     石井 準一君     吉川ゆうみ君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         佐藤 信秋君
    理 事
                中西 祐介君
                吉川ゆうみ君
                柳澤 光美君
                市田 忠義君
    委 員
                岩城 光英君
                尾辻 秀久君
                岸  宏一君
                高橋 克法君
                中川 雅治君
                藤井 基之君
                山本 順三君
                小見山幸治君
                榛葉賀津也君
                長浜 博行君
                浜野 喜史君
                竹谷とし子君
                清水 貴之君
                水野 賢一君
   国務大臣
       環境大臣     石原 伸晃君
   副大臣
       環境副大臣    北川 知克君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        櫻井 敏雄君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一
 部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付)
○参考人の出席要求に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(佐藤信秋君) ただいまから環境委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る四月十五日、舞立昇治君及び長峯誠君が委員を辞任され、その補欠として尾辻秀久君及び林芳正君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(佐藤信秋君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(佐藤信秋君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に吉川ゆうみ君を指名いたします。
    ─────────────
#5
○委員長(佐藤信秋君) 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 政府から趣旨説明を聴取いたします。石原環境大臣。
#6
○国務大臣(石原伸晃君) ただいま議題となりました鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その提案の理由及び内容の概要を御説明申し上げます。
 近年、ニホンジカやイノシシなどの鳥獣については、急速に生息数が増加し、生息域が拡大しています。その結果、希少な高山植物の食害等の自然生態系への影響、農林水産業や生活環境への被害が大変深刻な状況であります。
 また、これまでの鳥獣の捕獲等において中心的な役割を果たしてきた狩猟者は、この四十年間で四割以下に減少しています。さらに、六割以上が六十歳以上となるなど、著しく高齢化が進んでいます。そのため、捕獲等の担い手の育成確保が喫緊の課題です。
 我が国の美しい自然環境を守り、農林水産業や生活環境への被害を防止するためには、積極的に鳥獣を管理し、その管理体制を構築することが求められています。
 本法律案は、こうした状況を踏まえ、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化の一層の推進を図るための措置を講じようとするものです。
 次に、本法律案の主な内容を御説明申し上げます。
 第一に、生活環境、農林水産業及び生態系に関する被害の防止に向けた積極的な鳥獣の管理を図るため、法の題名を鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律に改めるとともに、法律の目的に、鳥獣の管理を図ることを加えます。
 第二に、都道府県知事が地域における種の状況に応じて策定する計画について、目的を明確化し、保護に関する計画と管理に関する計画に分けるなど、法における施策体系を整理いたします。
 第三に、管理を図る鳥獣のうち、特に集中的かつ広域的な管理の必要があるものとして環境大臣が定める鳥獣について、都道府県又は国が捕獲等をする事業を実施することができることとしました。この事業として行われる捕獲等については、捕獲等の許可を不要とすることや、一定の条件の下で夜間の銃による捕獲等を可能とする等の制限の緩和を行います。
 第四に、鳥獣の捕獲等をする事業を実施する者が、その事業が安全管理体制等について一定の基準に適合していることにつき、都道府県知事の認定を受けることができる制度を導入します。
 第五に、住居集合地域等における麻酔銃による捕獲等の許可制度の導入や、網猟免許及びわな猟免許の年齢制限を二十歳未満から十八歳未満へ引き下げるなどを行います。
 以上が本法律案の提案の理由及びその内容の概要です。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御賛同くださいますようにお願いを申し上げます。
#7
○委員長(佐藤信秋君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
    ─────────────
#8
○委員長(佐藤信秋君) 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、来る十五日午前十時に参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(佐藤信秋君) 御異議ないと認めます。
 なお、その人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○委員長(佐藤信秋君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト