くにさくロゴ
2013/12/06 第185回国会 参議院 参議院会議録情報 第185回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
2013/12/06 第185回国会 参議院

参議院会議録情報 第185回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号

#1
第185回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号
平成二十五年十二月六日(金曜日)
   午前十一時二十分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         小泉 昭男君
    理 事
                石井 浩郎君
                山谷えり子君
                石川 博崇君
    委 員
                衛藤 晟一君
                北村 経夫君
                末松 信介君
                二之湯武史君
                堀井  巌君
               三原じゅん子君
                矢倉 克夫君
                井上 義行君
                中山 恭子君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        矢嶋 定則君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に
 関する調査
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(小泉昭男君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。
 この際、申し上げます。
 本委員会開会前、民主党・新緑風会所属委員の出席を要請いたしましたが、出席を得ることができませんでした。やむを得ず議事を進めることにさせていただきます。
 北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。
 先般行いました北朝鮮による拉致問題等に関する実情調査のための視察につきまして、視察委員の報告を聴取いたします。山谷えり子君。
#3
○山谷えり子君 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会視察報告です。
 本委員会の小泉委員長、藤田理事、石川理事、北村委員、堀井委員、有田委員、長浜委員、白委員、井上委員、中山委員及び私、山谷の十一名は、去る十一月十一日、福井県において、北朝鮮による拉致問題等に関する実情調査を行いました。
 以下、その概要を報告いたします。
 まず、福井県の梅田健康福祉部地域福祉課長より、平成十四年十月の地村保志さん、富貴惠さん御夫妻の帰国を受けた拉致被害者御家族に対する支援、県出身の北朝鮮による拉致の可能性を排除できない方々の概要及び拉致問題に関する県の取組状況について説明を聴取いたしました。梅田課長からは、地村さん御夫妻の帰国を受け、御夫妻及びその御家族に対し全庁的な支援を実施している。また、福井県出身の北朝鮮による拉致の可能性を排除できない方々は、山下春夫さん、山下貢さん、宮内和也さん及び河合美智愛さんの四名であり、毎年十二月の北朝鮮人権侵害問題啓発週間の機会などに拉致問題に関する県民の啓発、機運の醸成を図っている旨の発言がなされました。
 次いで、小浜市の仲野総務部長より、地村さん御夫妻及びその御家族の現況について説明を聴取いたしました。仲野総務部長からは、民間の関係団体の運動が地村さん御夫妻の帰国につながったと認識している。現在、地村保志さんは小浜市の正職員として、富貴惠さんは福井県嶺南振興局の嘱託職員として勤務している。平成十六年五月に帰国した地村さん御夫妻の三人のお子さんたちは、それぞれ福井県内の企業に就職し、順調に社会生活を送っている旨の発言がなされました。
 次いで、福井県警察本部警備部の奥村参事官より、福井県の沿岸部で発生した北朝鮮関連事案として、平成二年の美浜事件について説明を聴取いたしました。奥村参事官からは、まず福井県と北朝鮮の位置関係や福井県嶺南地方の約三百キロメートルに及ぶリアス式海岸などの地理的特徴を紹介した上で、平成二年十月、福井県三方郡美浜町の久々子・松原海岸に北朝鮮工作船の子船が漂着しているのが発見され、現場付近からは北朝鮮工作員と見られる者の水死体や水中スクーター、乱数表等も発見された。子船は高速走行が可能な形状をしており、また、漁船を装っていた旨の発言がなされました。
 その後、宮内和也さん行方不明現場である若狭町世久見漁港の状況、高敬美さん、高剛さん姉弟拉致現場である小浜市岡津海岸、南宮神社及び隣接した空き家の状況、地村保志さん、富貴惠さん拉致現場である小浜市小浜公園の状況を、福井県警の説明を受けながら実地に調査しました。いずれも日本海に面した海岸に位置しており、北朝鮮工作員の工作活動の現場を目の当たりにし、改めて北朝鮮による日本人の拉致という国家的犯罪行為に怒りを感じたところであります。
 次いで、石塚福井県副知事、中川福井県拉致議連会長、松崎小浜市長、森下若狭町長より、拉致被害者及びその御家族に対する県の支援体制、拉致問題解決のための全国的な連携協力、地村さん御夫妻の退職後の住居及び年金受給、拉致被害者の政府認定について意見表明がなされました。
 続いて、福井県特定失踪者家族会代表で宮内和也さんの義兄の澤香苗さん、河合美智愛さんの母の河合喜代子さん、山下貢さんの母の山下きよ子さん、宮内和也さんの父の宮内和見さん、救う福井の会の池田欣一会長より、特定失踪者の問題等について意見を聴取いたしました。
 澤香苗さんからは、福井県における特定失踪者の失踪状況について個別の事案に即して具体的な説明がなされ、それぞれの失踪にかかわる不審な点が指摘されました。
 河合喜代子さんからは、当初、北朝鮮による拉致の可能性は考えていなかったが、情報の公開に踏み切って活動している、問題解決のために国会議員、とりわけ拉致問題特別委員会の力を借りたい。山下きよ子さんからは、息子は平成元年に行方不明になったが何の証拠もつかめず今日に至っている、自分も高齢になったが何とか活動を行っている。宮内和見さんからは、家族で苦しい思いをしており、一日たりとも忘れていない、拉致被害者として政府認定をしてほしい旨の発言がなされました。
 池田欣一会長からは、関係者が高齢化し、失踪者の身を案じながら亡くなられた方も出てきていることを踏まえ、拉致問題の一日も早い解決に政府、国会を挙げて全力で取り組んでほしいこと、拉致問題、特定失踪者問題を風化させてはならないこと、とりわけ政府認定の道を広げてもらいたいこと等の発言がなされました。
 次いで、地村保志さん、富貴惠さん御夫妻と懇談を行いました。地村さん御夫妻からは、十一年前の帰国時に支援を受けたことに対する感謝の言葉が述べられ、今後のこととして、帰国者の老後の問題とこれに対する支援について検討してほしい旨の発言がなされました。その後、視察委員から、国への要望事項、現在の生活と将来の見通し、北朝鮮での暮らしや仕事、安倍政権に対する期待等について質疑がなされ、また、拉致被害者支援の充実、捜査・調査情報の洗い直しの必要性について発言がなされました。
 以上が調査の概要であります。
 今回の調査により、福井県における各事案の状況、拉致被害者とその御家族に対する支援の在り方等について認識を深めるとともに、拉致問題を絶えず念頭に置いて継続して取組を強化し、拉致問題が一日も早く解決できるよう思いを新たにした次第であります。
 最後に、今般の調査に当たり、福井県、同警察本部、小浜市を始め御対応いただいた関係者の皆様方に対し、心から感謝を申し上げます。
 以上です。
#4
○委員長(小泉昭男君) 以上で視察委員の報告は終了いたしました。
    ─────────────
#5
○委員長(小泉昭男君) 継続調査要求に関する件についてお諮りをいたします。
 北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(小泉昭男君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(小泉昭男君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#8
○委員長(小泉昭男君) 委員派遣に関する件についてお諮りをいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(小泉昭男君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時三十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト