くにさくロゴ
2013/11/05 第185回国会 参議院 参議院会議録情報 第185回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
2013/11/05 第185回国会 参議院

参議院会議録情報 第185回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第185回国会 議院運営委員会 第5号
平成二十五年十一月五日(火曜日)
   午後一時三十分開会
    ─────────────
   委員の異動
 十月三十日
    辞任         補欠選任
     石上 俊雄君     直嶋 正行君
     大島九州男君     野田 国義君
 十一月五日
    辞任         補欠選任
     大沼みずほ君     石田 昌宏君
     直嶋 正行君     石上 俊雄君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         岩城 光英君
    理 事
                石井 準一君
                長谷川 岳君
                水落 敏栄君
                小見山幸治君
                前川 清成君
                谷合 正明君
                水野 賢一君
                仁比 聡平君
    委 員
                石田 昌宏君
                酒井 庸行君
                滝沢  求君
                柘植 芳文君
                中泉 松司君
                二之湯武史君
                西田 昌司君
                三宅 伸吾君
                宮本 周司君
                石上 俊雄君
                礒崎 哲史君
                野田 国義君
                浜野 喜史君
                森本 真治君
                河野 義博君
                真山 勇一君
   委員以外の議員
       議員       清水 貴之君
        ─────
       議長       山崎 正昭君
       副議長      輿石  東君
        ─────
   事務局側
       事務総長     橋本 雅史君
       事務次長     中村  剛君
       議事部長     吉岡  拓君
       委員部長     郷原  悟君
       警務部長     笹嶋  正君
       庶務部長     秋谷 薫司君
       管理部長
       記録部長     星   明君
       国際部長     花谷 卓治君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○本会議における議案の趣旨説明聴取に関する件
    ─────────────
#2
○委員長(岩城光英君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 本会議における議案の趣旨説明聴取に関する件を議題といたします。
#3
○長谷川岳君 私は、万国郵便連合一般規則(二千十二年のドーハ大会議において改正され、及び採択されたもの)及び万国郵便条約の締結について承認を求めるの件、郵便送金業務に関する約定の締結について承認を求めるの件及び政府調達に関する協定を改正する議定書の締結について承認を求めるの件については外交防衛委員会に、生活保護法の一部を改正する法律案及び生活困窮者自立支援法案については厚生労働委員会に、それぞれ本会議で趣旨説明を聴取することなく付託することの動議を提出いたします。
#4
○委員長(岩城光英君) ただいまの長谷川岳君提出の動議につきまして御意見のある方は御発言願います。
#5
○小見山幸治君 議院運営委員会における法案の付託動議の取扱いについて、民主党・新緑風会として反対の立場から意見を表明します。
 まず、先週金曜日の議院運営委員会において、本日議題となった法案の取扱いについては全く協議がされることはありませんでした。ところが、休日であったにもかかわらず、昨日になって急遽委員長の職権によって本日の委員会が立てられ、法案の委員会付託を採決することになりました。何ゆえこのような強引な委員会運営を行うことになったのか、この連休中に何があったのか、まず委員長及び与党は十分に我々野党に説明すべきではないでしょうか。
 そもそも、法案の委員会への付託は与野党の合意によってなされるものがこれまでの通例であり、長年にわたって養われてきた先人の英知であります。良識の府、熟議の府である参議院だからこそ、与野党間で十分に話し合い、丁寧に会議を運営することが与党には求められるはずです。
 とはいえ、議論に議論を重ねても、どうしても意見の一致を見ないこともあり、場合によっては一定の判断をしなければならないこともあると思います。しかし、今回は、事前の丁寧な説明や協議もなく、突然の委員会での採決による、付託動議の提出と採決です。これは法案への賛否以前の問題として、お互いの信義に反する行為ではないでしょうか。
 数に物を言わせて、自らの思う法案のみを強引に審議しようとする姿勢は、野党の存在、国民の声を無視する与党のおごり以外の何物でもありません。国民や野党を愚弄するだまし討ちのような与党の強引な委員会運営に猛省を促し、動議への反対意見といたします。
#6
○委員長(岩城光英君) 他に御発言ございませんか。──他に御発言がなければ、ただいまの長谷川岳君提出の動議について、これより採決を行います。
 ただいまの長谷川岳君提出の動議に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#7
○委員長(岩城光英君) 多数と認めます。よって、長谷川岳君提出の動議は可決されました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時三十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト