くにさくロゴ
2014/06/20 第186回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第186回国会 経済産業委員会 第23号
姉妹サイト
 
2014/06/20 第186回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第186回国会 経済産業委員会 第23号

#1
第186回国会 経済産業委員会 第23号
平成二十六年六月二十日(金曜日)
    午前十時三十分開議
 出席委員
   委員長 富田 茂之君
   理事 塩谷  立君 理事 鈴木 淳司君
   理事 宮下 一郎君 理事 山際大志郎君
   理事 渡辺 博道君 理事 田嶋  要君
   理事 今井 雅人君 理事 江田 康幸君
      秋元  司君    穴見 陽一君
      石崎  徹君    越智 隆雄君
      大見  正君    勝俣 孝明君
      佐々木 紀君    白石  徹君
      菅原 一秀君    田中 良生君
      辻  清人君    冨樫 博之君
      根本 幸典君    福田 達夫君
      細田 健一君    宮崎 謙介君
      宮崎 政久君    八木 哲也君
      山田 美樹君    枝野 幸男君
      岸本 周平君    近藤 洋介君
      辻元 清美君    伊東 信久君
      木下 智彦君    丸山 穂高君
      國重  徹君    三谷 英弘君
      小池 政就君    塩川 鉄也君
    …………………………………
   経済産業大臣政務官    田中 良生君
   経済産業委員会専門員   乾  敏一君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月九日
 辞任         補欠選任
  小池 政就君     椎名  毅君
同日
 辞任         補欠選任
  椎名  毅君     小池 政就君
    ―――――――――――――
六月十一日
 原発からの撤退を決断し、エネルギー政策の転換を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五六二号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第一六二二号)
 脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五六三号)
 福島第一原子力発電所の地下水・汚染水の海への放出反対に関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五六四号)
 直ちに原発ゼロを求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第一五六五号)
 即時原発ゼロに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六一九号)
 原発からの撤退に関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六二〇号)
 原発からの撤退を求めることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六二一号)
同月十三日
 原発ゼロを直ちに求めることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六九一号)
 原発からの撤退に関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六九二号)
 即時原発ゼロを求めることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六九三号)
 即時原発ゼロに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一六九四号)
 原発からの撤退を決断しエネルギー政策の転換に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一七五三号)
 原発ゼロの社会を目指し、再生可能エネルギーへの転換を求めることに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一七五四号)
 今すぐ原発ゼロの日本の実現に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一七五五号)
 浜岡原発の永久停止・廃炉、日本から原発をなくすことに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第一八一六号)
同月十六日
 原発からの撤退を求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第一八六〇号)
 即時原発ゼロを求めることに関する請願(志位和夫君紹介)(第一八六一号)
 即時原発ゼロに関する請願(志位和夫君紹介)(第一八六二号)
同月十七日
 今すぐ原発ゼロの日本の実現に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第二二八七号)
 原発から撤退し、再生可能エネルギーへの転換を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二二八八号)
 直ちに原発ゼロを求めることに関する請願(高橋千鶴子君紹介)(第二二八九号)
 原発からの撤退を求めることに関する請願(佐々木憲昭君紹介)(第二二九〇号)
 同(宮本岳志君紹介)(第二二九一号)
 原発ゼロに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第二四〇〇号)
 即時原発ゼロに関する請願(塩川鉄也君紹介)(第二四〇一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○富田委員長 これより会議を開きます。
 本委員会は去る九日、福島県において、東京電力福島第一原子力発電所における汚染水対策の状況等調査のため視察を行いましたので、その概要につきまして御報告いたします。
 このたびの視察は、昨年九月に続きまして、福島第一原子力発電所における汚染水問題への対策及び廃炉に向けた取り組み等の状況に関し、現地の実情をつぶさに把握することを目的として行われました。
 現地では、まず、Jヴィレッジ内において、東京電力より、汚染水の状況や対策の概要、また各原子炉の廃炉措置の進捗状況について説明を聴取いたしました。
 その後、福島第一原子力発電所内をめぐり、防護服を着用し、重要な施設設備では実際に現場におり立って、汚染水や原子炉の現状と対策の進捗状況について視察いたしました。
 まず、汚染水対策に関しまして、タンクエリアを車内から俯瞰し、一千基近い貯水タンクが林立している状況を確認した後、多核種除去設備、ALPSではその稼働状況、トラブルの原因及び今後の増設に関して説明を受けました。
 引き続き、先月から運用が開始されている地下水バイパス設備を車内から視察し、地下水くみ上げの状況及び海洋への放出の概況を確認いたしました。
 さらに、地下水と汚染水を遮蔽する遮水壁を凍土方式によって設置するための実証試験の現場も視察し、これらの総合的な取り組みを通じて重層的な汚染水対策が講じられている状況につきまして、理解を深めてまいりました。
 次に、廃炉作業の進捗状況に関しまして、使用済み核燃料プールからの燃料取り出しが進められている四号機のオペレーションフロアにおり立ち、燃料プールの間近から、核燃料の保管状況及び搬出作業のための設備を視察いたしまして、千五百三十三体の燃料のうち、これまでに一千体以上の搬出が終了している旨の説明を聴取いたしました。
 最後に、免震重要棟内にて、地下水処理を含むオペレーションセンターでの作業状況を視察いたしました。
 今回の視察を通じて、対策は徐々に進められているものの、さらに汚染水対策が万全のものとなり、廃炉措置も的確に進捗するよう、国会としても引き続き尽力する必要があるものと改めて認識いたしました。
 なお、現地では、現在も線量が高い場所が多く残り、過酷な条件のもと、作業員の方々が懸命の努力を続けている姿が印象的であり、大変感銘を受けました。
 最後に、全体を通じて、有意義な調査となったことに対し、御協力いただきました関係の皆様に謝意を表し、視察の報告とさせていただきます。
     ――――◇―――――
#3
○富田委員長 この際、御報告申し上げます。
 今会期中、本委員会に付託されました請願は五十六件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先ほどの理事会において協議をいたしましたが、委員会での採否の決定は保留することになりましたので、御了承願います。
 なお、お手元に配付してありますとおり、本委員会に参考送付されました陳情書は九件であります。
 また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は百十六件であります。
 念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#4
○富田委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 第百八十三回国会、内閣提出、外国為替及び外国貿易法第十条第二項の規定に基づき、北朝鮮を仕向地とする貨物の輸出及び北朝鮮を原産地又は船積地域とする貨物の輸入につき承認義務を課する等の措置を講じたことについて承認を求めるの件
 第百八十五回国会、塩崎恭久君外四名提出、公的資金再生事業者と同種の業務を営む事業者との対等な競争条件の確保に関する法律案
 経済産業の基本施策に関する件
 資源エネルギーに関する件
 特許に関する件
 中小企業に関する件
 私的独占の禁止及び公正取引に関する件
 鉱業等に係る土地利用の調整に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○富田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件につきましてお諮りいたします。
 まず、閉会中、参考人から意見を聴取する必要が生じました場合には、その出席を求めることとし、日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○富田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、その承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣期間等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○富田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト