くにさくロゴ
2014/06/20 第186回国会 参議院 参議院会議録情報 第186回国会 厚生労働委員会 第24号
姉妹サイト
 
2014/06/20 第186回国会 参議院

参議院会議録情報 第186回国会 厚生労働委員会 第24号

#1
第186回国会 厚生労働委員会 第24号
平成二十六年六月二十日(金曜日)
   午後四時十八分開会
    ─────────────
   委員の異動
 六月二十日
    辞任         補欠選任
     島田 三郎君     大沼みずほ君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         石井みどり君
    理 事
                高階恵美子君
                西田 昌司君
               三原じゅん子君
                津田弥太郎君
                長沢 広明君
    委 員
                赤石 清美君
                大家 敏志君
                大沼みずほ君
                木村 義雄君
                島村  大君
                滝沢  求君
                武見 敬三君
                羽生田 俊君
                足立 信也君
                相原久美子君
                小西 洋之君
                西村まさみ君
                森本 真治君
                浜田 昌良君
                東   徹君
               薬師寺みちよ君
                山口 和之君
                小池  晃君
                福島みずほ君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        小林  仁君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○生活保護費、年金、最低賃金の引上げに関する
 請願(第三三号外一件)
○社会保障と税の一体改革を撤回し、社会保障の
 充実を求めることに関する請願(第三四号外一
 件)
○憲法違反の社会保障制度改革推進法を廃止し、
 社会保障の充実を進めることに関する請願(第
 三五号外一三件)
○憲法をいかし、安心の医療・介護を実現するこ
 とに関する請願(第四一号外八九件)
○二・五%の年金削減をやめ、安心の年金制度を
 求めることに関する請願(第四二号外一一件)
○社会保障拡充に関する請願(第四六号外二件)
○国民の申請権を侵害し、餓死や孤立死を生み出
 す生活保護法改正法の廃止に関する請願(第四
 七号)
○保険で良い歯科医療の実現に関する請願(第五
 五号外二一件)
○被災地における医療費の一部負担金と介護保険
 利用料免除の復活に関する請願(第八五号外一
 〇件)
○中小事業所とそこで働く労働者の社会保険料負
 担の引下げに関する請願(第一四六号外一八件
 )
○社会保障の切捨て中止に関する請願(第一七五
 号外三一件)
○後期高齢者医療制度を速やかに廃止することに
 関する請願(第一七七号外二件)
○国民が安心して暮らせるための社会保障制度の
 確立に関する請願(第一七八号外一件)
○歩行障害児、者のための自走式足こぎ車椅子導
 入支援、徹底活用に関する請願(第二二三号)
○アンジェルマン症候群などの遺伝子疾患に対す
 る難病対策に関する請願(第二二四号外一件)
○七十〜七十四歳の患者窓口負担一割の継続に関
 する請願(第三一五号外八件)
○高度で危険性の高い医行為を看護師に実施させ
 る制度の創設に反対することに関する請願(第
 三一六号外二五件)
○社会保障の拡充に関する請願(第三九六号外二
 二件)
○特定行為を診療の補助に拡大する法改正に反対
 することに関する請願(第四二〇号外一二件)
○介護保険制度の改悪中止に関する請願(第四七
 四号外一九件)
○社会保障と税の一体改革の中止、医療・介護、
 年金、保育などの拡充に関する請願(第四七五
 号外一二件)
○患者窓口負担の大幅軽減に関する請願(第四八
 六号外八件)
○全ての子供の権利が保障される保育制度・子育
 て支援策の実現に関する請願(第五九二号外三
 〇件)
○安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大
 幅増員に関する請願(第六一二号外四二件)
○パーキンソン病患者・家族の視点に立った療養
 生活の質的向上に関する請願(第六一四号外一
 四件)
○障害者の生きる権利を保障するヘルパー派遣制
 度に関する請願(第六五三号外五件)
○憲法をいかし、将来に希望の持てる年金を求め
 ることに関する請願(第六六五号外二五件)
○憲法二十五条に基づく権利としての福祉実現に
 関する請願(第七八〇号外一七件)
○年金二・五%削減中止に関する請願(第七九二
 号)
○憲法をいかし安定した雇用を求めることに関す
 る請願(第八一八号外三〇件)
○パート労働法の実効ある改正に関する請願(第
 八二一号外一六件)
○腎疾患総合対策の早期確立に関する請願(第八
 三二号外七九件)
○介護保険制度の改善に関する請願(第九一八号
 外二件)
○児童福祉としての保育制度の拡充に関する請願
 (第九一九号)
○憲法第二十五条を守り、国民の命と暮らしの保
 障に関する請願(第九五二号)
○医療・介護・年金など社会保障の拡充に関する
 請願(第一〇四八号)
○リストラ規制法制定、労働者の雇用と中小企業
 の経営を守ることに関する請願(第一〇六二号
 )
○国民・中小業者の暮らしと経営を守る社会保障
 充実等に関する請願(第一〇六三号)
○遺族年金の併給に関する請願(第一〇八五号)
○介護労働者の処遇改善に関する請願(第一一二
 〇号外一七件)
○介護保険制度における利用料負担の廃止等に関
 する請願(第一一四六号外五件)
○全国一律最賃・時給千円以上の実現に関する請
 願(第一二三九号)
○再び被爆者をつくらない決意を世界に現行法(
 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律)改
 正に関する請願(第一二七三号)
○新たな患者負担増計画反対、患者負担の大幅軽
 減と安心して受けられる医療の実現に関する請
 願(第一二九八号)
○社会保障の充実を図り、国民の健康と暮らしを
 豊かにすることに関する請願(第一二九九号)
○障害者福祉についての新たな法制に関する請願
 (第一三〇九号外一四七件)
○過労死防止基本法の制定に関する請願(第一三
 一〇号外六件)
○介護制度を後退させないことに関する請願(第
 一三三七号)
○人間らしい暮らしを実現するため、憲法をいか
 して格差と貧困を解消し、雇用を改善すること
 に関する請願(第一三九五号外一二件)
○介護保険制度の緊急改善に関する請願(第一四
 〇二号外一〇件)
○脳卒中対策基本法(仮称)の早期制定に関する
 請願(第一五二七号外六件)
○生活保護基準引下げ反対に関する請願(第一六
 〇三号外二件)
○伊東重度障害者センターの存続発展を求めるこ
 とに関する請願(第一七三二号)
○肝硬変・肝がん患者の療養支援の推進に関する
 請願(第一七六三号外七七件)
○自己免疫性肝疾患患者の療養支援の推進に関す
 る請願(第一八一一号外四件)
○医療・介護総合法案の廃案に関する請願(第一
 八三一号外三件)
○難病、長期慢性疾患、小児慢性疾患の総合対策
 に関する請願(第一八九八号外五九件)
○千葉県の最低賃金七百七十七円を大幅に引き上
 げ全国一律時間額千円以上の最低賃金実現に関
 する請願(第一九三〇号)
○全国一律最賃・時給千円以上の実現を求めるこ
 とに関する請願(第二〇〇〇号)
○保育を必要とする全ての子供に公的保障を求め
 ることに関する請願(第二〇二一号外一三件)
○自治体非正規雇用・公務公共関係労働者の雇用
 ・待遇の抜本改善に関する請願(第二一〇二号
 外一二件)
○医療・介護の保険料・利用料の引下げに関する
 請願(第二一一三号)
○てんかんのある人とその家族の生活を支えるこ
 とに関する請願(第二一一四号外二三件)
○現下の厳しい雇用失業情勢を踏まえた労働行政
 体制の拡充・強化に関する請願(第二一六八号
 外九件)
○筋痛性脳脊髄炎患者の支援に関する請願(第二
 二七〇号外三四件)
○医療・介護総合法案の廃案を求めることに関す
 る請願(第二二八〇号外六件)
○社会保障切捨て中止に関する請願(第二二八一
 号)
○医療・介護総合改悪法案の廃案に関する請願(
 第二四三一号)
○B型・C型肝炎患者への肝炎対策に関する請願
 (第二五五六号外三七件)
○労働者派遣法の早期抜本改正に関する請願(第
 二七〇九号外一件)
○震災復興、国民の安全・安心の実現への建設産
 業における公正な賃金・労働条件の確保に関す
 る請願(第二七三八号外一四件)
○要支援者サービス切捨てと利用者負担引上げ中
 止、安心できる介護に関する請願(第二七六〇
 号)
○医療・介護総合法案廃案に関する請願(第二七
 六一号)
○労働法制の大改悪をやめ、安心して働き続けら
 れる雇用を求めることに関する請願(第三〇〇
 〇号外一一件)
○こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続に
 関する請願(第三〇一一号外二件)
○じん肺とアスベスト被害根絶に関する請願(第
 三〇一四号外一〇件)
○被災者の雇用の確保、医療・介護の利用者負担
 等の減免措置に関する請願(第三〇二五号)
○身体障害者手帳等級の改善に関する請願(第三
 〇二六号外五件)
○お金の心配がない保険で良い歯科医療の実現に
 関する請願(第三一六六号)
○患者・利用者負担を大幅に軽減し、いつでも安
 心して受けられる医療・介護の実現に関する請
 願(第三一六七号)
○労働者派遣法の抜本改正を求めることに関する
 請願(第三二三七号)
○人間らしく働き生活できる雇用の実現に関する
 請願(第三二三八号)
○継続審査要求に関する件
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(石井みどり君) ただいまから厚生労働委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 本日、島田三郎君が委員を辞任され、その補欠として大沼みずほ君が選任されました。
    ─────────────
#3
○委員長(石井みどり君) これより請願の審査を行います。
 第三三号生活保護費、年金、最低賃金の引上げに関する請願外千百七十三件を議題といたします。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第八三二号腎疾患総合対策の早期確立に関する請願外七十九件、第九一九号児童福祉としての保育制度の拡充に関する請願、第一八九八号難病、長期慢性疾患、小児慢性疾患の総合対策に関する請願外五十九件、第二一六八号現下の厳しい雇用失業情勢を踏まえた労働行政体制の拡充・強化に関する請願外九件及び第二二七〇号筋痛性脳脊髄炎患者の支援に関する請願外三十四件は採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第一三一〇号過労死防止基本法の制定に関する請願外六件は採択すべきものにして内閣に送付するを要しないものとし、第三三号生活保護費、年金、最低賃金の引上げに関する請願外九百八十件は保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#6
○委員長(石井みどり君) 継続審査要求に関する件についてお諮りいたします。
 専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法案につきましては、閉会中もなお審査を継続することとし、本案の継続審査要求書を議長に提出することに賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(石井みどり君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
 社会保険労務士法の一部を改正する法律案、財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律の一部を改正する法律案、労働基準法等の一部を改正する法律案、女性の健康の包括的支援に関する法律案、脳卒中対策基本法案及び臨床検査技師等に関する法律及び医療法の一部を改正する法律案、以上六案につきましては、閉会中もなお審査を継続することとし、六案の継続審査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、七案の要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#10
○委員長(石井みどり君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 社会保障及び労働問題等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#13
○委員長(石井みどり君) 委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(石井みどり君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後四時二十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト