くにさくロゴ
2013/11/20 第185回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第185回国会 国土交通委員会 第7号
姉妹サイト
 
2013/11/20 第185回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第185回国会 国土交通委員会 第7号

#1
第185回国会 国土交通委員会 第7号
平成二十五年十一月二十日(水曜日)
    午前十時開議
 出席委員
   委員長 梶山 弘志君
   理事 赤澤 亮正君 理事 秋元  司君
   理事 大塚 高司君 理事 西村 明宏君
   理事 望月 義夫君 理事 若井 康彦君
   理事 井上 英孝君 理事 伊藤  渉君
      青山 周平君    穴見 陽一君
      井林 辰憲君    泉原 保二君
      岩田 和親君    大西 英男君
      勝俣 孝明君    門  博文君
      佐田玄一郎君    斎藤 洋明君
      坂井  学君    桜井  宏君
      白須賀貴樹君    谷川 弥一君
      土井  亨君    中村 裕之君
      林  幹雄君    原田 憲治君
      ふくだ峰之君    前田 一男君
      宮澤 博行君    務台 俊介君
      泉  健太君    後藤 祐一君
      寺島 義幸君    三日月大造君
      岩永 裕貴君    坂元 大輔君
      西岡  新君    松田  学君
      北側 一雄君    佐藤 英道君
      杉本かずみ君    穀田 恵二君
      柿沢 未途君
    …………………………………
   国土交通大臣       太田 昭宏君
   国土交通副大臣      野上浩太郎君
   国土交通大臣政務官    土井  亨君
   国土交通大臣政務官    中原 八一君
   国土交通大臣政務官    坂井  学君
   国土交通委員会専門員   宮部  光君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月二十日
 辞任         補欠選任
  秋本 真利君     勝俣 孝明君
  國場幸之助君     穴見 陽一君
  長坂 康正君     青山 周平君
同日
 辞任         補欠選任
  青山 周平君     長坂 康正君
  穴見 陽一君     國場幸之助君
  勝俣 孝明君     秋本 真利君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件(内閣提出、第百八十三回国会承認第四号)
     ――――◇―――――
#2
○梶山委員長 これより会議を開きます。
 第百八十三回国会、内閣提出、特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件を議題といたします。
 趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣太田昭宏君。
    ―――――――――――――
 特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#3
○太田国務大臣 ただいま議題となりました特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件の提案理由につきまして御説明申し上げます。
 我が国は、平成十八年十月九日の北朝鮮による核実験を実施した旨の発表を初めとする我が国を取り巻く国際情勢に鑑み、同年十月十四日以降、北朝鮮船籍の全ての船舶に対する本邦の港への入港禁止を実施してきております。政府においては、拉致、核、ミサイルといった諸懸案に対する北朝鮮の対応や、六者会合、国際連合安全保障理事会等における国際社会の動き等、その後の我が国を取り巻く国際情勢に鑑み、北朝鮮がこれ以上の挑発行為を控え、諸懸案の解決に向けた前向きで具体的な行動をとるよう強く求めるため、入港禁止の実施期間について、従来の一年間の延長にかえて二年間の延長を行うことといたしました。
 これを受けて、特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第三条第三項の規定に基づき、平成二十五年四月五日の閣議において、引き続き平成二十七年四月十三日までの間、北朝鮮船籍の全ての船舶に対し、本邦の港への入港を禁止することを決定いたしました。本件はこれに基づく入港禁止の実施について、同法第五条第一項の規定に基づき国会の承認を求めるものであります。
 以上が、本件を提案する理由であります。
 本件につき速やかに御承認いただきますよう、御審議をよろしくお願い申し上げます。
#4
○梶山委員長 これにて趣旨の説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#5
○梶山委員長 本件につきましては、質疑、討論ともに申し出がありませんので、直ちに採決に入ります。
 第百八十三回国会、内閣提出、特定船舶の入港の禁止に関する特別措置法第五条第一項の規定に基づき、特定船舶の入港禁止の実施につき承認を求めるの件について採決いたします。
 本件は承認すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#6
○梶山委員長 起立総員。よって、本件は承認すべきものと決しました。
 お諮りいたします。
 ただいま議決いたしました本件に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○梶山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#8
○梶山委員長 次回は、来る二十二日金曜日午前九時五十分理事会、午前十時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト