くにさくロゴ
2014/06/20 第186回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第186回国会 決算行政監視委員会 第4号
姉妹サイト
 
2014/06/20 第186回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第186回国会 決算行政監視委員会 第4号

#1
第186回国会 決算行政監視委員会 第4号
平成二十六年六月二十日(金曜日)
    午前十一時十分開議
 出席委員
   委員長 松浪 健太君
   理事 今村 雅弘君 理事 河野 太郎君
   理事 平  将明君 理事 橘 慶一郎君
   理事 武藤 容治君 理事 柚木 道義君
   理事 桜内 文城君 理事 伊藤  渉君
      青山 周平君    秋本 真利君
      大岡 敏孝君    勝沼 栄明君
      菅野さちこ君    工藤 彰三君
      熊田 裕通君    小林 茂樹君
      國場幸之助君    坂本 剛二君
      島田 佳和君    白石  徹君
      瀬戸 隆一君    田畑  毅君
      武井 俊輔君    辻  清人君
      福田 達夫君    野田 佳彦君
      馬淵 澄夫君    河野 正美君
      谷畑  孝君    宮沢 隆仁君
      青柳陽一郎君    村上 史好君
      吉川  元君    小泉 龍司君
    …………………………………
   決算行政監視委員会専門員 平川 素行君
    ―――――――――――――
委員の異動
六月二十日
 辞任         補欠選任
  笹川 博義君     青山 周平君
同日
 辞任         補欠選任
  青山 周平君     笹川 博義君
    ―――――――――――――
六月十八日
 平成二十五年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)
 平成二十五年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)(承諾を求めるの件)
 平成二十五年度特別会計予算総則第二十条第一項の規定による経費増額総調書及び各省各庁所管経費増額調書(その1)(承諾を求めるの件)
 平成二十五年度特別会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その2)(承諾を求めるの件)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○松浪委員長 これより会議を開きます。
 この際、委員長から一言申し上げます。
 本委員会は、決算全般について審査し、その結果を将来の予算の編成と執行に反映させるとともに、国会が担う行政監視について本院における中核的な機能を果たすことを役割としています。
 しかしながら、本委員会では、決算審査が非常に遅延し、ようやく昨日の本会議において、平成二十一年度から二十三年度の三年度分の決算を議了させることができた次第であります。また、今後は、平成二十四年度及び二十五年度の決算も一括審査をしなければならない状況が見込まれております。
 国の予算の使われ方、行財政のあり方に対する国民の関心は高いものがある中、このような状況では、国民の負託に応えているとは言えません。
 このため、理事の方々の御協力を得ながら、本委員会の決算審査のあり方について、六回にわたる勉強会を開会し、諸外国の決算審査の事例、我が国の会計検査院の検査状況等を調査するなど、さまざまな観点から検討してまいりました。
 その結果、本日の理事会において、本委員会の改革方針についての申し合わせが取りまとめられたので、御報告いたします。
    決算行政監視委員会の改革方針についての申合せ
 一 決算の審査は、次年度決算が提出されるまでに終了するよう努める。
 二 従来の審査方法に加え、例えば、行政監視機能を重視した小委員会を設置し、政策自体の是非ではなく、予算執行が経済性、効率性、有効性等の観点から行われているかどうかに焦点を当てた質疑(非政策的質疑)を行うなどして、議論の活性化を図る。
 三 改革方針については、理事会での合意を得ながら、今後とも不断の改善に努める。
以上であります。
 本改革方針につきましては、次国会から早急に実現を図ることといたしたいと存じますが、今後とも、決算審査の充実と促進に向け、委員各位の御協力を得ながら、さらなる取り組みを進めていきたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
     ――――◇―――――
#3
○松浪委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 決算の適正を期し、行政監視の機能を果たすため、お手元の印刷物にありますとおり
 平成二十四年度決算外二件
 平成二十五年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書(その1)外三件の承諾を求めるの件
 歳入歳出の実況に関する件外五件
以上の各件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○松浪委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣委員、派遣期間、派遣地等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○松浪委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 次に、閉会中審査におきまして、参考人より意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○松浪委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト